2011/5/15

臨済宗妙心寺派の古刹・佛南寺で本堂・境内・平安時代の虚空菩薩像修理完成式典が実施された!  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」の吉美地区里町にはあやべ西国観音霊場第7番札所でもある臨済宗妙心寺派の古刹・阿日山「佛南寺(ぶつなんじ)」は綾部市でも極めて古い歴史を誇る寺院です。平安時代初期の国家の歴史書である三代実録に(858〜887)の貞観5年(863)に佛南寺の名が記されているが当時は真言宗であった。その「本堂改修・境内整備工事・綾部市指定文化財の平安時代の木造虚空菩薩解体修理完成式典」が5月15日(日)午前10時から始まった。この虚空菩薩立像は極めて大きく五尺五寸三分(像高165.8センチメートル)は滋賀県大津市にある楽浪文化財修理所で解体、修理、復元された。他にも綾部市指定文化財の運慶作と云われている木造大日如来坐像もある。最後にクリックして、5年前の掲載記事をご覧下さい。この寺の関係寺院からは住職様や各寺総代様が出席。勿論この費用は檀家の52戸が総費用2,100万円の浄財を寄進して出来たものです。

1.修理されたた佛南寺正面を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

2.住職渡邉秀山師(元綾部市仏教協会会長)の見事な書の寺号碑(見事な書が有名で小生も「慈光」と書かれた色紙を頂いています。)
クリックすると元のサイズで表示します

3.新しく出来た「子安観音像」
クリックすると元のサイズで表示します

4.新しく出来た「やすらぎ地蔵尊」
クリックすると元のサイズで表示します

5.改修された庭と地蔵菩薩堂
クリックすると元のサイズで表示します

6.地蔵菩薩像(このお地蔵様には年の数だけ段がある梯子を寄進すると夜尿症が治るといわれています。)
クリックすると元のサイズで表示します

7.解体・修理復元した綾部市指定文化財の木造虚空菩薩立像(像高165.8センチメートルもあるが合計5体の仏像が仏壇に祀られています。
クリックすると元のサイズで表示します

8.午前10時開始の改修完成法要式次第
クリックすると元のサイズで表示します

9.改修完成法要が始まる。その1.導師渡邉秀山師
クリックすると元のサイズで表示します

10.五体投地で礼拝される渡邉秀山師
クリックすると元のサイズで表示します

11.渡邉秀山師の供善
クリックすると元のサイズで表示します

12.導師渡邉秀山師に従って「摩訶般若波羅蜜多心経(般若心経)」を三度唱和する!
クリックすると元のサイズで表示します

5年前渡邉秀山師の佛南寺の記事は下記をクリックして見て下さい。
http://ayabun.net/kaiho/65/butunanji.html

あやべ西国観音霊場第7番札所・佛南寺は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/185.html

綾部の文化財を応援して頂ける方は下記のFC2ブログランキングをクリック願います!
fc2トラックバック
ランキングバナー 



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ