2006/11/9

国重文・木造阿弥陀如来坐像を祀る医王寺  綾部の文化財

京都府綾部市(もと何鹿郡いかるがぐん)梅迫町内谷岡ノ段22には「昭和16年11月6日に国の重要文化財に指定された木造阿弥陀如来坐像を持つ医王寺(いおうじ)」がある。これは、足利尊氏の子、2代目将軍義詮(よしあきら)の時代、諸国安国寺の筆頭の綾部の安国寺の支院28寺の一つである。安国寺町が安国寺をお守りしているのだが、この地、内谷は梅迫町にあり、江戸末期の何鹿郡の地図を見ると、内谷には「安国寺村ノ内」と記されている。小生4年前「綾部の文化財を守る会」の事務局長になった時、当会がこの寺に昭和56年に改定の「駒札」自治会と共同で作成した物を撮影に訪れたが、当時の寺総代に案内され、田圃道を運動靴で通り、滑って田の中に落ち泥だらけになり、駒札のみ撮影し、仏像の写真が撮れなかったので今回、綾部西国観音霊場33ヶ寺目巡り(前は何鹿郡(いかるがぐん)西国観音霊場巡りといい、室町時代頃からの起こったものと云われている。)の日に当たっていたが、予定がぎっしりなので、寺総代にお願いし、無理を云い、藤本住職、役員20名は、朝から山に祈願で登り不在なため、現在の寺総代の奥さまと4年前案内して頂いた総代の奥さまに案内して頂き、仏像の写真を撮ることになり、前回で懲りたので、長靴姿で行くとビックリして居られた。今回は別に道が作られ、大部整備され比較的容易にいけるが、仏像は町内の人でも簡単には見れない。年数度のご開帳のみである。まして、他地区の方は、見せてもらう理由を藤本安国寺の住職か、寺総代にいい志納料をお供えし、特別な仕掛けの扉を開いて、見せてもらうことになる。現に今回の開扉には女姓の力では開けれず小生が「うんうん頑張り、所定の開き方に従って開扉」し撮影したものである。この像は「木造阿弥陀如来坐像」と云い、鎌倉時代の元享元年(1321)作者:法印尭円、像高70.9センチメートル。端正な姿で定印を結び、玉眼入りで、着衣に鳳凰や蓮華唐草文を粉留め技法で表し、彩色で仕上げている。如来像は普通衲衣だけつけるが、この像はその上に袈裟をまとう姿となっている。胎内背面に「元享元年三月法印尭円」の署名があり、製作年代と作者がはっきりしている貴重な物である。尭円は京都三条仏所の十一面観音像等を彫った有名な仏師である。参考文献:綾部市資料館発行「あやべ歴史のみち」2000年発行である。又、すぐ近くに村社であるが、伊佐那美命を祀る十二社神社がある。又、綾部市口上林地区の佃町(つくだちょう)に同じ名の十二社神社がある。この点は後日掲載する予定です。なお、すべの「日誌」の写真上をクリックすると写真が拡大し、仏像等を詳しく見れます。

当会と内谷自治会・綾部市観光協会の共同制作の駒札「医王寺」
クリックすると元のサイズで表示します

国の重要化財「木造阿弥陀如来坐像」
クリックすると元のサイズで表示します

地蔵菩薩立像(年代等不だが相当古いものである。座高40CM位)
クリックすると元のサイズで表示します

聖観音立像(年代等不明だが相当古いものである。座高40CM位)
クリックすると元のサイズで表示します

達磨大師像(相当古いが年代不明、座高35CM位)
クリックすると元のサイズで表示します

外の地蔵菩薩石像
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ