2017/10/9

越後を見る!24.日本有数の白山神社の摂社と白山公園!  文化財研修記

白山公園(はくさんこうえん)は、新潟島の中央部、新潟県新潟市中央区一番堀通町地先にある公園である。1873年に布告された太政官布告により、日本で最初に開設された25箇所の都市公園のうちのひとつであり、日本の都市公園100選にも選ばれている。広大な地を有する公園は南側は空中庭園を経由して信濃川やすらぎ堤とも接続している。園地は現在、約7ヘクタールの広さを有する。7月下旬から8月にかけて、蓮の花で埋め尽くされる蓮池。白山神社の境内や北東部は梅林、猿小屋、又、蓮池の奥には新潟の大商家の一部の燕喜館(国登録のえんきかん)、忠犬タマ公像(昭和9年2月5日と昭和11年1月10日2度に渡って飼い主を雪崩から救った。)公園設立を計画した第二代新潟県令楠本正隆の銅像、新潟遊園碑、ひょうたん池、新潟最古の石灯篭で形状はキリシタン灯篭に酷似、贈正四位竹内式部君碑、明和義人顕彰之碑などがある。

1.白山神社の見事な摂社・大宰府天満宮
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.御稲御倉
クリックすると元のサイズで表示します

4.戊辰の松
クリックすると元のサイズで表示します

5.白山公園のひょうたん池
クリックすると元のサイズで表示します

6.贈正四位竹内式部君碑の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

7.贈正四位竹内式部君碑
クリックすると元のサイズで表示します

8.御成婚記念碑の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.御成婚記念碑
クリックすると元のサイズで表示します

10.ひょうたん池の一部
クリックすると元のサイズで表示します

11.忠犬タマ公像
クリックすると元のサイズで表示します

12.蓮池の一部
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ