2011/10/9

式内社・御手槻神社の秋祭り 神輿の準備  綾部の文化財

綾部市中心街の北を東から西に流れる一級河川:由良川にかかる位田橋をわたると、正面に位田高城山がそびえ低城山が連なる。由良川左岸に沿って位田町が広がり、上流を上位田、下流を下位田と云う。東に向うと支流の八田川の合流が見られ、式内社・御手槻神社が位田街道に面して建っている。

下位田の古社・氏政神社と上位田の式内社・御手槻神社の合同祭礼が10月8・9日(土・日)に行われるので、綾部の文化財を守る会の四方續夫事務局長と両社を分担して取材した。最初に合同祭礼の行われる両社のお旅所・高城館へ行き、奉納舟漕ぎ競争の現場などを調べ、明日の駐車場を確認してから御手槻神社に向かった

クリックすると元のサイズで表示します
位田街道に正対して建つ式内社・御手槻神社の灯籠、鳥居、拝殿、本殿、社務所
石段の上で神輿が持ち出され組み立てが行われている
クリックすると元のサイズで表示します
大鳥居と神輿、拝殿
クリックすると元のサイズで表示します
組み立て中の神輿 当番組の少人数で準備している
クリックすると元のサイズで表示します
立派な御手槻神社神輿 知り合いの平田喜久夫氏がおられ、京都八坂神社の神輿を貰い下げてて来たものだと云う。明日は上位田の御手槻神社の神輿が途中まで氏政神社の神輿を迎えに行き、お旅所に引き返して合流するとのこと。
クリックすると元のサイズで表示します
担ぎ蓮台にしっかり固定中の神輿
クリックすると元のサイズで表示します
社務所に置かれた獅子頭
クリックすると元のサイズで表示します
飾り付けの終わった御手槻神社拝殿
クリックすると元のサイズで表示します
拝殿から奥の本殿を見る
クリックすると元のサイズで表示します
奉納の幔幕がはられた本殿
クリックすると元のサイズで表示します
本殿は拝殿からつづく透かし塀の中に鎮座している
クリックすると元のサイズで表示します
摂社の天満宮
クリックすると元のサイズで表示します
摂社の若宮明神・神霊社・稲荷神社・幸神神社・厄除神社・大山祇神社
クリックすると元のサイズで表示します
阿吽の古びた狛犬
クリックすると元のサイズで表示します
阿吽の古びた狛犬
クリックすると元のサイズで表示します
由良川に流れ込む支流・八田川、位田街道に建つ幟
クリックすると元のサイズで表示します
両社のお旅所、合同祭礼の行われる高城館、両社合同祭の幟が建てられるところ
ここで行われる宵宮、位田太鼓競演、文化祭展示の準備が進められていた

綾部(元何鹿郡)に12座ある延喜式内社一覧・所在地図、およびその一つの御手槻神社の詳細についてはここをクリックしてご覧ください

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ