2012/5/23

大阪ステーションシテイと「ツタンカーメン展」を見る!7月16日迄延長!  文化財研修記

今までは大阪日帰り旅行では国道173号線から豊中市を通り2時間以上掛けて、地下鉄服部緑地公園(はっとりりょくちこうえん)駅の1時間100円の駐車場に車を置き、地下鉄千里線で梅田、天王寺或いは本町で乗り換え中央線で大阪港へ行っていた。
今回は豊中市街の混雑を避けるため新しく取り付けたケンウッドのカーナビ(GPS)で一般道をチェックすると、JR福知山線の篠山口駅までが45KMとの表示で此処に決め出発1時間で楽々とJR篠山口駅に到着。駐車場は1日で500円。此処に車を置き、JR篠山口駅9:47発の快速電車で大阪駅10:57に到着。
 昨年出来た大阪ステーションシテイを見学、うわさのルクアや三越伊勢丹も見学。10階の中華料理店「桃谷楼」で1,681円の昼の酢豚定食を食べる。お茶はジャスミン茶がポットで出て、スープやプレートのサラダも大変美味、酢豚も美味で、ご飯は追加可能で満腹。
 梅田から地下鉄御堂線で2つ目駅、本町で乗り換え会場の「大阪港駅」6つ目駅へと向う、地下鉄は途中地上に出て、京セラドームや大阪プールの巨大な銀色のドームも見えた。
 大阪港駅から徒歩15分で天保山マーケットプレイス、海遊館、元サントリー展示館であった「エジプト考古学博物館所蔵ツタンカーメン展」会場に12:50到着。
 此処ではなんと前売り切符2,500円を持っていても入場整理券が必要で、受け取るとなんと午後3:40の整理券、2時間40分もあるので天保山マーケットプレースで孫へのお土産を探すも気に入るようなものは無かった。此処へは孫達2度連れてきて2度海遊館水族館、大観覧車、大阪港遊覧サンタマリア号45分も4度も乗っている。
 ソフトクリームを食べ、午後2時発サンタマリア号5度目の乗船。
 3時10分頃待っていると3時20分に3時40分の班約100〜120名余の受付が始まって予定の3時40分には入場出来たが、最初は班ごとの案内が2回で後は自由となるが大混雑、40数年前京都市美術館で見て強烈な刺激を受けた「黄金のツタンカーメンの面」は展示されて居なかったが、ツタンカーメン王立象(大理石で高さ45センチ位)、黄金の杓、黄金の胸飾り、黄金の短剣や最後のNO。107点目の巨大な「チュウヤ人型棺(木・金・黒耀石・方解石・ガラス)」は感銘を与えた!

1.丁度一年前開業した「大阪ステーションシッテイ」1.
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上 3.
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上 4.
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上 5.11階の広場
クリックすると元のサイズで表示します

6.10階レストラン街の中華料理店「桃谷楼」
クリックすると元のサイズで表示します

7.ポットのジャスミン茶、スープ、中国漬物も美味!
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 酢豚のプレート!サラダや味も美味!ご飯お変わり可能!定食1,681円大分食べた後での撮影でした。
クリックすると元のサイズで表示します

9.天保山マーケットプレイス広場のパフオーマンスを見る人々!月曜日なのに大阪は人が多いね!
クリックすると元のサイズで表示します

10.シマッタ!前売り券2,500円を持って居ても此処で入場整理券を受け取ります。
12時50分なのに入場整理券は3時40分です。今後見に行かれる方へのアドバイスは先に整理券を貰って昼食にすると好い!
クリックすると元のサイズで表示します

11.時間つぶしに400円のハーゲンダッツのソフトクリームを食べる!美味だ!
クリックすると元のサイズで表示します

12.午後2時発のサンタ・マリア号に乗船(ツタンカーメン展の入場券を提示すると1,600円がなんと750円となります。)
クリックすると元のサイズで表示します

13.午後1時50分乗船(コロンブスと記念写真)
クリックすると元のサイズで表示します

14.下記をクリックして、大阪港のサンタ・アリア号甲板からの風景を音声付動画で見て下さい。U−tubeの画面がでたら、その下の拡大画面を更にクリックして大画面で見て下さい。
http://youtu.be/7YAOWnuUHoo

15.世界最大の大観覧車と左手前方は天保山大橋です。
クリックすると元のサイズで表示します

16.国際フエリーターミナルとコスモタワー
クリックすると元のサイズで表示します

17.赤い港大橋
クリックすると元のサイズで表示します

18.大混雑のツタンカーメン博資料販売店
クリックすると元のサイズで表示します

19.出口前で記念写真です!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ