2017/9/13

越後を見る!11.上越の名刹・西山国師ゆかりの来迎寺!  文化財研修記

紫雲山引接院・来迎寺(らいこうじ)は上越市高田寺町2丁目4−3にあります。西山国師ゆかりの名刹として有名で、重厚な山門、石畳の参道、樹木に囲まれた境内は、たいへん落ち着いた静寂なたたずまいです。承久3年(1221)浄土宗西山派の開祖証空が、現在の居多神社(五智6)の所に来迎仏と当麻曼荼羅の軸をかけ法談をされたのがはじまりと伝えられています。証空は、奈良当麻寺の別院の名を移して来迎寺としました。
高田城の築城とともに現在地へ移り、寛永9年(1632)に鎮西派(知恩院末)に改め、今にいたっています。境内の木立の中に証空の供養塔があります。

1.見事な山門と標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.重厚で見事な山門
クリックすると元のサイズで表示します

3.本堂への参道と境内
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な本堂
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ