2017/9/19

越後を見る!14.中越の核であった長岡城跡!  文化財研修記

長岡藩の中心領域となった現在の長岡市域は、戦国時代には越後守護代長尾氏(のち上杉氏)の一族古志長尾家が古志郡蔵王の蔵王堂城(現長岡市西蔵王)に拠って治めていた。その古志長尾家の景信が御館の乱により戦死した後は、上杉家の直接支配を受けることとなる。その後1598年に上杉氏が陸奥会津に移封すると、かわって越後に入封した堀秀治の弟堀親良が4万石を与えられて蔵王堂城主となるが、親良を継いだ甥の鶴千代が1606年に早世したため蔵王藩は2代で断絶した。さらに1610年、宗家の堀忠俊が家老堀直次・直寄兄弟の内紛を収められなかった罪で除封され、かわって徳川家康の6男松平忠輝が越後に入封すると、蔵王堂城もその属領となった。1616年、今度は松平忠輝が大坂の役における不始末から除封されると、6年前の騒動の一方の元凶であった堀直寄が8万石をもって蔵王に入封した。直寄は蔵王堂城が信濃川に面して洪水に弱いことから、その南にあって信濃川からやや離れた長岡(現長岡駅周辺)に新たに築城、城下町を移して長岡藩を立藩した。直寄は2年後の26188年には越後村上に移され、かわって譜代大名牧野忠成が6万2000石をもって入封する。牧野氏は堀氏ら外様大名の多い越後を中央部において抑える役割を委ねられ、1620年には1万石を加増、さらに1625年に新墾田2000石を表高に加えて7万4000石となった。享保13年3月27日(1728)に起こった俗に「三蔵火事」と称される大火事で本丸から外曲輪にいたる城郭全てが全焼し、城の再建は幕府から7,000両借用して行われ、宝暦4年(1754)までかかった。また、天保15年(1844)の俊治火事では城門2つ、城塀324間が延焼している。また先述のとおり水害対策が長岡城建設の理由であったが、洪水で城内まで浸水することが5回あった。寛文11年(1671年)と延宝2年(1674年)に浸水しており、天明元年(1781年)と寛政元年(1789年)の洪水では2回とも城内まで8から9尺(単純計算で約2.4mから2.7m)浸水した。この他、文政11年11月12日(1829年12月18日)の三条地震では本丸を初め、役所、門、塀、柵など、ほとんどが大破し、翌年の大風で城内破損35箇所ほどの被害を受けている。戊辰戦争(北越戦争)を描いた浮世絵。画題は『越後国信濃川武田上杉大合戦之図』であるが、時の政府に配慮して北越戦争を武田と上杉の戦いに見立てて描いたもの歌川芳盛作がるが、戊辰戦争(北越戦争)により長岡城はほぼ焼失した。焼け残ったのは、本丸の九間門橋・三階隅櫓・坤隅の櫓・かご部屋と二の丸の南櫓、そして千手口門だけであった。しかし、それらも士族の救済や阪之上小学校の教育費に充てるため売却された。現在本丸は長岡駅構内となり、二の丸跡が駅近辺にある。

1.JR長岡駅大手口にある本丸跡碑
クリックすると元のサイズで表示します

2.二の丸跡(厚生会館わきにある!)
クリックすると元のサイズで表示します

3.二の丸跡碑文
クリックすると元のサイズで表示します

4.城内の稲荷神社
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上
クリックすると元のサイズで表示します
綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ