2011/12/8

海軍ゆかりの舞鶴!バス&遊覧船ツアーNO。1.ユニバーサル造船(元海軍工廠)  文化財研修記

去る12月3日(土)と4日(日)の2日間のみの特別コース「海軍ゆかりの舞鶴!バス&遊覧船ツアー」に12月3日(土)コースに参加した体験報告です。第一回目は通常非公開のユニバーサル造船(株)(元舞鶴海軍工廠)の記念館と工場群です。親父が戦前、祖父が亡くなり台湾政庁から昭和16年に引き上げて来て、この舞鶴海軍工廠に4年間勤務して居りいろいろいろ話を聞いておりましたので是非見たかったのです。ツアーのパンフレットを見て申し込んだらもう京都等遠方の方の申し込みが多くあったそうです。1名なので京都交通(株)観光課の塩見元宏さんに取り消し待ちで申し込んでおりましたら数日後OKの連絡があり参加できました。先ず案内頂いた元海上自衛隊OB会の「舞鶴水交会」の渡邉さん、観光ボランテア「けやきの会」の出口(MS)さん、京都交通(株)の運転手さん、ユニバーサル造船(株)のご案内の方、遊覧船を旨く見学できる様に運転頂いた方々に御礼申上げます。
 尚、このツアーの参加者は有料の舞鶴市営駐車場が無料になっていました。大変親切だと感心しました。小生元JTBのOBですから、このツアーがいかに安く仕上がっているか良く理解できます。舞鶴の関係者の熱意を良く感じました。

1.京都交通東舞鶴駅前案内所で参加費4,100円を支払った!内100円は乗ってエコー!ストップ温暖化でゆずの木植樹に使われるそうです!これまた感激でした!花の見事なJR東舞鶴駅です。
クリックすると元のサイズで表示します

2.募集パンフレットの表紙
クリックすると元のサイズで表示します

3.パンフレット裏の行程表
クリックすると元のサイズで表示します

4.バスの中で観光ボランテア「けやきの会」の出口さんの挨拶と東舞鶴の町筋の説明!JR東舞鶴駅前通りは「三条通」京都と同様に1条通から9条通、と更に12の通。横の筋通はほとんど軍艦の名前が付いており、駅前の最初の通りが「三笠通」次が「初瀬通」「朝日通」等の説明です。補聴器を忘れた小生にも良く判るようゆっくり明確な説明であった。
クリックすると元のサイズで表示します

5.東舞鶴の町並です!
クリックすると元のサイズで表示します

6.通常非公開のユニバーサル造船(株)舞鶴事業所へバスごと入って行きます!
クリックすると元のサイズで表示します

7.工場群の岡の上にある元舞鶴工廠時代のもの、戦後再開後の造船工場のものが展示されている「舞鶴館」でユニバーサル造船の責任者の方の説明です。
クリックすると元のサイズで表示します

8.舞鶴館入口左側に展示の二代目「あずま」の時鐘
クリックすると元のサイズで表示します

9.館内右側の大時計が基準大時計で左側の小さい時計群は大時計と連結のもの!
クリックすると元のサイズで表示します

10.艦船のボイラーの銘板
クリックすると元のサイズで表示します

11.艦船のいろいろな部品を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

12.熱弁のユニバーサル造船の案内の方です!
クリックすると元のサイズで表示します

13.スルーザー船用の主機関!1万6千馬力!12RD76型昭和34年当工場で作られた世界でも最優秀なエンジンでタンカー鶴邦丸47,300トンに使われた第一号機!
クリックすると元のサイズで表示します

14.スルーザー船タンカー鶴邦丸47,300トン
クリックすると元のサイズで表示します

15.当造船所で造られた護衛艦「まきなみ」
クリックすると元のサイズで表示します

16.当造船所で造られた訓練支援艦「三代目あづま」2250トンの案内板
クリックすると元のサイズで表示します

17.同上 「三代目あづま」
クリックすると元のサイズで表示します

18.砕氷艦「しらせ」12,500トン!
クリックすると元のサイズで表示します

19.海底から引き上げらた戦艦「陸奥」のリベット構造を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

20.元海軍記念館で展示されていて撮影禁止であった、東郷平八郎元帥揮毫のもの!を撮影!
     クリックすると元のサイズで表示します

21.野外展示の元戦艦「八雲」の巨大な碇(いかり)
クリックすると元のサイズで表示します

22.岸壁クレーンの銘板
クリックすると元のサイズで表示します

23.ドックで定期点検の海上自衛隊の艦船
クリックすると元のサイズで表示します

24.巨大な乾ドック
クリックすると元のサイズで表示します

25.巨大なクレーン
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ