2017/4/5

京都を見る!15.京都市中京区にあるお金のパワースポット御金神社!  文化財研修記

京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618には伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)の皇子である金山毘古神(かねやまひこのかみ)がご祭神としてまつられている御金神社(みかねじんじゃ)がある。金山毘古神は鉱山・鉱物の神として、人間の生活の中で用いられる金属全般(剣、刀、鏡、鋤、鍬など)にご利益を授ける神様です。現在では大型農耕具や印刷機、工場の機械に至るまで幅広くご利益を授け、さらには通貨に用いられる金・銀・銅にもご利益があることから、資産運用や不動産、転宅、方位、厄除け、旅行中の無事安全を護る大神として、広く崇められるようになりました。もともとは民家の中にひっそりとまつられていましたが、1883年に社殿が創建され、金神様の愛称で親しまれ地域の人たちに参拝されるようになりました。この神社で一際目立つのが、黄金に輝く鳥居です。もともと木製の鳥居が建てられていましたが、台風の影響で壊れ、鉄製の鳥居が建てられました。そこへ「金」の神様をまつっていることから、金箔を扱うお店のご好意で、鳥居に金箔が施され、平成18年(2006)年4月に黄金に輝く鳥居が再建されたのです。しかも、黄金に輝いているのは鳥居だけではありません。本殿にある鈴緒(すずお)も金色なのです。神社の境内には、たくさんの絵馬が奉納されています。絵馬をよく見てみると、イチョウの形をしています。社殿の奥にあるイチョウの木は、京都市内でも有数の巨木。御金神社の神木とされていることから、イチョウの形をした絵馬が奉納され始めました。絵馬には「貯金が貯まりますように」「一人前の刀職人になれますように」など、様々な願い事が刻まれています。冬にイチョウの葉がすべて散ると、木のてっぺんに2匹の龍の形をした枝が見えます。その形が仲むつまじい夫婦に見えることから、夫婦龍として人々の目を楽しませてくれています。御金神社は金山毘古神の他に、天照大神(あまてらすのおおみかみ)、月読神(つきよみのかみ)もご祭神としてまつられています。このうち月読神が夜の神様であることから、参拝客が好きな時間に自由にお参りできます。 夜に神事が行われることも多く、特に2月2日に行われる節分会(せつぶんえ)は大変見ものなのだとか。澄んだ真冬の空の下で執り行われる神事は、神社と参拝客が一体となり、素晴らしい空間がつくりだされるのだそうです。

1.御金神社を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.見事な金箔の鳥居と変額
クリックすると元のサイズで表示します

3.拝殿正面を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な碑文!
クリックすると元のサイズで表示します

5.御金神社由来
クリックすると元のサイズで表示します

6.拝殿から本殿を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.イチョウの形の物凄い数の願札!
クリックすると元のサイズで表示します

8.昼間で小生一人が、修学旅行生がタクシー2台であっという間に参拝です!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ