2011/10/19

綾部地区8神社合同秋祭り神輿追っかけ取材記 綾部八幡宮神輿巡幸  綾部の文化財

10月16日(日)は秋祭りの最盛期、良く晴れて暑いくらいの爽やかな秋の祭り日和だ。
最近は連休が多く曜日の観念がすっかり疎かになり、日を取り違え昨日の綾部市資料館特別展「左豪の絵師・素后」の開館式に遅れてしまった。ホームページなどに収録して近澤豊明館長にお詫びと報告に行き、綾部市マスタープラン策定に関連して、歴史文書の保存について話し込んでしまった。車を自宅において、綾部八幡宮へ行ったが既に神事は終わり神輿も出発したあとであった

クリックすると元のサイズで表示します
綾部八幡宮の宮代町から上がる石段
クリックすると元のサイズで表示します
神宮寺方面からの道が合流する池の傍から
クリックすると元のサイズで表示します
拝殿前の広場に登る石段
クリックすると元のサイズで表示します
綾部八幡宮拝殿
クリックすると元のサイズで表示します
拝殿の祭壇

出発した神輿について人が出払ってしまい、誰にも出遭わずに神輿を追う。4神社の神輿が集まる綾部市役所を目指し西町の府道交差点へ出ると、北のJR踏切手前で列車通過待ちの神輿の一群を見つけ、信号の変わるのを待ち追いかけたが、一つ目の踏切をわたり右折して川糸町へ曲がり行ってしまった。やっと後を追われる一行の人追いつき問うと市街地を巡幸のあと市役所広場での合同お旅所神事に参加するとのこと。大勢で担がれる神輿の進行速度は速く追いつけるものではない。

それで綾部市役所に向うと綾部八幡宮の役員の方々が合同祭礼の祭壇づくりをされていた。綾部八幡宮の神輿は井倉町方面を巡幸しているとのこと

10月16日(日)好天気に恵まれ、市街地を巡幸してきた笠原神社(味方)、若宮神社(上野)、綾部八幡宮(宮代)、二ノ宮神社(青野)の4基の神輿と、金弊などを出された坂本神社(田野)、大谷神社(寺町)、熊野新宮(並松)、大山祇神社(野田)が綾部市役所に設けられた合同お旅所に集まり、大観衆の見守る中で、綾部八幡宮の奈島正倫宮司などにより、合同お旅所神事が行われたのを取材した

綾部八幡宮の神輿は、笠原神社、若宮神社の神輿に続き3番目の合同御旅所練り込みになるが、笠原神社神輿につづき早々と若松町から市役所横に到着して待機に入った

クリックすると元のサイズで表示します
錦の御旗を立てたふれ太鼓が到着
クリックすると元のサイズで表示します
奈島正倫宮司が巡幸の一行と共に到着、八幡宮の役員:高島善雄氏の案内でお旅所に向われる
クリックすると元のサイズで表示します
綾部八幡宮の神輿が到着。先着の笠原神社の神輿に続いて、二ノ宮神社の神輿がお旅所に入るまで待機(まだ二ノ宮神社の神輿は到着していない)
クリックすると元のサイズで表示します
次々に到着する神輿巡幸を観に大勢の観衆が来ている
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ綾部八幡宮の一行が、ふれ太鼓を先頭にお旅所に入場行進
クリックすると元のサイズで表示します
赤い旗をもった一隊、飾り物を持った一隊が続いて入場
クリックすると元のサイズで表示します
大きな矛が入っていく、市役所前広場は狭いので、入場の一隊は中を一回りして出て行く
クリックすると元のサイズで表示します
飾り物をもった一隊も一回りして続く
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ綾部八幡宮の神輿が元気一杯のか継ぎ手で動き出した。すぐに直角に曲がりお旅所の広場に入ってくる
クリックすると元のサイズで表示します
元気一杯に担がれて進む神輿
クリックすると元のサイズで表示します
広場は狭いので担ぎ手の向きを変えて広小路に出て行く
クリックすると元のサイズで表示します
広小路四辻でまた向きを変え広場に戻る。これを何度も繰り返す
クリックすると元のサイズで表示します
広場入り口では先触れ太鼓が元気付けに叩かれている
クリックすると元のサイズで表示します
何度か往復を繰り返して最後に止まり、一同ワッショイと数回高く持ち上げる
一番右端の場所に並べて鎮座、お旅所神事の飾り付けが行われる

クリックすると元のサイズで表示します
最後の若宮神社の神輿も到着して4基の神輿が一列に並ぶ
クリックすると元のサイズで表示します
奈島宮司の姿が見えたので右端に移動してお旅所神事の取材に向う
クリックすると元のサイズで表示します
4基並んだ神輿の裏側を階段の途中から撮る
クリックすると元のサイズで表示します
綾部八幡宮の神輿の前で奈島正倫宮司がお旅所神事を行われている。
並んだ各神社神輿も同様に宮司さんの手で神事が行われている
クリックすると元のサイズで表示します
人々の見守る中で奈島正倫宮司の祝詞奏上
クリックすると元のサイズで表示します
綾部八幡宮氏子総代に玉串をわたされる
クリックすると元のサイズで表示します
神輿の担ぎ手代表の玉串奉奠
クリックすると元のサイズで表示します
時間に長短のある各社の神事が終わり、飾られた神輿をバックに記念写真を撮る風景が各社でみられる

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ