2006/12/29

京都逍遥2日間:7.仁和寺2.  文化財研修記

今日は京福電鉄鹿王院ーー帷子の辻(かたびらのつじ)乗換(200円均一)−−御室駅(おむろえき)へーー徒歩10分で平成6年には世界文化遺産に登録された真言宗御室派(おむろは)大本山・仁和寺(にんなじ)へ至る。仁和二年(886)に58代光孝天皇が着工されたが翌年没されたので、宇多天皇が先帝の意思を継がれ完成された。宇多天皇は、退位後、出家され仁和寺を住坊とされ、30余年もの間、真言密教の修行に励まれた。以来、明治維新まで皇子皇孫が仁和寺の門跡となられ、仁和寺は御室御所と呼ばれ親しまれてきた。広大な境内は御室御所跡として国の史跡に指定され、国宝、重文を多く有し、また、御室流華道の家元として、いけばなを通じ文化の向上にも貢献している。2回にわたって掲載します。

白書院より宸殿を見る(左、左近の橘、右に右近の桜)
クリックすると元のサイズで表示します

宸殿より北庭と遠方に五重塔が見れる
クリックすると元のサイズで表示します

宸殿より観音堂を見る
クリックすると元のサイズで表示します

宸殿の襖絵
クリックすると元のサイズで表示します

中門から正面に金堂をみる
クリックすると元のサイズで表示します

五重塔(国重文)
クリックすると元のサイズで表示します

国宝「金堂」
クリックすると元のサイズで表示します

真言宗御室派に所属の末寺は綾部市にもあります。詳細は下記クリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/219.html
http://www.nbcayabe.com/sout/atago/atago.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ