2011/7/4

山家の城下町ー町絵図から見えるものー展示解説&講演会が開催された!  綾部の文化財

平成23年7月3日(日)「山家の城下町ー町絵図から見えるものー」の主題で、主催:山家歴史の会(会長 有道大作氏)協賛:綾部史談会(会長 山崎巖先生)により綾部市にある「アスパAホール」にて資料展示は午前10時から午後4時まで、解説・講演と崩し字講習会は午前10時30と午後1時30分の2回実施されました。これは首記の題名で出版された「本」の完成記念として、広く一般の方々に知って頂きたいとの願いを元に実施されたのです。地図出版物の解説は綾部史談会副会長の川端二三三郎先生と崩し字解説は生涯学習一級インストラクター(古文書)の村岡敬公(むらおかひろまさ)先生で理解しやすい説明で解説がありました。多くの参加者も理解された様子、小生も綾部史談会の一員で数回のみの参加したが、本日のまとめで良く理解できました。出版物「山家の城下町ー町絵図から見えるものー」A4カラー印刷で68ページ1,000円で購入できます。連絡先:山家歴史の会:綾部市鷹栖町豊後田32電話:0773−46−0345へ申し込み下さい。尚、平成23年3月6日(日)町絵図完成記念を兼ねた横峠ウオーキングについては最後にクリックして見て頂けるようになっています。なんとこのウオーキングには140名の参加がありました。

1.綾部市青野町にある「アスパAホール」の案内板
クリックすると元のサイズで表示します

2.山家の城下町・展示・解説&講演会案内パンフレット
クリックすると元のサイズで表示します

3.解説説明の綾部市史談会副会長・川端二三三郎先生
クリックすると元のサイズで表示します

4.正徳3(1713)年の山家城下町絵図(東山町所有、縦157センチ、横133センチ)この絵地図の特徴は正徳3年(1713)から明治までの約150年間の町民一人一人の屋敷地の変遷が詳しく解説されていることである。屋敷の面積、所有者、相続、分家、売買、質入、分地、町役務、町区の変遷が記録され坂町、中町、上町、馬場町等の町筋に沿って各民家の屋敷が絵図に記録され、その変遷は絵地図全面に押紙付箋が添付され、屋敷によっては五段も六段も重複添付されている。
クリックすると元のサイズで表示します

5.明和9(1772)年の山家城下町絵図(山家歴史の会所有、縦174、横132センチ)同上で付箋は約200枚もある。各地図の右下の上林川にかかる橋が肥後橋です!
クリックすると元のサイズで表示します

6.明治3(1870)年の山家城下町絵図(復元、縦195、横145センチ)
クリックすると元のサイズで表示します

7.明治6年(1873)年(復元、縦174、横132センチ)
クリックすると元のサイズで表示します

8.肥後橋五代(奥丹波になぜ肥後橋と名付けられた橋があるか、というと、ことは慶長6年(1602)に舞鶴・田辺城主であった細川忠興が九州(はじめ中津、ついで小倉)へ所替えになった際、安全を確保するため橋材を持ち込み、さっさと架橋したという。細川幽斎・忠興と山家藩主谷衛友(たにもりとも)との厚い信頼関係があった。その上、細川氏が肥後熊本に栄転するのは寛永9年(1632)のことであるから、肥後橋の呼び名はそれ以降に生まれたことになる。この肥後橋は町と陣屋を結ぶ唯一の連絡路であり、上林川の川幅は30〜40メートルと狭いが岩盤を梳る急流で架橋は極めて難しい箇所である。この肥後橋の修築・維持管理が町にとって最大の負担であった。下記掲載、大正13(1924)年頃の肥後橋(橋脚が木製)と坂町(右、橋詰より下流に向かう道路は、阪鶴道路、現在の国道27号線)
クリックすると元のサイズで表示します

9.初代 山家小学校「立行館」横額 明治9(1876)年1月 槇村正直京都府知事の直筆
クリックすると元のサイズで表示します

10.東山町受戸「大峰講のぼり」文化10(1813)年
クリックすると元のサイズで表示します

11.梅迫文書「道中筋控帳」明治8(1875)年亥3月
クリックすると元のサイズで表示します

12.梅迫文書「駕籠明細帳」明治6(1873)年
クリックすると元のサイズで表示します

13.A4版「山家の城下町ー町絵図から見えてくるものー」68ページ、@1,000円
クリックすると元のサイズで表示します

14.同上 「発刊に寄せて」綾部史談会々長 山崎巖先生
クリックすると元のサイズで表示します

15.同上 15ページ「年代別町絵図の概況」
クリックすると元のサイズで表示します

16.同上 16ページ 「町の起源」
クリックすると元のサイズで表示します

17.同上 続き 17ページ  
クリックすると元のサイズで表示します

3月6日(日)実行の「山家城下町絵地図完成記念・横峠古道ウオーキング」は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/990.html
綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ