2017/4/13

京都を見る!19.本山修験宗の総本山・聖護院!  文化財研修記

京都市左京区聖護院中町15には本尊・不動明王を祀る本山修験宗の総本山聖護院(しょうごいん)がある。天台の第5代座主、智證大師円珍(814−91)が、 熊野那智の滝に一千日篭居をされた後、熊野より大峰修行を行われました。その後大師の後を継ぎ、常光院の増誉大僧正が大峰修行を行われ、 修験僧として名をはせました。この増誉大僧正は、寛治4年(1090)の白河上皇が熊野三山を参詣する熊野御幸に際して先達を務められ、その功績によって聖体護持の2字をとり、 聖護院という寺を賜ったのが聖護院の始まりになります。増誉大僧正は、この時熊野三山検校職に任命され、 本山派修験の管領として全国の修験者の統括を命じられ、 聖護院の最盛期には全国に2万余の末寺をかかえる一大修験集団となりました。この後上皇によって行われた熊野御幸の案内は代々聖護院大先達が勤め、 「伊勢へ七たび 熊野へ三たび 愛宕まいりは月まいり」と言われるほど、熊野詣は盛んになり、また愛宕山も修験の行場として栄えました。
 後白河天皇(1156−58)の皇子、静恵法親王が宮門跡として入寺されてより後、 明治維新まで37代門主のうち、25代は皇室より、12代は摂家より門跡となられた皇室と関係の深い寺院です。しかし応仁の乱で焼失、洛北岩倉へ移ったのですが再び火災に遭ってしまいます。
その後市内烏丸今出川に建てられた伽藍も延宝の大火で延焼、延宝4年(1676)に旧地に復しました。 現在の建物はこの時のものですが、役行者一千三百年御遠忌を記念し、 全国の教信徒の協力を得て数年をかけ修理、平成12年に完成しました。この日は「特別展」が開催中で役行者像、不動明王像、孔雀明王像、蔵王権現像、珍しい三宝荒神像なども見れました。

1.聖護院標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な山門
クリックすると元のサイズで表示します

3.宸殿を庭から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝観入口(宸殿)
クリックすると元のサイズで表示します

5.宸殿から庭を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上
クリックすると元のサイズで表示します

8.国重文の書院の庭を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

9.内庭(宸殿や書院では見事な仏像が拝観できたが内部は撮影禁止で残念でした!)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ