2006/9/1

京都府指定文化財「篠田神社」  綾部の文化財

京都府綾部市(志賀郷地区)篠田町宮ノ下6−1には「京都府指定文化財の篠田神社」がある。志賀郷(しがさと)の七不思議の一つで、2月4日に「竹の子」を掘りその根の生え方で年の豊作吉凶を今でも占う祭りがある。冬の当日午前10時頃参拝すると、参拝者にはその年の竹で造った酒受けで無料で神酒が頂ける。この篠田神社は室町時代の永禄9年(1566)の再建の棟札があり,五間社流造で銅板葺きで丹波地方の室町時代の遺構としての神社形式は保守的であり、又、屋根葺材、小屋根材の一部、向拝部分、繋虹梁(けいこうよう)縁周りは一部分取り替え材となっているがよく当初材が残っている。五間社の神社は京都府に2つ残っているだけであり本殿の価値は高い。昭和62年4月15日京都府指定文化財とされた。

篠田神社正面鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

篠田神社正面
クリックすると元のサイズで表示します

京都府指定文化財「篠田神社」本殿1棟
クリックすると元のサイズで表示します

本殿裏の「竹の子」を掘る「御ミノシベ」
クリックすると元のサイズで表示します

真冬の祭礼は下記をクリックして見てください。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/sinoda/sinoda.html
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/sinoda/takenoko.htm



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ