2017/11/25

京丹波を見る!15.菅原道真公が生前建てられた日本最古の天満宮!  文化財研修記

生身天満宮(いきみてんまんぐう)は、京都府南丹市園部町美園町にある神社。旧社格は府社。菅原道真の存命中の創建とされ、これをもって「生身天満宮(いきみてんまんぐう)」を称し「日本最古の天満宮」であるとしている。御祭神は勿論、菅原道真公 (すがわらのみちざね)です。南丹市の中心部、園部の天神山山腹に鎮座する。園部の地は菅原氏の知行所であり、小麦山に菅原道真の邸宅があったと伝えられている。延喜元年(901)に道真が大宰府に流された時、園部の代官・武部源蔵は道真の8男・慶能(けいのう)の養育を頼まれた。そして小麦山にあった邸内に小祠を作り、密かに道真の像を安置して生祠として奉斎したのが当社の始まりとする。延喜3年(903)に大宰府で道真が亡くなると生祠を霊廟に改め、天暦9年(956)、改めて神社として祭祀を行った。現在も続く宮司家は武部源蔵の子孫である。戦国時代には、当地を治めた丹波守護職・細川家や織田家管領が、境内に乱暴狼藉や伐採を禁止する禁制高札を立てて兵乱から守った。その高札は現存し、京都府指定文化財となっている。承応2年(1653)、園部藩初代藩主・小出吉親が小麦山に築城する際に現在地に遷座された。本殿は一間社流造檜皮葺。周囲にめぐらされている回廊とともに、京都府の文化財に指定されている。

1.生身天満宮の大灯籠
クリックすると元のサイズで表示します

2.生身天満宮の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.巨大な石灯籠が並ぶ登り参道
クリックすると元のサイズで表示します

4.第一の手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

5.狭依姫命を祀る摂社の厳島神社
クリックすると元のサイズで表示します

6.振り返って参道を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.稲荷神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

8.稲荷神社
クリックすると元のサイズで表示します

9.伊勢大神宮が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

10.摂社の伊勢大神宮(天照大御神、豊受大御神を祀って」いる。)
クリックすると元のサイズで表示します

11.第二の手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

12.左側は宮司居宅
クリックすると元のサイズで表示します

13.拝殿に向かって左側には「能舞台」がある!
クリックすると元のサイズで表示します

14.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

15.京都府指定文化財の回廊と本殿
クリックすると元のサイズで表示します

16.やっぱり天満宮です。牛像!
クリックすると元のサイズで表示します

17.本殿の回廊前から拝殿、宮司居宅を見る!(多くの絵馬が奉納されています。)
クリックすると元のサイズで表示します

18.本殿前
クリックすると元のサイズで表示します

19.本殿横の武部源蔵の墓(左、宝篋印塔)と武部源蔵社(現在も宮司家は竹部源蔵氏の子孫が続けています。小生のJTBで一年先輩の竹部氏もここの社家の出です。)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ