2012/7/24

坂尾呂の里マップ 図書紹介   図書紹介

鳥垣渓谷を遡上し樹木の名札をつけるシデ登山行事に参加しました。
  http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1416.html 
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1418.html
 鳥垣渓谷を整備する会会長:桜井克彦氏からいただきました資料です

クリックすると元のサイズで表示します
坂尾呂の里マップ

坂尾呂の里(馬場先)
 この丘は、地元では「馬場先」と呼ばれてきました。その名称の由来は不明ですが、
 ○古墳時代に、古代の人が馬に乗ってこの場所にある古墳を見守っていた。
 ○戦国の昔、この丘で武将が馬に乗って周囲の状況を監視していた。
 ○坂尾呂神社で飼育されていた馬のトレーニング場であった。
   などと想像して昔を偲ぶのも楽しいものです。
 また、この丘には、サクラやツツジが咲き、由良川の支流である上林川や国宝二王門が
ある君尾山(582m)、あやべ温泉などが望め、四季折々の田畑の様子が眺められる絶好の場所で、茶摘みやワラビ探りが楽しめます。

坂尾呂神社
 鳥垣・有安・山内・草壁・古屋の氏神で、須佐之男尊を祭神とする。
天正年中(1573〜1591)焼失のため、創立その他は定かでないが、現在の社殿
は寛政十一年(1799)に若狭日置村の彦兵衛の手によって改築されたものである。
 神社には室町時代(1457)作の木造随身倚像(2躯)がある。

古墳
 この地域は古墳(古墳時代=三世紀半ば〜七世紀末)の宝庫で、坂尾呂の里(馬場先)
には南北に4基の古墳が並んでいる。そのほか、坂尾呂神社の周囲には4基、小野田川
沿いには6基の古墳がある。

城跡のある山
 この丘からは、長野城址、山内城址、有安城址がある山が眺められる。

鳥垣渓谷
 奥深い山々から流れ出る小野田川の上流では、変化に富んだ美しい渓谷が探索できる。
坂尾呂の里の東側を流れる草壁川の上流を訪ねると、大岩の滝(落差50m)に出会う。
                                       \
蘇った茶畑
 昭和30年頃、この丘を開墾して茶畑が造成されたが、まもなく栽培が中断され、丘
は荒廃した。近年に至ってサクラやツツジを植栽するなど、この丘の整備を進めてきたと
ころ、ここに半世紀前に植栽された茶畑が蘇ってきた。

馬場先の 上やわらかし あちこちに
       お茶の葉っぱの ゆたかな緑   吉岡嘉代子

平成21年度京都地域力再生プロジェクト支援事業
和み合う坂尾呂の里づくり推進事業  鳥垣自治会(綾部市睦寄町)

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ