2011/9/3

伊香保温泉石段街を散策、伊香保神社、ラドン発見の碑  文化財研修記

・お盆で帰省した娘と孫2人を送り、前橋市までやってきた(史跡・実正街道石柱)
・群馬県庁32階展望ホールから雄大な関東平野と上毛三山を展望
・明治17年創業の「そば処 結城屋本店」で夜食
雨の中ぐんまフラワーパークを散策 ・ 観賞温室エリア ・ バラ園
・林牧場福豚の里とんとん広場で昼食、上州物産館で水沢うどん(日本三大うどん)を買う

昨夜は娘のアパートで世話になり一泊したが、今日の宿泊は古久家を予約してある。
車で送ってもらい伊香保温泉にやって来た。途中で一度街道から横道を上がったが判らず引き返し、石段街の下に到着してそこの駐車場に停める

伊香保温泉:50段増えて365段になった石段街が温泉のシンボル。石段街を中心に温泉街が広がる。鉄分豊富な茶褐色の黄金の湯、メタケイ酸を多く含む無職透明な白銀の湯の2種類の湯が楽しめる。

約1300年前の万葉集にも登場する歴史ある温泉地。戦国時代に武田兵士のための療養場所として温泉街が形成された。明治以降は、多くの文人が通ったことでも知られる。

クリックすると元のサイズで表示します
広い石段街の最下部、中央を温泉水が流れている
クリックすると元のサイズで表示します
温泉のためか花壇の花がきれいに咲いている
クリックすると元のサイズで表示します
中央を流れる温泉水の一番下は足湯になっている様子。雨で入っている人はいない
クリックすると元のサイズで表示します
上へ高く続く石段を上がっていく
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保温泉案内図を見つけ、現在地の表示から古久家をみつける

車で石段を横切り一周して元の街道にもどり細い坂道を登る。一つ下の旅館でもう一段上だと教えてもらい古久家に辿りついた。ロビーで子供たちにもお茶を出してもらい休憩、娘たちはアパートに帰っていった
入館の時間になり4階の明かりの間に案内された。家内は休むというので一人杖を持って散策に出る

クリックすると元のサイズで表示します
近道をして先程の石段街の少し上に出た。行き交う人で賑わっている
クリックすると元のサイズで表示します
道端に足湯が設けられていた「辰の湯」とある。大勢入っている
クリックすると元のサイズで表示します
石段街は食べ物屋、土産店が並んでいる
クリックすると元のサイズで表示します
射的場があった。人が並び混んでいる「大阪屋」
クリックすると元のサイズで表示します
上州伊香保温泉場全景の古い絵図がある
クリックすると元のサイズで表示します
さらに石の鳥居をくぐって石段がつづく
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保神社は参拝者で賑わっている
長〜い石段を頂上まで上り良縁に恵まれるようお参りを 伊香保名物として知られる365段の石段の頂上にある神社。富岡の一之宮貫前神社、赤城山の赤城神社と並ぶ上野国三之宮の一つ。温泉や医療はもとより、子宝や縁結びにご利益があるといわれる神社
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保神社略記
クリックすると元のサイズで表示します
三峯神社 上部に御眷属10体の神。社名が板に書いてある
クリックすると元のサイズで表示します
注連縄の巻かれた石灯篭
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保町指定史跡 この灯籠は、明治15年、県下新田郡・・ 
クリックすると元のサイズで表示します
明治天皇第六皇女 昌子内親王殿下 御手植えの松2株 明治22年7月
クリックすると元のサイズで表示します
石段街のおいたち 古来、伊香保には、湯元源泉地付近に湯屋が一軒ありましたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
関東ふれあいのみち 榛名から水沢へのみち コース略図
クリックすると元のサイズで表示します
ヤセオネ峠バス停 4.7Km 東武バス発着所、群馬バス発着所
クリックすると元のサイズで表示します
関東ふれあいの道、遊歩道が延びている
クリックすると元のサイズで表示します
県立伊香保森林公園 見晴展望台 の案内があるが雨なので引き返した
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保神社の裏手を少し降りると谷河沿いの車道に出た。車道は上り坂になり川上へ延びている
クリックすると元のサイズで表示します
対岸の温泉宿にわたる赤い太鼓橋がある
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保温泉飲泉所
クリックすると元のサイズで表示します
万葉歌碑が立っている
クリックすると元のサイズで表示します
説明 上毛野 伊香保の沼に 植え子水葱 かく恋むとや 種求めけん
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保温泉 露天風呂建屋
クリックすると元のサイズで表示します
ご利用案内
クリックすると元のサイズで表示します
伊香保温泉湯元出湯口
クリックすると元のサイズで表示します
温泉の湧き出しが見える
クリックすると元のサイズで表示します
ラドン発見の碑
クリックすると元のサイズで表示します
建碑について 明治42年夏、帝大の・・・




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ