2006/9/28

京都府登録民俗芸能・於与岐八幡宮祭礼  綾部の文化財

京都府綾部市(元、何鹿郡いかるがぐん)於与岐町田和28(舞鶴市に近い)には「京都府登録文化財・八幡宮本殿1棟」と同じく「府登録民俗芸能・於与岐(およぎ)八幡宮の祭礼芸能」が平成18年度は10月15日(日)午前9時30分から開催されます。又、この地域は府決定「八幡宮文化財保全地区」に指定されています。社伝によると、宇佐八幡宮(九州宮崎県)和銅3年(710年)から勧請され、天文19年(1505)大洪水以前は谷口の一ノ瀬に鎮座する八田郷(やたごう)の惣社であったとつたえています。又江戸時代から於与岐四ヶ村の惣社で宮座の伝統を残した神事芸能が今でも行なわれています。尚、すぐ近くに大本教開祖・出口なお様が修行され,又頂上から360度の素晴らしい風景が見れ、丹波富士とも云われる弥仙山(みせんさん)標高664メートルがあります。登りは修行された場所などゆっくり登って1時間,下り40分です。午前、お祭りを見て、午後、弥仙山を登られることを御薦めします。
 祭礼は平成17年10月小生が撮影のものです。フイルム切れ、今年も撮影に行きます。
 鍋師ホームページ委員長等のより詳しい案内は下記をクリックして下さい。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/oyogi8/oyogi8.htm
http://homepage3.nifty.com/misensan/4-2004-08-29.html

拝殿前で行列出発準備
クリックすると元のサイズで表示します

祭礼行列は境内を廻ります。
クリックすると元のサイズで表示します

祭礼行列は続きます。
クリックすると元のサイズで表示します

天狗様の旗
クリックすると元のサイズで表示します

獅子舞と三基の神輿
クリックすると元のサイズで表示します

天狗の鼻高の舞
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ