2017/11/18

京丹波を見る!12.丹波七福神の寿老人を祀る6番札所の極楽寺!  文化財研修記

京都府亀岡市千歳町には丹波七福神の一つ寿老人を祀っている6番札所で浄土宗本山知恩院の末寺で吉祥山・極楽寺がある。正保3年(1646)光誉雲哲の創建と伝えられ、本尊阿弥陀如来坐像は足利幕府初期のものと思われる。収蔵庫に安置している木造り十一面観音立像は高さ205センチメートルで、平安朝期の造立と見られてたいへん美しい姿である。この観音像は明治初期の廃仏希釈までは出雲神社に安置されていたことから、出雲神社神宮寺の仏像とみられ、雨乞いの神事にも使われていたといわれる。現在は国の重要文化財に指定されている。(一部駒札から抜粋。)

1.山門全体を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.標柱と寿老人像
クリックすると元のサイズで表示します

3.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.山門をアップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.国重文の十一面観音立像の安置されている収蔵庫の案内
クリックすると元のサイズで表示します

6.国重文の十一面観音像の収蔵庫
クリックすると元のサイズで表示します

7.本堂
クリックすると元のサイズで表示します

8.本堂内を覗いてみました!
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上 アップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.国重文のの平安時代の十一面観音立像(拝観には予約と志納料が要ります!)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 






コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ