2011/10/15

綾部市資料館特別展 左豪の絵師・素后  綾部の文化財

綾部市資料館第19回特別展示「左豪の絵師・素后」 会期:平成23年10月15日(土)〜11月13日(日)
会期中無休 展観時間:9:00〜17:00 展観料:200円(中学生以下無料)

幕末 綾部広小路の浄光寺門前に一人の絵師がいた。その名は長谷川素后
その絵は精妙にして洒脱あるいは超俗的ともいう
右腕が麻痺したため絵筆を左腕に持ち替えた後、多くの秀作を残した。
故に「左豪の絵師 素后」と人は呼ぶ


クリックすると元のサイズで表示します
綾部市資料館の表に張られた特別展示案内
クリックすると元のサイズで表示します
展示室正面の案内
クリックすると元のサイズで表示します
江戸時代広小路の西端に位置した浄光寺
浄光寺境内の素后翁の碑(裏面に碑文)
クリックすると元のサイズで表示します
素后翁之碑文
クリックすると元のサイズで表示します
小児遊図(広小路羽室家コレクション)他

精妙にして超然 素后の描いた世界は実に多種多様・・・
クリックすると元のサイズで表示します
4仙人図(梅岩寺の襖絵4面に1面1人づつ計4人の仙人が描かれている)
クリックすると元のサイズで表示します
仙人図(本町 四方邦博氏蔵)、象と童子図(四方邦博氏蔵) 他
クリックすると元のサイズで表示します
諸葛孔明図(四方邦博氏蔵)
クリックすると元のサイズで表示します
猿図(四方邦博氏蔵)、福寿草図(羽室家コレクション)、鶴図(塩川文蔵 羽室家コレクション))亀図(羽室家コレクション)など
クリックすると元のサイズで表示します
作品の陳列 素后および素后と同時代の在地画家、および素后の弟子の安藤貫山
書画に見る遊歴の僧・黙知軒光研上人についてはこちらの記事をご覧ください。(会場には竹図や書が展示されています)
  http://www.ayabun.net/kaiho/73/mokutiken.html
幕末・明治初期の丹波・丹後の三大画伯の一人「黙知軒光研上人」
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/1042.html

クリックすると元のサイズで表示します
野秋景図(梅垣昭平氏蔵)
クリックすると元のサイズで表示します
絵はがき(2枚100円 ) 鶏図(本町 四方邦博氏蔵) 他2点(上記参照)
クリックすると元のサイズで表示します
絵はがき(2枚100円) 虎図(岡安町 四方君代氏蔵) 他3点(上記参照)

数多くの素晴らしい作品(その絵は精妙にして洒脱あるいは超俗的という)が展示されています。上記の取材紹介はその一部です。是非ご来場の上で観賞ください(編集記)




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ