2011/6/13

当麻寺・石上神宮・天理参考館を訪ねて02 中の坊庭園、精進料理  文化財研修記

当麻寺本堂、金堂、講堂で当麻曼荼羅厨子を初め沢山の仏像などを拝観、三重塔などを見学の後、当麻寺中之坊(高野山真言宗別格本山)に入った

クリックすると元のサイズで表示します
当麻寺中ノ坊に入る一行
クリックすると元のサイズで表示します
当麻寺中ノ坊本堂に向う
クリックすると元のサイズで表示します
 本堂(中将姫剃髪堂、桃山時代)は中将姫を手引きした「導き観音」として十一面観音をご本尊としている。「法如」の尼僧名を授かり安産、健康、厄除の祈願が多い。
クリックすると元のサイズで表示します
大和三名園「香藕園」(名勝・史蹟・桃山時代):中之坊庭園は古くから大和三名園(吉野山の竹林院、大和郡山市の慈光院)と賞される池泉回遊式兼観賞式庭園。鎌倉時代に起源をもち桃山時代に完成。さらに江戸初期に後西天皇(第百十一代)を迎えるため片桐石集州によって改修された。極端に低い土塀で二段構えとし、国宝の三重の東塔が借景として映え、心字池にその影を落とす。その歴史の重みと四季を通じた景観の美しさから昭和九年に史蹟と名勝の所存指定を受ける大和屈指の庭園です。
クリックすると元のサイズで表示します
書院・茶室(重要文化財、桃山時代―江戸初期)
 後西天皇をお迎えした中之坊書院は、杮葺きの情緒豊かな建築で「御幸の間」、「鷺の間」、「鶴の間」などからなる。張壁、襖絵は、江戸初期の大家・曽我二直庵の筆になる楼閣、山水、花鳥の名画である。
その他霊宝舘:千三百年の歴史を有する中之坊には、伝わる宝物も数多くあり、順次公開展示されます。中将姫誓いの石、中将姫髪塚、役の行者加持水の井戸、茶筅塚等がある。
クリックすると元のサイズで表示します
中之坊庭園を巡る
クリックすると元のサイズで表示します
中之坊庭園を巡る
クリックすると元のサイズで表示します
中之坊庭園を巡る
クリックすると元のサイズで表示します
中之坊庭園を巡る
クリックすると元のサイズで表示します
庭園の花を撮る
クリックすると元のサイズで表示します
庭園の花を撮る
クリックすると元のサイズで表示します
庭園の花を撮る
クリックすると元のサイズで表示します
庭園の花を撮る
クリックすると元のサイズで表示します
印状や写経など頼む会員も多い
クリックすると元のサイズで表示します
中之坊での昼食風景 80名が一室で
クリックすると元のサイズで表示します
中之坊での昼食風景
クリックすると元のサイズで表示します
中之坊で食べた精進料理




コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ