2011/7/16

国宝・住吉大社と堺市の文化財を訪ねて!その3.堺市博物館  文化財研修記

大阪府堺市堺区大仙町には世界最大の古墳・日本最大の前方後円墳「仁徳天皇陵古墳(正式名:百舌鳥耳原中陵)」がある。住吉大社から車で約20分で到着する。この古墳は大仙公園内にあるので大仙駐車場に貸切バスなら一回千円、乗用車1時間100円で駐車できる。堺市博物館もこの駐車場から徒歩で8分で行けます。堺市博物館はD字型をしたユニークな形の建物です。堺市の歴史が一目でわかるように展示されており、ビデオ映像で学ぶことが出来る。展示室は「古墳・仁徳陵」、「自由都市堺」「堺の産業・文化」「祈り・祭り」の4つ展示室に分かれている。堺市「円通寺(えんうじ)」にあった日本最古の檀像彫刻(だんぞうちょうこく、ビャクダンなどの香木から作られた像)の観音菩薩立像(百舌鳥の地に伝わった国重文の日本最古・最大の白檀佛6〜7世紀)や「文明五(1474)の銘のある漆塗太鼓形酒筒(国重文)が展示されている。又、庭園内には元南河内郡赤阪村の浄土寺にあった高さ3.6メートルで下段に嘉元4年(1306)の年号が刻まれている国重文の九重石塔があります。昭和4年数奇屋建築の名匠・仰木魯堂(おうぎろどう)設計で建てられた茶室「伸庵(しんあん)」と奈良県橿原市の今井町に江戸時代から伝来した茶室「黄梅庵(おうばいあん)」いずれも国重文があります。常設館入場料は200円、65歳以上は年齢を証明するものを見せれば入場料は無料になります。

1.堺博物館案内板
クリックすると元のサイズで表示します

2.堺市博物館への道筋
クリックすると元のサイズで表示します

3.D字型をしたユニークな建物の「堺市博物館」
クリックすると元のサイズで表示します

4.館内ロビー
クリックすると元のサイズで表示します

5.館内「古墳・仁徳陵」の間・大変分かり易い展示です。
クリックすると元のサイズで表示します

6.堺市の南部の秋祭りに使用される「地車(だんじり)」です。
クリックすると元のサイズで表示します

7.博物館の外にある茶室「伸庵」「黄梅庵」の案内版
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ