2017/9/17

越後を見る!13.中越長岡市の古城(平城)蔵王堂城跡とその周辺!  文化財研修記

金峯神社(きんぷじんじゃ)に隣接する蔵王堂城跡(ざおうどうじょう)があります。南北朝時代、当社に北朝方の中条氏が本陣を構えたことが始まりと伝えます。後に上杉謙信へと続く古志長尾家の長尾為重(謙信の叔父)が蔵王堂脇に本格的に築城し、会津移封までは上杉家及びその家臣が治めました。上杉家が会津へ移封された後は春日山城に入府した堀秀治の弟、堀親良が入り、蔵王堂藩の初代藩主となる。なお、蔵王堂藩は養子、堀鶴千代が坂戸藩の堀直寄の後見の元に継ぐのだが、9歳で亡くなった為に断絶。坂戸藩に編入される。堀直寄は飯山藩へ転封され、松平忠輝臣下の山田隼人が入城。この時は藩としての復活はなく、福嶋藩(高田藩)の属領扱いだった。忠輝が大阪夏の陣の不手際により改易されると堀直寄が寄蔵王堂城主として戻り、蔵王堂藩が復活する。堀直寄は以前の統治時代に開始し転封により中断していた長岡城建築を進め、長岡城完成と共に移動した為に蔵王堂城は廃城となり、蔵王堂藩は長岡藩へと移行する。またこの蔵王堂は天領(幕府の直轄地)となり、この地に蔵王代官所を設けた。長岡移転は蔵王堂城が信濃川のすぐ脇にあった為、水害により城の一部が侵食される程の被害を度々受け、城の維持が難しかったためである。

1.堀直寄の像(撮影失敗)と駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.蔵王城跡の濠を渡る!
クリックすると元のサイズで表示します

3.蔵王城跡へ登る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.濠の跡
クリックすると元のサイズで表示します

5.濠を見下ろす!
クリックすると元のサイズで表示します

6.蔵王城跡碑
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ