2017/5/4

京を見る!6.平安時代の初期右大臣左近衛大将藤原良相公の創建の武信稲荷神社!  文化財研修記

京都市中京区三条通大宮西二筋目下がるに武信稲荷神社(たけのぶいなりじんじゃ)がある。武信稲荷神社は、平安時代の初期、清和天皇貞観元年(859)2月、西三条大臣といわれた右大臣左近衛大将藤原良相(ふじわらのよしすけ)公によって創祀された御社であります。平安時代の古図には、三条から南の神社付近一帯の広い地域は「この地、藤原氏延命院の地なり」と記されています。延命院とは藤原右大臣が、人々の健康長寿を願って創設した医療施設であり、延命院と勧学院(現千本三条東、西ノ京勧学院町にあった学問所)の守護神としてお祀りした神社であります。平安京の大内裏は、今の千本丸太町を中心としたところであり現在の千本通りが朱雀大路にあたり、神社付近は貴族の邸宅や平安京の中央諸官庁があった地域です。後世、藤原武信という方がこの御社を厚く信仰し、御神威の発揚につとめたので、武信稲荷と称されるようになり、創祀以来一千年余にわたり広く人々に信仰されて今日に及んでいます。また創祀された藤原良相公が長として一族の名付けをされていたことから、名付け・命名に所縁の神社として知られています。稲荷大神への信仰は、我々日本人がもつ最も代表的、普遍的な信仰であり、人間の最も大切な生命に対する望願であり祈願であります。人間をはじめ万物の生命が生れ成育するのは、この大自然、大宇宙に人智を超えた神秘な力が存在することによるものであり、その無限の生命力を稲荷大神の御神威お恵みとして信仰するのが稲荷信仰であります。境内社は姫社(弁財天) 御神木の榎に宿る弁財天。樹齢850年、京都市の天然記念物にも指定されている。平重盛が安芸の宮島厳島神社から苗木を移し植えたと伝えられ、旧京都最大最古の霊樹である。榎は『えんの木』とよばれ縁結びの神としてもしられる。 御山遥拝所 白清大明神 七石大明神 太郎松大明神 釘抜大明神(釘抜地蔵) 昔、神社近くに住んでいた鍛冶屋の主人が病気や災難が多く苦しんでいたが、武信稲荷大神に祈りながら鉄を打っていたところ、しぜんに釘抜きの形になったので、ここにお祀りした。以後鍛冶屋の一家は幸運に恵まれがといわれている。自分の体の病苦のあるところをさすり、釘抜さんを撫でると、病気を治していただける。 常吉大明神 金毘羅社 天満宮 白蛇弁財天 古くからこの土地におられた白蛇のお姿の弁天さんが先年信仰の厚かった行者に「人々を守護するために世にでる」とお告げがあり、有志の人々の奉仕によってお祀りされた。企業商売の繁栄、技術技芸の上達に大きなお力を授けられる。

1.武信稲荷神社の鳥居と標柱(この日は土砂降りの雨となり、撮影は大困難!)
クリックすると元のサイズで表示します

2.武信稲荷神社の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.檻に囲まれているお狐さん(右側)
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上  (左側)
クリックすると元のサイズで表示します

5.鳥居から拝殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.拝殿を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.摂社の白蛇大弁財天
クリックすると元のサイズで表示します

8.拝殿後部と本殿を右側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.本殿を」左側から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

10.本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

11.龍馬とおりょうの駒札
クリックすると元のサイズで表示します

12.武信稲荷神社のエノキ
クリックすると元のサイズで表示します

13.龍の彫刻のエノキ
クリックすると元のサイズで表示します

14.宮姫社
クリックすると元のサイズで表示します

15.多くの摂社・境内社があります!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ