2011/12/12

海軍ゆかりの舞鶴!バス&遊覧船ツアーNO。5(最終回).海軍記念館・旧舞鶴鎮守府指令長官々舎!  文化財研修記

去る12月3日(土)と4日(日)の2日間のみの特別コース「海軍ゆかりの舞鶴!バス&遊覧船ツアー」に12月3日(土)コースに参加した体験報告です。第一回目は通常非公開のユニバーサル造船(株)(元舞鶴海軍工廠)の記念館と工場群です。親父が戦前、祖父が亡くなり台湾政庁から昭和16年に引き上げて来て、この舞鶴海軍工廠に4年間勤務して居りいろいろいろ話を聞いておりましたので是非見たかったのです。ツアーのパンフレットを見て申し込んだらもう京都等遠方の方の申し込みが多くあったそうです。1名なので京都交通(株)観光課の塩見元宏さんに取り消し待ちで申し込んでおりましたら数日後OKの連絡があり参加できました。先ず案内頂いた元海上自衛隊OB会の「舞鶴水交会」の渡邉さん、観光ボランテア「けやきの会」の出口(MS)さん、京都交通(株)の運転手さん、ユニバーサル造船(株)のご案内の方、遊覧船を旨く見学できる様に運転頂いた方々に御礼申上げます。
 尚、このツアーの参加者は有料の舞鶴市営駐車場が無料になっていました。大変親切だと感心しました。小生元JTBのOBですから、このツアーがいかに安く仕上がっているか良く理解できます。舞鶴の関係者の熱意を良く感じました。

1.海軍記念館(昭和8年に建設された旧海軍機関学校大講堂。凡そ200点にのぼる旧日本海軍の貴重な資料が展示されている。戦後進駐軍のダンスホールとなっていたが大講堂正面両側に掲げられた絵は当時のそのままであった。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.同上 土・日・祝祭日の午前9時〜午後4時まで開館!
クリックすると元のサイズで表示します

3.舞鶴地方総監部第一庁舎(昭和5年に当時の最新の技術を駆使し建造された旧海軍機関学校、戦後、進駐軍により白いペンキ塗りであったが平成14年当初の姿に復原された。)
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上 
クリックすると元のサイズで表示します

5.行幸記念塔
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上 裏の記念塔の由来
クリックすると元のサイズで表示します

7.顕彰之碑
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上 裏の銘板
クリックすると元のサイズで表示します

9.旧舞鶴鎮守府へ移動。東郷邸(旧舞鶴鎮守府司令長官官舎と住居、東郷平八郎初代長官が2年間過ごした官舎、現在は舞鶴地方総監部会議室として使われている。
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上 門内を見る」
クリックすると元のサイズで表示します

11.同上 白い部分が洋間、右が和室
クリックすると元のサイズで表示します

12.白い洋間の建物
クリックすると元のサイズで表示します

13.和式の建物(住居)
クリックすると元のサイズで表示します

14.旧舞鶴鎮守府跡記念碑
クリックすると元のサイズで表示します

15.海上自衛隊舞鶴飛行場(ヘリコプター基地)
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上 左に管制塔が見える!
クリックすると元のサイズで表示します

17.海上保安学校近くの桟橋に輸送艦590トン、速度12ノット「のと」が見えた!
クリックすると元のサイズで表示します

18.「日本海のまもり」海上自衛隊広報誌表紙
クリックすると元のサイズで表示します

19.同上 日本海軍は明治22年(1889)、横須賀、呉、佐世保、についで第4番目日本海の守る軍港として設置された。)
クリックすると元のサイズで表示します

20.海上自衛隊舞鶴地方隊はたった16隻の艦船で北は秋田県、山形、新潟、富山、石川、福井、京都、鳥取、島根の広大な日本海側9府県を守備範囲として日夜頑張っておられます。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ