2012/10/6

第18回綾部「丹波くり」まつりが盛大に開催!  あやべの街

 恒例となっている第18回綾部「丹波くり」まつりが10月6日(土)午前10時から午後2時まで盛大に開催された。開催場所は例年のJA丹の国本店前広場です。10月5日午前10時JA丹の国本店横の林業センターで21点(昨年は18点)を審査された審査委員代表の江波敏夫審査委員長・京都府中丹広域振興局森づくり推進室長の審査講評によると「品評会は、品種の斉一、大きさ、色つや、粒揃い、病害虫、商品価値等の審査基準によって審査された。」又「今年は猛暑が続き、果実の肥大時期には気温が非常に高く、日照量も多い日が続いた反面、8月中旬に降雨があったのみで「夏の高温少雨」であったことから果実の太りが心配されたが9月に入っての降雨のため、水不足も若干解消された諭旨」「今回出品された21点はいずれも立派な出来栄えであり、生産者の皆様の栗園管理と確かな栽培技術による、良質の大粒の「丹波くり」は京都府を代表するブランドで市場や加工業者、消費者間で高い人気を保っています。」と講評されていた。
品評会:等席:賞:副賞:氏名:住所:品種の順。
1−1 最優秀賞 綾部市長賞 大槻均様 大畠町 筑波
1−2 最優秀賞 京都府中丹広域振興局長賞 大槻 健 大畠町 銀寄
2 等 優秀賞  京都丹の国JA組合長賞  池田 豊 向田町 筑波
2 等 優秀賞  綾部市興農会議々長賞   竹内 繁 向田町 利平
3 等 優良賞  綾部「丹波くり」まつり  大槻靖夫 大畠町 国見
           実行委員会長賞  
3 等 優良賞    同 上        梅垣 清 小畑町 銀寄
以上が入賞者です。

1.午前9時30分にはこJA丹の国駐車場は満杯で、道路の反対側の「スーパーまつもと」に多くの方が駐車されていました。
クリックすると元のサイズで表示します

2.午前9時30分には高品質「丹波くり」はこの日のみ一升1,500円での格安で大行列です!販売開始は式典後です!
クリックすると元のサイズで表示します

3.第18回綾部「丹波くり」まつり実行委員会テント1.
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上  2.
クリックすると元のサイズで表示します

5.加工品販売テント1.
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

7.同上 3.
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 4.和木町の和木梅も有名です!
クリックすると元のサイズで表示します

9.大嶋文隆綾部「丹波くり」まつり実行委員長の挨拶と受賞者達です。
クリックすると元のサイズで表示します

10.山崎善也綾部市長のご挨拶後、受賞者達に表彰状を授与されました!
クリックすると元のサイズで表示します
授賞式典後、栗のつかみ取り、毬栗投げ等もありました!


<私の栗買い記と「綾部特産丹波栗」のブランドをもっと大切に!> 文:nbcayabe

昨夜ニュースで綾部の丹波栗品評会の風景を写していた。家内に頼まれて今年も「綾部栗祭り」に親戚や子供に送る栗を買いに出かける。到着するとテント前にもう長い行列が並んでいた。四方事務局長が取材に見えて挨拶を交わす。表彰式が始まり綾部の文化財を守る会の前会長・大島文隆氏が栗生産者協会の会長でご挨拶、何時も特賞を受賞されているが今年は会長なのでご遠慮されたのか。

式典が終わり「枡売り」の販売が開始された。行列は広い栗祭り会場を半周するまで伸びている。私の知っている方も多く見えており一人で3袋が平均、それ以上の人も多い。新聞記者が見事な栗の写真を撮り、取材で会計係に量を尋ねておられる。一升枡売りですの返事で、3名がかりで枡に栗を計量中の人に「精一杯サービスしてや」の声をかけられた。

行列が進み私の番になり、1500円x4袋=6000円を払い、白無地の袋4枚を貰う。枡にこぼれるばかり山盛りの栗を入れてもらった。

パック入りの栗御飯250円を買い、会場内に設置されている丹の国農協「菜菜館」に寄り「サトイモ」を230円で買う。2週間前のテレビ「アサイチ」で旬の野菜としてPR、長円形のは水分の取りすぎ、まん丸のが美味しいとあり皮付きのまま食べるので選ぶ。スーパーの朝市ではまだ里芋が出てないので、流石は農協の「菜菜館」だと感心した。

帰宅して家内に栗を渡し気がついた。「菜菜館」の袋には「綾部特産・京野菜」のロゴが入っている。しかし栗はスーパーで買える白無地の袋、ノーブランドだ!。

昨夜の千手院の当番打ち上げのバーベキュウ会の消化の運動に健康ブラザ・スイムに行くついでがあり、再度農協に引き返す。まだ枡売りの長い行列が続いていた(午前中)。品評会の展示会場で大島文隆会長を見つけて話をする。

「菜菜館」の袋を見本に渡し、1000名を越える枡売りの人の殆んどは、親戚や子供に送る予定の買い物。白無地・ノーブランドの袋では様にならない。「綾部特産丹波栗」のロゴを入れられ、商品ブランド(宣伝の機会)をもっと大切にされてはとアドバイスした。
(栗祭りは綾部市の目玉の観光協会事業なので、綾部特産丹波栗の宣伝袋くらいは楽に作れる、1万枚作っても数年でなくなるのでは)

健康ブラザから帰り、家庭菜園で採れた冬瓜、南瓜、甘藷を同梱して宅急便に送り出した。

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ