2012/10/15

綾部人の見た鎌倉・横浜の文化財・史址!第26.鎌倉権五郎景政公と福禄寿を祀る御霊神社!  文化財研修記

もとは鎌倉幕府開府よりも90年以上も前に鎌倉にあった平氏五家の祖を祀る神社とし五霊神社と呼ばれていたが いつ頃からか、五家のうちの一つ鎌倉権五郎景政公だけを祀るようになり御霊神社となる。通称権五郎さんとも呼ばれる。 公の命日とされる9月18日の例大祭には県の無形文化財に指定される「面掛行列」が行われる。総勢10人で前の8人が爺、鬼、異形、鼻長、烏天狗、翁、火吹男、福禄寿の面をつけ、その後に黒紋付の裾模様におかめの面をつけた産婆が続く。また同日行われる鎌倉神楽は市指定文化財でもある。(境内にある収蔵庫では面掛行列のお面を見ることができる特別予約が必要です。)
 京都府綾部市でも鎌倉権五郎景政公を祀る若宮神社があります。平安時代の見事な武将の詳細は下記をクリックして「綾部の若宮神社」で見て下さい!
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/537.html


1.寛政3年(1791)の銘のある御(五)霊神社の石碑
クリックすると元のサイズで表示します

2.江ノ島電鉄の軌道を渡ると御霊神社です。
クリックすると元のサイズで表示します

3.鳥居と拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

4.神社駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

6.指定天然記念物タブの木説明板
クリックすると元のサイズで表示します

7.鎌倉市指定天然記念物タブの巨木
クリックすると元のサイズで表示します

8.鎌倉・江ノ島七福神の福禄寿の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.鎌倉・江ノ島七福神の福禄寿はお面でこの蔵の中でお祀りされています。
クリックすると元のサイズで表示します

10.鎌倉権五郎景政公の弓かけの松(後三年の役に源義家公ね通称、八幡太郎義家)に弱冠16歳で従軍し活躍した人でとなす。)
クリックすると元のサイズで表示します

11.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

12.拝殿内
クリックすると元のサイズで表示します

13.拝殿後部から本殿を見る
クリックすると元のサイズで表示します

14.御霊神社の宮神輿 その1.
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上 その2.宝暦3年(1753)造りの宮神輿
クリックすると元のサイズで表示します

16.境内社の石上神社(たに、秋津神社、稲荷神社もあります)
クリックすると元のサイズで表示します

17.鎌倉市指定文化財の庚申塔もあります。その1.
クリックすると元のサイズで表示します

18.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ