2012/1/17

伊豆・遠州の文化財・史址を見る!5.十国峠の眺望とMOA美術館を見る!  文化財研修記

12月日曜日の朝、御殿場の富士の湧き水を見学。自家用車で御殿場から箱根スカイラインから芦ノ湖スカイラインを通って途中の三国峠で富士山の眺望や芦ノ湖を見ます。その後、熱海に寄り、MOA美術館を見て、国道135号線沿いに伊豆半島東海岸を南下、伊東市で源頼朝所縁の音無神社、伊東祐親の墓、誓願寺を見学して熱川温泉を通り、更に南下して、下田市に至ります。下田市では下田ロープウエーで伊豆八景に一つ下田港の風景と唐人お吉ゆかりの了仙寺を参拝してこの日は下田泊です。

1.十国峠から見る富士山!
クリックすると元のサイズで表示します

2.十国峠ケーブルカーとレストハウス
クリックすると元のサイズで表示します

3.下記をクリックして、「音声付動画」で十国峠から富士山と周辺を見て下さい。U-tubeの画面が出たら、更にその画面の右下の拡大画面をクリックして、大画面で見て下さい。
http://youtu.be/8KYa4S-ekvg

4、MOA美術館3階入口
クリックすると元のサイズで表示します

5.MOA美術館案内図(当美術館の創設者岡田茂吉(1882〜1955)は「美術品は決して独占すべきものではなく、一人でも多くの人に見せ、娯しませ、人間の品性を向上させる事こそ、文化の発展に寄与する」との信念のもと、戦後、東洋美術の優品の蒐集につとめ、海外への流出を防ぎ、昭和27年、財団法人東洋美術保存会(現在は財団法人エム・オー・エー美術・文化財団)を設立し、箱根町強羅に箱根美術館を開館して、昭和32年この熱海市に熱海美術館を開き、昭和57年創立者生誕100年の年に現在の本格的な美術館を開館し、Okada Mokichi Association の頭文字を冠するMOA美術館となったのです。)
クリックすると元のサイズで表示します

6.MOA美術館3階ロビーからの眺望
クリックすると元のサイズで表示します

7.下記をクリックしてロビーからの眺望を「音声付動画」で見て下さい。
http://youtu.be/uDQ-blibW8U

8.2階メインロビーに展示の「国宝 紅白梅図屏風 尾光光琳作」精密デジタル画です本物は例年2月に展示されます。他に、国宝2点はの野々村仁清作「色絵藤花文茶壷」、手鑑「翰墨城」及び国重要文化財65点を所有しています。
クリックすると元のサイズで表示します

9.能楽堂にある能舞台、黄金の茶と展示室1.〜10.は撮影禁止です。
クリックすると元のサイズで表示します

10.1階から庭園へ出ます。「茶の庭」入口
クリックすると元のサイズで表示します

11.唐門(神奈川県大磯の三井家別邸「城山荘」から移築のもの)
クリックすると元のサイズで表示します

12.片桐門(賎ヶ岳七本槍の一人、片桐且元が天正18年(1570)奈良薬師寺の普請奉行の時の宿舎の大門で、馬上のまま出入りしたという門で、三井別邸のものを移築)
クリックすると元のサイズで表示します

13.国重文の尾形光琳屋敷の説明板
クリックすると元のサイズで表示します

14.国重文の尾形光琳屋敷
クリックすると元のサイズで表示します

35.竹林(散策路)
クリックすると元のサイズで表示します

36.一階から「ムーア広場」を見る!此処にはムーアの作品が野外展示です。
クリックすると元のサイズで表示します

37.下記をクリックして1階から熱海の海などの風景を「音声付動画」で見て下さい。
http://youtu.be/dhhYRJw67gc

30.下記をクリックして、ムーア広場からの風景を「音声付動画」で見て下さい。
http://youtu.be/AJSDTcmFtJw

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ