2006/5/30

天王寺とその境内等  綾部の文化財

白佛山 天王寺(てんのうじ)は高野山真言宗で、綾部西国観音霊場第17番札所です。
所在地は綾部市小畑町松原116番地にあり、お堂の格子ガラス越しに見えるご本尊「聖観世音菩薩」様は素晴らしく、又、ガラス窓越には、フラッシュに反射し撮影が出来ません。ご住職が今日、不在でしたので留守の方に撮影の許可を頂ける様「会報・日誌・名刺」を渡し依頼してありますので撮影できたら、この素晴らしいご本尊を「日誌」おうにに入力しま。
この寺は「行基(ぎょううぎ菩薩)」の開創と云われる古寺ですが、ご本尊の毘沙門天は北を守る護法神で、天王寺は丹波国の北方鎮守の役をもち、創建されたもので、かっては七堂伽藍を誇り、九十九体の仏像がお祀りされていたと云う。
 山号の白佛とは九十九歳を白寿というように99体の仏を指したものです。霊場ご本尊の聖観音像は九十九尊のうちの1体で、搭頭(たっちゅう)の観音院のご本尊であったと云ァう。残念ながら当時の像は兵火で焼失し、延宝年中(1673頃)大槻嘉右衛門氏が眼病の快癒した報謝のために再現・奉納したものです。

延命の霊水が湧き出る。さつきとのコントラスト素晴らしい。
クリックすると元のサイズで表示します


第17番札所「聖観音堂」格子とガラス越にみえますが、写真は撮れません。(撮影禁止)
クリックすると元のサイズで表示します

弘法大師様像
クリックすると元のサイズで表示します

延命地蔵菩薩様像(旧地蔵院の秘蔵の版木から再現されたご本尊で、毎年8月23日夜には、この地蔵尊前で盛大な「柴燈(さいとう)大護摩供養」が修される。
クリックすると元のサイズで表示します

天王寺の参道
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ