2017/10/13

越後を見る!26.佐渡の浄土真宗の基点で北一輝のお墓のある勝広寺!  文化財研修記

佐渡市両津港には佐渡の浄土真宗の基点で北一輝のお墓のある勝広寺(しょうこうじ)がある。羽州(秋田県)浜松からであることは秋田は当時から鉱山が盛んであった旨からも理解できる。鉱山が盛んという点では、秋田の方が酒田よりもはるかに納得でき、想像が広がってくる。秋田県は、銅は奈良時代から、金銀は鎌倉時代から知られ、明治時代には日本唯一の(秋田)鉱山専門学校(秋田大学鉱山学部(現、工学資源学部)の前身)ができ佐渡金山へも当学生が研修を兼ねて来ていたように 鉱山は大昔から盛んであった。勝広寺ができたのと同じようなことが、その100年前の1465年頃にもあったのを知っている。尾張国河野村の浄土真宗(一向宗)の善性をリーダーとする河野道場の者たちが、佐渡・筵場へ来て道場を開いた。現在ある本龍寺の前身。当寺に1464年大谷本願寺の蓮如自身が善性の願いによって河野道場の本尊として与えたものであることを記した花押付き墨書、親鸞の直筆とされる名号「帰命十万無擬光如来」が残っている。河野は木曽川中流域にあって交通の要所で近江商人が行き交う所、離れているが三河は雲母の産地。河野道場の門徒は、水利・採掘・製錬技術を備えた技術者集団とされる。北家もその一族といわれている。

1.勝広寺の山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な境内
クリックすると元のサイズで表示します

3.見事な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な山門を振り返って見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.親鸞上人像
クリックすると元のサイズで表示します

7.少し離れた青山墓地の北一輝のお墓(2・26事件で死刑となった国家社会主義者であった!)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ