2017/8/14

遠州浜松を見る!26.徳川家康公の正妻・築山御前のお墓のある西来院!  文化財研修記

浜松市中区広沢2丁目10−1には曹洞宗の古刹高松山(こうしょうざん)と号するで西来院(せいらいいん)があります。正長元年(1428)、寒厳(かんがん)十三派のうちの月窓派(げっそうは)の拠点として、月窓義運禅師(げっそうぎうんぜんじ)によってに開創されました。本尊は釈迦牟尼仏です。墓苑には徳川家康の正室・築山御前の廟堂(月窟廟)をはじめ、家康の異父弟・松平源三郎康俊、江戸時代の浜松女流歌人・杉浦真崎、森繁子などの墓があります。

1.西来院入口
クリックすると元のサイズで表示します

2.浜松でも最も古い6地蔵菩薩
クリックすると元のサイズで表示します

3.可愛い石仏
クリックすると元のサイズで表示します

4.戦災後、建てられた本堂
クリックすると元のサイズで表示します

5.築山御前の墓地(月窟廟)
クリックすると元のサイズで表示します

6.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

7.築山御前のお墓
クリックすると元のサイズで表示します

8.禅師供養塔
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ