2012/7/10

上林と和知の往来(桜井克彦さまご投稿)  山・峠道・滝

シデの山行事参加のトレーニング開始しました
http://nbcayabe.blog34.fc2.com/blog-entry-796.html
を私のブログに掲載したところ、主宰される「鳥垣渓谷を整備する会」桜井克彦さまから下記のコメントをご投稿いただきました。現地からの貴重なデーターですので、当文化財日誌に転載しご紹介いたします。(記:綾部の文化財を守る会HP委員会)

上林と和知の往来
 おはようございます。上林と和知についてのコメントです。
 鳥垣渓谷を経て昔の茅場を登り切れば、その向こうは和知(仏主)です。上林と和知は東西につながる6〜700mの山で隔てられていますが、鉄道(山陰線)が開設されるまでは、いくつものルートを経て、上林と和知の間で、人と物が往来していました。

 シデ山の東には上林峠(近畿自然歩道;長老ケ岳を訪ねる道)が、西側には有名な大栗峠(かっての青少年山の家ハイキングコース)があります。大栗峠を越えて和知から嫁に来た女性も健在ですよ。

 7月22日の山登りには和知の人にも声をかけています・・・・・。和知の人と「大栗峠での交流が出来ないか」と相談しています。

 上林峠や大栗峠以外にも、いくつもの尾根道があり、地図上にも記載されているルートも見かけられます。

 便利で豊かな時代が訪れ、山へ入る人もいなくなりりましたが、峠道には現在人が見失ったなにか大切なものが残されているような気がします。

さらに桜井克彦さまから追加のコメントをいただきました。私のデーターも間違いを修正します)何度もお世話になり有難うございました。

 近畿自然歩道(長老ヶ岳を訪ねる道)と上林峠について・・・補足説明させていただきます。

 長老ヶ岳を訪ねる道と上林峠への道は正確には同じコースではありません。上林峠は、大岩の少し先より草壁川を越えて谷筋沿いを和知との境界に至るルートです。その谷筋には田畑も人家もあったそうです。

 長老ヶ岳を訪ねる道は、その谷筋の途中から左手の尾根に登り切り、尾根道を和知との境界尾根へ登るルートです。登りきった境界尾根を西に200mほど進んだポイントが上林峠です。
仏主へ向かう和知側のルートは自然歩道も旧道も同一だと思います。
 
 蛇足ですが、鳥垣林道はシデ山と古屋国有林へ延びていますが、現在古屋国有林側ルートの延長工事が進んでいます

 ミズメの木(森の巨人達100選)の上部まで約3,300m延長されますので、上林峠へのルートや自然歩道のルートと鳥垣林道が交差することになります。この工事は和知側から行われていますので、鳥垣林道を経て和知へ抜けることも可能となります。

 上林も和知も過疎化が進んでいますが、いくつもの古道や新しい林道を利用して、上林と和知の新しい交流が進められないかと思っています。


<参考データ1> 記:HP委員会
里山ネット・あやべ」に、TOPIX として載った(紹介)7/22上林で「鳥垣渓谷からシデの山へ」に掲載された文書です
クリックすると元のサイズで表示します
6月17日に中丹広域振興局(森づくり推進室)畑中英樹様の指導により約40種類の樹木に仮の札をつけました。7月22日には再確認して正式な名札をつけます。

<参考データ2> 記:HP委員会
クリックすると元のサイズで表示します
 この「シデ山(731m)」に登る「鳥垣林道」の両側に綾部市・和知境の主稜まで伸びている点線(山道)について桜井様にお尋ねしました。私が地図に「上林峠」と入れたのは誤りです。上林峠(649m)は、古屋大岩の少し先より草壁川を越えて谷筋沿いを和知との境界に至るルート。

 近畿自然遊歩道(長老ヶ岳を訪ねる道)は、その谷筋の途中から左手の尾根に登り切り、尾根道を和知との境界尾根へ登るルートです。登りきった境界尾根を西に200mほど進んだポイントが上林峠(649m)で、

 京都府森の巨人たち100選に選ばれた「おおみずめ」http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/482.htmlのある上津灰:三角点名:睦寄(746.13m)の西にある上林峠(649m)を経て和知の仏主(ほどす)に下りる峠道は同じだと云うことです。

 また綾部青少年山の家と和知青少年山の家を結ぶ峠道は、上栗野集落の和知山の家前から和知・綾部境を越える山道が地図に記されてなく、仏主を経由する近畿自然遊歩道〜上林峠と同一だと考えていましたが、それも間違いでした。

「大栗峠」がそれだと云うことです。なお地図の点線の山道とは別に、三角点名:大栗(681.38m)には、浅原集落から林道が途中まで上がっています。http://www.nbcayabe.com/snk3/okuri/okuri.htm

 上林と和知の峠道の往来、昔の交通に興味があるのでとお尋ねしたところ、この貴重な投稿をいただきました。再び山や滝、峠などへの関心が高まり、豊かな自然に触れ合う機会が盛んに行われることを願っています。桜井さまご投稿いただき大変有難うございました。

 なお何時でも何度でも、ブログは内容を追加、修正出来ますので、遠慮なくお申し付けください。写真などもメールに添付、あるいは郵送いただけば、掲載処理いたします。

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ