2011/11/28

日本三景・天橋立縦断記!その2.ハイキングスタート廻旋橋・大天橋・岩見重太郎仇討の場!  文化財研修記

今回は天橋立ホルに午前10時集結!メンバーが揃い、近道を通り乗用車駐車場にて体操!ハイキングにスタート、早朝は寒かったがこの時間には快晴のハイキング日和となった。朱塗りの廻旋橋を渡り、続いて青塗りの大天橋をわたり、岩見重太郎仇討ちの場(試し切りの石)までを掲載します。

1.朱塗りの廻旋橋を渡る!
クリックすると元のサイズで表示します

2九世戸の松表示板
クリックすると元のサイズで表示します

3.九世戸の松
クリックすると元のサイズで表示します

4.大天橋を渡る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.ベロタクシー乗場
クリックすると元のサイズで表示します

6.ベロタクシーの1.
クリックすると元のサイズで表示します

7.ベロタクシーの2.
クリックすると元のサイズで表示します

8.約8,000本の松並木1.
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

10.与謝野寛・晶子夫婦の歌碑の説明版
クリックすると元のサイズで表示します

11.与謝野寛・晶子夫婦の歌碑
クリックすると元のサイズで表示します

12.更に一ノ宮に向かって歩き続ける!
クリックすると元のサイズで表示します

13.恩賜記念碑(昭和25年のジェーン台風の被害に対して昭和天皇陛下より寄付金が授与された記念碑)
クリックすると元のサイズで表示します

14.見事な臥龍松!
クリックすると元のサイズで表示します

15.萬頼の句碑!「橋立や 幾松か根の 友がらみ」
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上の松
クリックすると元のサイズで表示します

17.岩見重太郎仇討ちの場(試し切り石)剣豪として名高い岩見重太郎が、父の仇として、広瀬軍蔵、鳴尾権三、大川佐衛門の三人の仇討ちをした場と伝えれている所です。三人を追って丹後宮津に来たが、三人は恐れて領主京極家に匿われていた。岩見重太郎は事情を説明し仇討ちが許され、寛永9年(1632)9月20日天橋立の濃松に於いて仇討ちをし、本望を遂げたと言う。この石は刀の試し切りで斜めに切られています。尚、岩見重太郎は本名は蒲田隼人と言い、豊臣家の家臣で、大阪冬の陣では名を轟かせたが、元和元年(1615)5月大阪夏の陣で戦死したといわれて居ます。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ