2011/12/1

丹波の三大紅葉の名刹の一つ・円通寺を観る  文化財研修記

現在は丹波市になった青垣・高源寺、氷上・円通寺、山南・石龕寺を紅葉の三大名刹と呼ぶ。今年の紅葉は気温が高く今ひとつと云われているが、ここ歴史と紅葉と四季彩の里、永谷山・円通寺の見事な紅葉を紹介する。11月25日(金)快晴

クリックすると元のサイズで表示します
円通寺の参道 もみじとやすらぎの森・遊歩道
クリックすると元のサイズで表示します
ふるさと街道 円通寺の由来
永徳二年(1382)正月、将軍足利義満が後円融天皇の勅命により創建した曹洞宗の名刹であり、年号の首字をとって『永谷山』と号し、天子の宝号の1字をとって『円通寺』と名付け勅願所と定められました。ご本尊は如意輪観世音菩薩像で、後小松天皇より下裏されたものと伝えられます。現在の本堂、庫院等の建築物は江戸時代に再建されたものです。広い境内はもみじの名勝地です
クリックすると元のサイズで表示します
参道門柱付近の紅葉
クリックすると元のサイズで表示します
見事な参道の紅葉
クリックすると元のサイズで表示します
参道の紅葉
クリックすると元のサイズで表示します
黄葉も美しく色づいている
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の下の池端の椅子で休む
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の美しい赤い鳥居道
クリックすると元のサイズで表示します
本堂境内に向う
クリックすると元のサイズで表示します
池の周りの紅葉
クリックすると元のサイズで表示します
施無畏殿(円通寺本堂)
クリックすると元のサイズで表示します
施無畏殿の祭壇 ご本尊は如意輪観世音菩薩像 後小松天皇直彫と伝えられる
クリックすると元のサイズで表示します
禅練成道道場の札が懸かる円通閣
クリックすると元のサイズで表示します
円通閣入口に祀られた仏像
クリックすると元のサイズで表示します
不動明王立像
クリックすると元のサイズで表示します
不動明王立像の案内
クリックすると元のサイズで表示します
明治維新の功労者、山岡鉄斎の筆になる躍年遠挙の碑(上)
クリックすると元のサイズで表示します
一段高い紅葉の中に明治忠魂碑が立っている
クリックすると元のサイズで表示します
灯籠と鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します
塀の五本線と二つの家紋説明 最後のパンフレット参照ください
クリックすると元のサイズで表示します
本堂境内に上がる石段
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の映える池の上に本堂が立つ境内が見える
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の仁王門
クリックすると元のサイズで表示します
阿吽の仁王像
クリックすると元のサイズで表示します
阿吽の仁王像
クリックすると元のサイズで表示します
境内広場から
クリックすると元のサイズで表示します
テントが張られ売店が出ていた
クリックすると元のサイズで表示します
永谷山・円通寺のパンフレット
クリックすると元のサイズで表示します
兵庫県丹波市氷上町御油983 永谷山・円通寺の交通地図

丹波紅葉の名刹の2寺:山南・石龕寺、氷上・円通寺を観たあと、丹波市立植野美術館へ行き、「天使がいた時代 ヨーロッパ絵画展ーバロックから近代へー」を鑑賞した
http://nbcayabe.exblog.jp/16900370/

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ