2011/11/19

建仁寺・恵美須神社・六波羅蜜寺の文化財を訪ねて終了報告5 護王神社  文化財研修記

第17回秋の文化財・史跡学習会「建仁寺・恵美須神社・六波羅蜜寺の文化財を訪ねて終了報告

編集中

クリックすると元のサイズで表示します
ホテル平安会館の和食処・帆船で1号車、2号車そろって食事
クリックすると元のサイズで表示します
丸いテーブルを囲んで食事をいただく
クリックすると元のサイズで表示します
食べた懐石弁当
クリックすると元のサイズで表示します
ホテル前の烏丸通りを徒歩で2分の所にある信号交差点をわたり護王神社を拝観に行く
足腰の守護神 和気清麻呂公を祀っている
クリックすると元のサイズで表示します
信号の横から烏丸通りに沿い絵巻物語が掛けられている。1200年祭記念(平成10年)
講談社の絵本より 絵:荻生天泉
クリックすると元のサイズで表示します
1)子供の頃、両親から大きくなったら天子様に仕えるようにと育てられる
クリックすると元のサイズで表示します
4)姉の広虫姫が拾い上げた子供は83人、自分の子供のように可愛がって育てました
クリックすると元のサイズで表示します
7)帝から道鏡を天子にとのお告げの真偽調査を下命される。宇佐八幡宮へ行きお告げを帝に復命
クリックすると元のサイズで表示します
15)道鏡に恨まれ清麻呂公は大隅国、広虫姫は備後に流罪になる
クリックすると元のサイズで表示します
17)豊後国で野猪に護られ追手の襲撃をかわす
クリックすると元のサイズで表示します
22)1年後、都に呼び戻され、ますます重用される
クリックすると元のサイズで表示します
23)清麻呂公は奈良から京都に都を遷す長官として活躍、桓武天皇京都に遷都
クリックすると元のサイズで表示します
烏丸通りに面した護王神社の大鳥居
クリックすると元のサイズで表示します
拝殿前の舞殿正面 狛犬の代わりに野猪が左右に迎えてくれる
クリックすると元のサイズで表示します
舞殿
クリックすると元のサイズで表示します
拝殿
クリックすると元のサイズで表示します
参拝する会員
クリックすると元のサイズで表示します
野猪の手水舎
クリックすると元のサイズで表示します
吉井勇の歌碑(風なきに 花梨の実また ほろと落つ・・・)
クリックすると元のサイズで表示します
護王神社小宮
クリックすると元のサイズで表示します
伊勢神宮 崇拝所
クリックすると元のサイズで表示します
警察消防署・・
クリックすると元のサイズで表示します
駒札がたくさん供えられている
クリックすると元のサイズで表示します
猪の置物がガラスケースに大量に陳列されている
クリックすると元のサイズで表示します
お札など販売所
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉の下に佇む和気清麻呂公の銅像

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ