2012/11/27

動画と写真で見よう綾部の文化財日誌展3日間の記録  綾部の文化財

綾部市文化協会60周年記念に参加して11月2日(金)〜4日(日)の3日間にわたり、綾部市民センター2階の総合文化祭会場で開催した。訪れた多くの市民に綾部の文化財を守る会の活動の一端を紹介できた。

<3日間を通して展示・映写>準備したA4写真、ブログ冊子、綾部市指定文化財一覧表、会報:綾部の文化財の配布、22インチモニターで写真の連続映写、32インチモニターで動画の映写、プロジェクタ・スクリーンで動画の映写を行った。会場設営は前日12時から当会常任幹事など役員総出。インターネットは1階の綾部市体育協会からLAN回線で接続した。回線および機器類は毎晩1階の綾部市文化協会事務室に保管した。

クリックすると元のサイズで表示します
展示ブースの左側に動画映写の設備を置き、ミニサロン的な運営で用意した6つのイベントを行った

クリックすると元のサイズで表示します
展示パネル左右両端に「綾部の文化財を守る会」の表札がかけられた

クリックすると元のサイズで表示します
パネル一杯にA4写真を張り出し、テーブルの上にも並べられた

クリックすると元のサイズで表示します
パネルに貼り切れない写真(さらに多写真がある一部)と冊子にした綾部の文化財日誌25冊が並べられた

クリックすると元のサイズで表示します
国宝・重文など国指定の文化財の写真を展示

クリックすると元のサイズで表示します
展示パネル右には綾部市の指定文化財(国・府・市)一覧表展示、訪れた市民がこんなに多くの指定文化財の存在を知ったと驚いていた。右端では22インチモニターで写真を連続映写、子供たちの興味を惹いていた

クリックすると元のサイズで表示します
普通の展示参加で終わらず、若者にも文化財を知ってもらおうと、インターネット技術を活用した企画を今回も行った。大型スクリーンやモニタで動画を連写している

クリックすると元のサイズで表示します
綾部市文化協会作品展60周年記念参加「動画と写真で見よう綾部の文化財日誌」の 開催プログラム 1日2回の6イベントを用意した
     
○11月2日(金)午前10時00分
綾部市文化協会の芸能祭礼など動画をメドレーで激写 案内は取材者の事務局長:四方續夫氏(PC操作介助:鍋師)
 開会式のあと文化協会の関係者が多いと予想して実施した。自分の演技を見たいとの申し出もあり、その動画をお見せするケースも

○11月2日(金)午後 1時30分
FACEBOOKの紹介と作成したページを見ながらサロン的な会話  PC操作・FACEBOOK説明HP委員長:鍋師 ゲスト:FACEBOOK友達

ペンネーム里見さまを迎え、FACEBOOKの紹介を話題に行った。
先ずHP;綾部の文化財コンテンツにある種々の一覧表を見せながら、綾部の文化財を守る会の説明、事業、会費、会報発行、研修旅行、HPの紹介を行った

さらに里見様と交換した掲示板、メール、文化財日誌、FACEBOOKのやり取り(経過)を基にして、文化財日誌の共同執筆者である事務局長:四方續夫氏はじめ当会の役員、参会者にFACEBOOKとはどんなものかを知っていただくミニサロン・トークを行った。
 <経過>昨年9月: 冊子「シデの思い出」を入手して文化財日誌に紹介
 6月 7日 山田松雄さま:FACEBOOK に参加
 6月14日 里見さま「シデ山」文化財掲示板に初コメント→私がRe:シデ山で横レス
 6月16日 Re:いろいろお騒がせしますで「シデ山」の投稿を依頼
 6月19日 「里山の歴史を学んだ」里見様 掲示板に初投稿
 7月 3日 Re:思わぬ展開 で里見さまからのメール→「京都府指定 人形浄瑠璃、傾城阿波鳴門」を文化財日誌に掲載     
 7月22日 「シデ山登ってきました」里見さまの紹介で鳥垣渓谷遡上の登山に参加
 7月24日 大峯山 外史1〜5 掲示板に投稿
 7月27日 大峯山 外史1 その2  ブログ文化財日誌に初投稿
10月22日 「時代祭り 丹波弓箭組」を文化財日誌にご投稿

山田さまにFACEBOOKのガイドをお願いする。写真のページを送っていただく、参加は京都府文化事業団 中丹パートナーシップセンター ?から何となくとのこと。直接FACEBOOKにアクセスするとアカウント作成を要求された。ログイン必要か山田さまに確認
10月 7日 私がFACEBOOKに参加 http://www.facebook.com/yuu.nabeshi
10月11日 FACEBOOK綾部の文化財を守る会のページ作成 http://www.facebook.com/ayabebunnkazai
 以上がこのイベントで取り上げた企画シナリオである

クリックすると元のサイズで表示します
金曜日なので先生に連れられて幼稚園児が参観

クリックすると元のサイズで表示します
例年は幕で仕切られたお茶席も今年はオープンな野点席、文化財のイベントも遮られずに見渡せる。お茶席に知人を見つけ後で話も出来る。逆にお茶席の「静」の世界を乱さないように動画の音量を控えめに絞る

○11月3日(土)午前10時00分 室尾谷神社の秋季祭礼(見事な獅子舞)の動画映写
あやべ良さ来い、どんどこ太鼓の動画映写。案内は取材者の事務局長:四方續夫氏(PC操作介助:鍋師)
 今年の特別企画で 室尾谷神社の見事な獅子舞を特撮。面白く見応えがあると好評だった

○11月3日(土)午後 1時30分 小畑三社祭り(やっこふりと山車の大揺すり)の動画映写、花祭り稚児行列、精霊送り松明行列の動画映写。案内、PC操作は取材者のHP委員長:鍋師
 こちらも特別企画で小畑やっこふりと山車の大揺すりを特撮。動画を映写しながら東北大震災でいち早く人々の元気を与え、絆を取り戻させた各地での祭り復活の話をした。

> 最初の演技が終わった一之宮神社の山車は次の演技場所で待機、二之宮神社の「やっこふり」が終わり、山車が大揺れ、大暴れしている。大勢の人がかかり恐いぐらいに山車が左右に傾けられ引き回されている。壊れないのか心配なくらいだ。

 ふとこんなことを連想した。「静」から「動」!:先頭の箱もちの奴さん2人は、じっと片足を上げたままのポーズで演技の間ずっと静止している。槍の奴さんたち2組も静止のポーズから動き出し奴踊りを始める。槍を投げ上げ、受け止め、次第に動きが激しくなる。その動きに引きづられるように山車が揺れだし、大揺れに変わり、倒れるばかりに揺れ、終には引き回されて大暴れする・・・。まるで「鯰が暴れて大地震」のようだ。

(京都の妙心寺塔頭寺院の退蔵院には、国宝で有名な「紙本墨画淡彩瓢鯰図(ひょうねんず:瓢箪でなまず鯰をおさえようとする。)」があり、保存の関係上、現在は京都国立博物館に寄託されており、その模写が掲げられています。

 東北大震災の後で人々に元気、絆を取り戻そうと「祭り」の復活がニュースになっていた。津波で壊れた廃墟から山車が見つかり、祭り好きの勇気のある若者の働きかけで、離散した村人、祭り仲間が加わり、辛うじて生延びた樹木を残して山車を動かせた。祭りが復活した。村人たちの元気が絆が復活した・・と言う感激の物語だった

クリックすると元のサイズで表示します
2日目は土曜日で人も多い。しかし「古墳祭り」「芸能祭」なども行われている

クリックすると元のサイズで表示します
展示を熱心に見る人

クリックすると元のサイズで表示します
隣は綾部ロータリークラブが世話をされる「清山荘」「綾部松寿苑」の展示が行われている。清山荘のクラブで一緒の人などから声をかけられる。RCのメンバーも3日間次々代わり当番、FACEBOOKの紹介を実地に見せる。すでにFB友達のメンバーもある。

クリックすると元のサイズで表示します
次々に写す綾部の祭りの動画を椅子に座り長時間熱心に見る人もある

クリックすると元のサイズで表示します
展示された写真を熱心に見てもらっている。自分の村の祭り、自分が写ってる・・

○11月4日(日)午前10時00分 式内社・御手槻神社と古社・氏政神社の合同祭礼について 綾部の文化財を守る会会長 村上高一氏(PC操作介助:鍋師)
 村上高一会長に敬意を表して今年も出番をお願いして、文化財の話をしていただいた。

○11月4日(日)午後 1時30分 綾部市紹介ビデオ、綾部市文化協会HP鑑賞(PC操作介助:鍋師)
 山崎善也綾部市長が見えたので綾部市紹介ビデオの鑑賞を報告した。やはり本格的なビデオカメラ撮影と編集のビデオは素晴らしい。小型デジカメ(経費ゼロ)の動画とは違う(32インチモニタ映写で鮮明度限界)  

クリックすると元のサイズで表示します
3日目の日曜日は俄然、参観者が増えた。自分の居住地の祭り・行事のほかにまだ見ていない地域の祭り・行事を知って貰い、地域交流の役目にもなった

クリックすると元のサイズで表示します
写真展示や動画を熱心に見ていただいている

クリックすると元のサイズで表示します
自分が写ってると家族でしっかり覗き込む人も

クリックすると元のサイズで表示します
山崎善也綾部市長も見え FACEBOOKの速報ににいただいた「いいね!」のお礼を申し上げる。日頃からFACEBOOKの綾部の行事を熱心に見ていただき感激している。市長お得意の太鼓演奏の動画をお見せする

クリックすると元のサイズで表示します
3日目は4時に終了間際まで後片付けに作品撤収に見えた人など大勢の参観がある。
当会も常任幹事様など再び多数お世話になり、速やかに撤収できた。

3日間の出展・イベントを通じ、当会の活動のPR、綾部の文化財を知ってもらい大変意義のある活動になった。

クリックすると元のサイズで表示します
この催しのために作成したPRチラシ、会報と一緒に全会員に配布(500部)。また文化祭会場でも配布した(100部)
なおHP;綾部の文化財表紙写真、掲示板、ブログからは、それぞれの写真にリンクした祭り・行事が参照できる。http://ayabun.net/test/bunkasaitpr.html

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ