2006/9/16

正暦寺とその文化財(2)  綾部の文化財

京都府綾部市寺町45番地には、室町時代から始まったと云われる「綾部西国観音霊場」33番と番外寺6ヶ寺の第一番「正歴寺」がある。国重文の「絹本着色仏涅槃図」は保存の関係上見れないが京都府指定「正歴寺庭園」及び綾部市指定「木造千手観音立像」は拝見できる。9月10日(日)は正歴寺の萩祭りで有ったが、そのときは3分咲きであった。今日16日(土)は満開であったので掲載することにした。白萩、白百日紅、コスモスもコントラストが面白い。
詳細は下記をクリック願います。そこから更にクリック国重文も見れます。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/136.html
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/syorekiji/syorekiji.htm
正歴寺の萩のトンネル
クリックすると元のサイズで表示します

千手観音像堂前の萩
クリックすると元のサイズで表示します

萩とコスモス
クリックすると元のサイズで表示します

綾部市指定文化財「木造千手観音立像」平安時代・約97.5cm
クリックすると元のサイズで表示します

平安時代の当寺の扁額
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ