2006/10/8

式内社「阿須々伎神社」と文化財  綾部の文化財

京都府綾部市(何鹿郡いかるがぐん)金河内町東谷1に式内社の京都府登録文化財の「阿須々岐神社」がある。中央に本殿各1棟、右に摂社の「大川神社」之も京都府登録文化財であり、左に各末社が配置されている。現在の本殿は享保6年(1721)に再建された建物で八尺余の間口がある。全体の構成には古い形式を残しているが比較的新しい形で西方町と坊河内村(ぼうこうちむら)の大工の名が刻まれている。安土桃山時代にも見える墓股・木鼻・大瓶束(たいへいつか)・虹梁(虹のように中央に反り上げた梁)の上うえにたつ瓶の形をした束)の繰形や渦絵様(虹梁や木鼻の装飾模様)など綾部市の神社では少し下がる構成である。建立後の文化2年(1805)に本殿の屋根葺替と向拝部の修理を行ったことが棟札かり判明している。欄間の龍の彫刻もこのとき着けられたようだ。平成18年10月1日(日)が秋の祭礼であったが、4年に1度の「府登録祭礼芸能」は男の子4名が練習できず中止。朝7時45分からの「百射の神事」は実行された諭旨。
こう4年後の奉納行列練り込み、百射の神事、振者棒・刀・薙刀・花の踊等。
冬の茗荷祭り等は下記をクリックしてください。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/asusuki/asusuki.htm
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/asusuki/myoga.htm
4月上旬桜の名所・桜参道
クリックすると元のサイズで表示します

大灯篭
クリックすると元のサイズで表示します

京都府決定「阿須々岐神社」環境保全区
クリックすると元のサイズで表示します

京都府登録「阿須々岐神社本殿1棟」
クリックすると元のサイズで表示します

京都府登録(阿須々伎神社摂社「大川神社本殿2棟」)

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ