2006/12/23

京都逍遥2日間:1.天龍寺と近辺  文化財研修記

12月19日(火)〜20日(水)京都逍遥2日間を連載する予定です。写真132枚撮ってきてます。
コース:JR綾部駅06:41発)−普通列車ーJR嵯峨嵐山駅(08:11着)ーーー徒歩で天龍寺及び近辺見学ーー徒歩でーーー鹿王院「ろくおういん(ここはすごい、足利義満創建でばっちり仏像、絵画を撮影させて頂いた。)」ー京福電鉄鹿王院ーー電車「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」で乗り換え、電車200円のみ)ーー御室(おむろ)駅下車ーー徒歩ーー国宝・多数ある仁和寺見学ーー徒歩ーー龍安寺(石庭)見学ーー徒歩ーー臨済宗大本山妙心寺とその名園「退蔵院(たいぞういん)」を見学ーー市バス妙心寺前(220円)NO。91−−四条烏丸ーー徒歩ーー六角堂(華道池の坊)見学 ーー徒歩ーー宿:ホテル松井(15:30着)     18:00JTB京滋OB夕食会
2日目08;20ホテル発ーー徒歩ーー市バス四条高倉(220円)NO。12−−臨済宗大本山大徳寺と名園「大仙院」見学ーー市バスNO。北8−−高野下車ーー徒歩ーー金福寺ーー一乗寺下り松(宮本武蔵)ーー八大神社ーー詩仙堂(名園)見学後、フイルム終わりで、市バス停一乗寺下り松NO5・−−−(55分)でJR京都駅(昼食)JR京都駅発(13:38)−−普通電車ーーJR園部駅(14:28着)15:01発ーー普通電車ーーJR綾部駅着(15:50)

第一日目最初は、綾部出身の室町幕府の初代将軍足利尊氏が当時の臨済宗の日本での始めての指導者となった夢窓疎石(むそうそせき)の薦めにより、後醍醐天皇及び当時の戦死者の供養の為、大本山・天龍寺を創建し、日本全国に安国寺と利生塔を建てた。又、明治4年にこの天竜寺の管長に綾部出身の由利滴水(ゆりてきすい)禅師がなられたいわれもあり、15年ぶりに訪れた。今回の京都逍遥は大体無意識であったが、綾部出身の足利将軍家に関係する所を訪れていた。又、京都の禅寺を見に行かれるなら是非、綾部の釜輪町「栴林寺(せんりんじ)」あやべ西国観音霊場第4番札所出身の竹貫元勝(たけぬきげんしょう)元花園大学教授著の雄山閣出版「京都の禅寺散歩」を読まれるようお薦めします。小生も随分参考にしています。

JR嵯峨嵐山駅と隣のトロッコ嵐山駅
クリックすると元のサイズで表示します

天龍寺入口案内板
クリックすると元のサイズで表示します

塔頭(たっちゅう)の一つ「等観院」至徳3年(1386)徳痩周佐(とくそうしゅうさ)開基の正持寺を復興したものと云われている。
クリックすると元のサイズで表示します

嵐山羅漢(天龍寺前から嵐山に向かう途中にある。)
クリックすると元のサイズで表示します

嵐山の名旅館「嵐亭」と船着場
クリックすると元のサイズで表示します

天龍寺入口
クリックすると元のサイズで表示します

天龍寺大方丈
クリックすると元のサイズで表示します

足利義満将軍の関係寺院については下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bnk/04haru.htm
http://www.ayabun.net/bnk/bus/bus.htm
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/205.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ