2006/12/1

円照寺と国重文・聖塚と菖蒲塚  綾部の文化財

花と綾部の文化財の投稿も第65回目となりました。今回は綾部市「もと何鹿郡(いかるがぐん)」有岡町田坂16番地にある(田坂には古墳群があり古墳研究者には興味のあるところであったが新道の急造のため十分調査されえず残念であったが)綾部市立吉美(きみ)小学校3年生の「キミ探検隊多田部隊」12名が出動で小生が教頭先生と共に同行案内した。尚父兄2人の応援隊も得て元気に勉強・研修し無事、学校へ帰着した。コースは学校09:40出発=学校下の道標=多田町入口の石地蔵三尊=数百年の古木5本の民家=臨済宗妙心寺派・あやべ西国観音の霊場第8番札所の南林山・円照寺(えんしょうじ)の聖(ひじり)観音像や地蔵菩薩像、達磨大師像、そして薬師堂の薬師如来座像=天満宮、三の宮神社(お産の神)、稲荷神社、地蔵堂=国重文の聖塚古墳と菖蒲塚古墳=学校11:30到着。

5本の古木をもつ民家
クリックすると元のサイズで表示します

円照寺の薬師堂
クリックすると元のサイズで表示します

小さいが素朴な薬師如来坐像
クリックすると元のサイズで表示します

天満宮で記念写真・燈籠に天明八申年(江戸末期、1788)の銘あり。
クリックすると元のサイズで表示します

お堂の木造地蔵菩薩様を詣でる3年生
クリックすると元のサイズで表示します

国重文の聖塚古墳(一辺54・2メートルの方墳)
クリックすると元のサイズで表示します

国重文の菖蒲塚古墳(1辺32.3メートルの古墳)左後方は戦国時代に城があった城山(じょうやま)
クリックすると元のサイズで表示します
国の重要文化財聖塚・菖蒲塚古墳については下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/139.html
臨済宗妙心寺派・南林山 円照寺については下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/172.html



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ