2011/9/3

高崎白衣大観音を拝観  文化財研修記

・お盆で帰省した娘と孫2人を送り、前橋市までやってきた(史跡・実正街道石柱)
・群馬県庁32階展望ホールから雄大な関東平野と上毛三山を展望
・明治17年創業の「そば処 結城屋本店」で夜食
雨の中、群馬フラワーパークを散策 ・ 観賞温室エリア ・ バラ園
・林牧場福豚の里とんとん広場で昼食、上州物産館で水沢うどん(日本三大うどん)を買う
・伊香保温泉石段街散策(伊香保神社、湯元ラドン発見の碑)

伊香保温泉の古久家で朝食をとるが昨日からの雨がまだ続いている。ロープウェイ登山など諦めバスでJR渋川駅に出る。渋川から高崎まで電車、私も登山杖を使っていたのですぐにシルバー席の若者が席を譲ってくれて座れた。

高崎駅につくと観光案内所に行く。県立近代美術館でピカソの「ゲルニカ」タピスリ大公開(世界に3点だけの名品)を見たかったが、月曜日休館でダメ。駅近くの高崎市美術館、タワー美術館もダメだった。
案内所の勧めで「高崎白衣大観音」を拝観に行った。

雨も上がった様子で荷物を駅のコイン・ロッカーに預ける。駅前の指定バスターミナルで待つとバスがきた。予定より30分早いので聞くと遠回り路線だという。随分遠くまで行き引き返したりで染料植物園など通りやっと観音山白衣大観音前に着いた。

クリックすると元のサイズで表示します
高崎の実業家・井上保三郎氏が昭和11年に、社会の平和を祈願して建立した観音様。観音山頂上にそびえる観音像は高さが41.8mあり、鉄筋コンクリート製としては日本一の大きさを誇るとか。胎内は9階になっていて、仏像20体や最上階には展望台がある。展望台からは市街が一望
クリックすると元のサイズで表示します
高野山別格本山 滋眼院千体観音堂
クリックすると元のサイズで表示します
白衣観音前のお堂
クリックすると元のサイズで表示します
41.8mの白衣観音を下から見上げる。登録有形文化財
クリックすると元のサイズで表示します
300円を払い胎内仏を拝観、仏像の一般的イメージを覚えるため写真を撮った。閻魔大王像
クリックすると元のサイズで表示します
妙見菩薩像
クリックすると元のサイズで表示します
文殊菩薩像?
クリックすると元のサイズで表示します
大日如来像
クリックすると元のサイズで表示します
普賢菩薩像
クリックすると元のサイズで表示します
虚空蔵菩薩像
クリックすると元のサイズで表示します
地蔵菩薩像
クリックすると元のサイズで表示します
鬼子母神像
クリックすると元のサイズで表示します
阿弥陀如来像
クリックすると元のサイズで表示します
摩利支天像
クリックすると元のサイズで表示します
不動明王像
クリックすると元のサイズで表示します
愛染明王像
クリックすると元のサイズで表示します
三宝荒神像
クリックすると元のサイズで表示します
弘法太子像
クリックすると元のサイズで表示します
聖徳太子像
クリックすると元のサイズで表示します
馬頭観音像
クリックすると元のサイズで表示します
白衣観音像
クリックすると元のサイズで表示します
釈迦如来像
クリックすると元のサイズで表示します
白衣観音胎内からの眺望1
クリックすると元のサイズで表示します
白衣観音胎内からの眺望2
クリックすると元のサイズで表示します
白衣観音胎内からの眺望3
クリックすると元のサイズで表示します
白衣観音胎内の昇降階段9階まで
クリックすると元のサイズで表示します
縁結び光音堂の御本尊聖観世音菩薩像 本尊聖観音は別名「一願観音」とも云い、心願をひとつだけ叶えてくださいます。とくに縁結びに御利益があります・・・ 
クリックすると元のサイズで表示します
観音山エリア・マップ
クリックすると元のサイズで表示します
下り坂から上を見上げると観音様が見送っていた
クリックすると元のサイズで表示します
観音山参道商店街を歩いて下り観光センター前の茶店で一服。涼しいカキ氷を食べる。山菜うどんも食べ、熱かったり冷たかったり。上州路は国定忠治など渡世人の世界
クリックすると元のサイズで表示します
参道商店街の陳列
クリックすると元のサイズで表示します
観音山観光センター
クリックすると元のサイズで表示します
観光センター2Fに貼られていた白衣大観音建立の記録、昭和9〜11年。白衣観音胎内所収の写し
クリックすると元のサイズで表示します
ぐるりんバス200円 観光案内所で反対路線に乗らないように注意を受けて乗車。JR高崎駅にすんなり到着した。

帰りは時間不定なので自由席特急券しか持たず、東京行きの新幹線に乗り込む。超満員で2階建ての列車。とりあえず乗りこんだ座席指定列車のデッキに空間を見つけ家内に荷物を預け自由席車両を探す。ピンクのストライブの入った新潟新幹線「ときMAX」という車両だった。

途中で車掌に出会い尋ねると、超混雑で自由席車両は100人以上の立ち人で満員、今のところに居た方がと云ってくれた。2階建て車両の階段に腰かけて過した。2人とも杖をついているので苦情も聞かず楽をした。

東京駅、京都駅は始発駅なので、自由席車両乗り場の先頭に並び座って綾部まで帰れた。




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ