2006/11/7

諸国・安国寺の筆頭の文化財  綾部の文化財

京都府綾部市(もと何鹿郡いかるがぐん)安国寺町寺の段1番地にある「景徳山 安国寺 臨済宗東福寺派」は文化財の宝庫です。国重文4点、京都府指定文化財2点、京都府登録文化財2棟、綾部市指定文化財1点があります。又、綾部随一の紅葉の名所で知られ、例年11月の第3土曜日に「安国寺もみじ祭り」が催行されます。今年は11月18日(土)がこの祭り日です。近畿自動車道舞鶴・若狭道の「安国寺IC」を降りると、足利尊氏公の銅像があり、無料の駐車場もあります。大型バスの駐車場からは歩いて3分です。尚、当日は午前11時からセレモニー開始で、紅葉に加えて、有名な位田高城(いでんたかしろ)太鼓午前11時20分〜、琴と尺八は村田社中で午前10時〜午後3時まで演奏、野点・もちつき、模擬店も「うどん、弁当、ジュース、ビール、酒、あんもち、あべかわ、やきいも、地元産品等」が販売されます。滅多に見られない国の重要文化財「木造釈迦両脇侍坐像」が無料で公開され、藤本住職が案内されます。尚、この安国寺は、正歴4年(993)ころに地蔵菩薩を本尊として、開創されたと伝えられ、もとは光福寺と称した。建長4年(1152)勧修寺重房が上杉荘を賜り、これより「上杉」を姓とするようになった。その「上杉の姓」は関東管領から、かの越後国の上杉謙信公に引き継がれたことは、ご承知と思う。その後、嘉元3年(1305)足利尊氏公の生誕によって当寺は上杉氏・足利氏の尊崇を受けるようになった。歴応元年(1338)足利尊氏公は夢窓疎石の勧めによって、元弘の戦乱以降に亡くなった多くの戦没者の霊を慰めるため、国ごとに安国寺・利生塔(りしょうとう)を建立するにあたり、光福寺を丹波の安国寺とし、諸国安国寺の筆頭においた。康永元年(1342)尊氏公は、南禅寺に住した天庵妙受禅師を招請して安国寺の始祖とし、多くの寺領を寄進した。それ以降、塔頭(たっちゅう)16、支院28を有する大寺院であったが、江戸中期に至るまでの間に、大半の寺領は押領されて、塔頭・支院は減少したが、いまなお多くの重要文化財、府・市指定文化財,重宝等を蔵する名刹である。

足利尊氏公うぶ湯の井戸
クリックすると元のサイズで表示します

山門(府登録文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

安国寺の紅葉(11月18日(土)のもみじ祭りには更に美しくなります。)
クリックすると元のサイズで表示します

安国寺の仏殿(府指定文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

仏殿内部の国重文「木造釈迦・両脇侍坐像(きづくりしゃか・りょうわきじざぞう)」
クリックすると元のサイズで表示します

同じく国重文「木造地蔵菩薩半跏像(きづくりじぞうぼさつはんかぞう)」
クリックすると元のサイズで表示します

市指定文化財「宝篋印塔(ほうきょういんとう)」左母・清子、真中・足利尊氏公、右手妻・登子
クリックすると元のサイズで表示します
関連記事は下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bnk/sinzan/sinzan.htm
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/ankoku/ankokuji.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ