2017/3/22

京都を見る!8.和泉式部が手ずから植え、寵愛した軒端の梅がある東北院!  文化財研修記

京都市左京区浄土寺にある時宗の寺院の東北院(とうぼくいん)がある。東北院は、平安時代の中ごろ、藤原道長が営んだ法成寺の東北に道長の娘(長女)上東門院彰子によって長元3年(1030)に建造された三昧堂です。山号は雲水山で、かつては法成寺に付属していた天台宗の寺院です。 康平元年(1058)2月、法成寺が焼失したとき、東北院も類焼し、同4年7月に再建されました。このころの東北院の位置は『拾芥抄』に「一条ノ南、京極ノ東、上東門院御所、元法成寺内東北角」とあり、現在の本禅寺・清浄華院・盧山寺?)のいずれかのあたりのようです。こちらも承安元年(1171)に焼失し、その後再建されましたが、江戸時代の元禄5年(1692)12月に火災にあい、当時上京の寺町通今出川下ルにあった真如堂や極楽寺・迎稱寺ともに翌年左京区浄土寺真如町に移転しました。この時に和泉式部ゆかりの“軒端の梅”の後継といわれる白梅も移され、弁財天女を祀る本堂の脇で咲きほのかに香っています。又、謡曲『東北(とうぼく)』で世阿弥元清の作、鬘物(かづらもの)で幽玄を基調としています。
「年が改まり、また春が来て、東国より行脚(あんぎゃ)の僧がこの東北院を訪れ、梅の木のあまりの美しさに魅了され、その由来を尋ねてみると、その昔、上東門院に仕えた和泉式部が手ずから植え、寵愛した軒端の梅であると聞いて、感激を新たにした。
僧が木陰に坐って法華経を唱えて供養していると、朧月夜(おぼろづきよ)の闇の合間から和泉式部の霊が現れて昔日の東北院での生活の様子を語り、詠歌の功徳を説いて歌によって得た仏の道を語って消えた。旅の僧は夢からさめると仄かに梅の香りが漂っていた。……」
和泉式部が梅の花を愛で詠んだ歌に、次のような歌があります。
むめ(梅)の香を 君によそへて みるからに
花のをりしる 身ともなるかな 『和泉式部続集』
―梅の香をあなたの袖の香になぞらえて梅を見るばかりに、花の咲く時節を知る身となったのだと。
むめ(梅)が香(か)に おどろかれつつ 春の夜(よ)の
闇(やみ)こそ 人はあくがらしけれ 『千載和歌集』
―梅の香に恋人の袖の香を思い出し、はっとさせられる。「あやなし」と言われた春の夜の闇こそ人の心を虜にするものだと。
 
1.東北院の山門
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.本堂と横にある「和泉式部ゆかりの“軒端の梅」
クリックすると元のサイズで表示します

4.同上
クリックすると元のサイズで表示します

5.同上
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/20

京都を見る!7.菩提樹院陵(ぼだいじゅいんのみささぎ)とも呼ばれる後一条天皇陵!!  文化財研修記

京都市左京区神楽岡町の銀閣寺にほど近い吉田山公園の南に後一条天皇陵があります。ここには後一条天皇とその皇女であり後冷泉天皇皇后の章子内親王の陵が二基並んで築かれています。菩提樹院陵(ぼだいじゅいんのみささぎ)とも呼ばれています。一条天皇の中宮で、藤原道長の娘・彰子の生んだ敦成(あつひら)が後一条天皇です。三条天皇の退位で、わずか8才で即位しました。祖父の道長が摂政を務め、続いてその子頼道が摂政、後に関白となり、藤原氏繁栄の中、在位しました。後一条天皇は長元9年(1036)、29歳で病のため崩御されました。遺骨は浄土寺に安置され、火葬所の跡に母彰子は伽藍を建て、天皇の供養を行い、これを菩提樹院と号しました。その後、遺骨は菩提樹院へ移されましたが、荒廃したため、明治の中頃、現在の陵に移されました。

1.後一条天皇陵 駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.後一条天皇陵
クリックすると元のサイズで表示します

3.同上
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/18

京都を見る!6.竹中稲荷社・天満宮社など!  文化財研修記

京都市左京区吉田神楽岡町には主祭神の宇賀御魂神・猿田彦神・天鈿女神や末社の天満宮など多くの塚など祀る竹中稲荷社(たけなかいなりしゃ)がある。創祀は不明。古記に「在原業平の居を神楽岡稲荷神社の傍らに卜す」とあり、天長年間には社殿があったことが伝わる。天保11年(1840)に信徒の寄付で社殿が造営されたと記録され、「京師の幾萬の子女が郡詣し、昼夜の別なく満山に踊躍す。是を蝶々踊と云い、其の後数千の鳥居が参道に樹立し、雨雪の為に傘を要せず」とある。現在も竹中稲荷講社が組織され、多数の崇敬者が講員に加入している。
 天満宮社は、地福院に祀られていたのを嘉永5年(1852)、現地に遷座。稲荷社・天満宮社ともに、明治5年に末社に定められている。神楽岡の頂の東側、和琴坂のその先に竹中稲荷社がある。北へ向かう参道。往時は数千の鳥居が樹立したという。
 
1.朱の一の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

2.まるで伏見稲荷退社の朱の鳥居のようです!
クリックすると元のサイズで表示します

3.朱の鳥居が連続しています!
クリックすると元のサイズで表示します

4.朱の鳥居の末社の天満宮社
クリックすると元のサイズで表示します

5.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.竹中稲荷社拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

7.本殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.末社の竹春神社、右は竹丸神社
クリックすると元のサイズで表示します

9.周辺には多くの神社や塚があります!
クリックすると元のサイズで表示します


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/16

京都を見る!5.黒住教の教祖・黒住宗忠を祀る宗忠神社!  文化財研修記

京都市左京区吉田下大路63には黒住教の教祖・黒住宗忠を祀る宗忠神社(むねただじんじゃ)がある。黒住宗忠は嘉永3年(1850)に歿し、安永3年(1856)に朝廷から「宗忠大明神」の神号が与えられた。文久2年(1862)、宗忠の門人の赤木忠春らが、吉田神社より社地の一部を譲り受けて宗忠を祀る神社を創建した。慶応元年(1865)には朝廷の勅願所とされ、皇室や公家から篤い崇敬を受けた。明治時代には県社に列格した。岡山の宗忠神社との区別のため、鎮座地名から「神楽岡宗忠神社」とも呼ばれる。流造の本殿は明治45年(1912)に改築されたものである。

1.宗忠神社鳥居と標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.宗忠神社の神井戸由来
クリックすると元のサイズで表示します

4.神井戸
クリックすると元のサイズで表示します

5.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.本殿正面
クリックすると元のサイズで表示します

7.本殿を横から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

8.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.忠春社
クリックすると元のサイズで表示します

10.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

11.神名宮本殿
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/14

京都を見る!4.京都を見る!2.国の重要文化財の末社・斎場所の大元宮を持つ吉田神社3−3!   文化財研修記

京都市左京区吉田神楽岡町30番地には奈良の春日大社から勧請し建御賀豆智命(たけみかづちのみこと、武甕槌命)、伊波比主命(いわいぬしのみこと、経津主命、天之子八根命(あまのこやねのみこと、天児屋根命)、比売神(ひめのかみ)を祀る吉田神社(よしだじんじゃ)がある。貞観元年(859)、藤原山蔭が一門の氏神として奈良の春日大社四座の神を勧請したのに始まる。後に、平安京における藤原氏全体の氏神として崇敬を受けるようになった。『延喜式神名帳』への記載はない(式外社)が、永延元年(987)より朝廷の公祭に預かるようになり、正暦2年(991)には二十二社の前身である十九社奉幣に加列された。鎌倉時代以降は、卜部氏(後の吉田家)が神職を相伝するようになった。室町時代末期の文明年間(1469−1487)には吉田兼倶が吉田神道(唯一神道)を創始し、その拠点として文明16年(1484)、境内に末社・斎場所大元宮を建立した。近世初めには吉田兼見が、かつて律令制時代の神祇官に祀られていた八神殿(明治5年に宮中に遷座した[1])を境内の斎場に移し、これを神祇官代とした。寛永5年(1665)、江戸幕府が発布した諸社禰宜神主法度により、吉田家は全国の神社の神職の任免権(神道裁許状)などを与えられ、明治になるまで神道界に大きな権威を持っていた。竜沢池(たつざわのいけ) 境内南に位置する。奈良の猿沢池を真似てつくられた池で、大正末年まで雨乞い神事が行われていた。

1.山蔭神社の駒札
クリックすると元のサイズで表示します

2.山蔭神社
クリックすると元のサイズで表示します

3.吉田神社末社の国重文の斎場所(さいじょうしょ)大元宮の標柱
クリックすると元のサイズで表示します

4.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

5.斎場所大元宮を正面から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

6.同上
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿正面
クリックすると元のサイズで表示します

8.国の重文の特異な本殿
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/12

第50回京都府立綾部高等学校吹奏部記念定期演奏会が盛大に開催された!  あやべの街

3月12日日曜日午後2時から京都府中丹文化会館で「第50回綾部高等学校吹奏部定期演奏会」がOB・OBも多数参加で盛大に開催されました。素晴らしい演奏と久し振りに懐かしい校歌を聞き感嘆し、堪能しました。

1.プログラム表紙
クリックすると元のサイズで表示します

2.福井真介綾部高等学校長のご挨拶
クリックすると元のサイズで表示します

3.綾校吹奏部メンバー
クリックすると元のサイズで表示します

4.アップで見る!
クリックすると元のサイズで表示します

5.第一部2番目の「千と千尋の神隠し」メドレーは下記をクリックして「音声付動画」で見て下さい!
https://youtu.be/AWASBspcYi8

6.全員が移らないので、移動して見る!
クリックすると元のサイズで表示します

7.第3部は第50回記念OB・OGのを含めたメンバーです!
クリックすると元のサイズで表示します

8.OB・OGを含めて、綾部高等学校の校歌を斉唱です。「音声付動画は」下記をクリックして見て下さい!
https://youtu.be/QZZSBvtN4bY


9.OB・GBを含めた「ルパン三世のテーマ」は下記をクリックして「音声付動画」を見て下さい!
https://youtu.be/JwmAAtNBAQU


10.再度3部見事な演奏を聴く!
クリックすると元のサイズで表示します


11.綾高吹奏部の音声付動画「恋」は下記をクリックして見て下さい!
https://youtu.be/HazuU_LhgYg


綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/12

京都を見る!2.国の重要文化財の末社・斎場所の大元宮を持つ吉田神社3−2!  文化財研修記

京都市左京区吉田神楽岡町30番地には奈良の春日大社から勧請し建御賀豆智命(たけみかづちのみこと、武甕槌命)、伊波比主命(いわいぬしのみこと、経津主命、天之子八根命(あまのこやねのみこと、天児屋根命)、比売神(ひめのかみ)を祀る吉田神社(よしだじんじゃ)がある。貞観元年(859)、藤原山蔭が一門の氏神として奈良の春日大社四座の神を勧請したのに始まる。後に、平安京における藤原氏全体の氏神として崇敬を受けるようになった。『延喜式神名帳』への記載はない(式外社)が、永延元年(987)より朝廷の公祭に預かるようになり、正暦2年(991)には二十二社の前身である十九社奉幣に加列された。鎌倉時代以降は、卜部氏(後の吉田家)が神職を相伝するようになった。室町時代末期の文明年間(1469−1487)には吉田兼倶が吉田神道(唯一神道)を創始し、その拠点として文明16年(1484)、境内に末社・斎場所大元宮を建立した。近世初めには吉田兼見が、かつて律令制時代の神祇官に祀られていた八神殿(明治5年に宮中に遷座した[1])を境内の斎場に移し、これを神祇官代とした。寛永5年(1665)、江戸幕府が発布した諸社禰宜神主法度により、吉田家は全国の神社の神職の任免権(神道裁許状)などを与えられ、明治になるまで神道界に大きな権威を持っていた。竜沢池(たつざわのいけ) 境内南に位置する。奈良の猿沢池を真似てつくられた池で、大正末年まで雨乞い神事が行われていた。

1.若宮社前の青銅の鹿
クリックすると元のサイズで表示します

2.さざれ石
クリックすると元のサイズで表示します

3.吉田神社本宮へ
クリックすると元のサイズで表示します

4.本宮前の朱の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

5.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.神楽岡社への石段参道
クリックすると元のサイズで表示します

7.吉田神社本宮の一部
クリックすると元のサイズで表示します

8.同上
クリックすると元のサイズで表示します

9.本宮正面
クリックすると元のサイズで表示します

10.見事な春日造りの本殿(第1殿から第4殿まで横に1列に並んでいます。)
クリックすると元のサイズで表示します

11.摂社菓祖神社(かしそじんじゃ)の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

12.菓祖神社への参道
クリックすると元のサイズで表示します

13.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

14.菓祖神社
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/10

京都を見る!2.国の重要文化財の末社・斎場所の大元宮を持つ吉田神社3−1!  文化財研修記

京都市左京区吉田神楽岡町30番地には奈良の春日大社から勧請し建御賀豆智命(たけみかづちのみこと、武甕槌命)、伊波比主命(いわいぬしのみこと、経津主命、天之子八根命(あまのこやねのみこと、天児屋根命)、比売神(ひめのかみ)を祀る吉田神社(よしだじんじゃ)がある。貞観元年(859)、藤原山蔭が一門の氏神として奈良の春日大社四座の神を勧請したのに名帳』への記載はない(式外社)が、永延元年(987)より朝廷の公祭に預かるようになり、正暦2年(991)には二十二社の前身である十九社奉幣に加列された。鎌倉時代以降は、卜部氏(後の吉田家)が神職を相伝するようになった。室町時代末期の文明年間(1469−1487)には吉田兼倶が吉田神道(唯一神道)を創始し、その拠点として文明16年始まる。後に、平安京における藤原氏全体の氏神として崇敬を受けるようになった。『延喜式神(1484)、境内に末社・斎場所大元宮を建立した。近世初めには吉田兼見が、かつて律令制時代の神祇官に祀られていた八神殿(明治5年に宮中に遷座した[1])を境内の斎場に移し、これを神祇官代とした。寛永5年(1665)、江戸幕府が発布した諸社禰宜神主法度により、吉田家は全国の神社の神職の任免権(神道裁許状)などを与えられ、明治になるまで神道界に大きな権威を持っていた。竜沢池(たつざわのいけ) 境内南に位置する。奈良の猿沢池を真似てつくられた池で、大正末年まで雨乞い神事が行われていた。

1.末社の祖霊社
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

4.表参道の朱の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

5.末社の今宮社( 祭神:大己貴神・大雷神・健速須佐之男命、社殿内と境内に、四神を配した石がある。)の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

6.今宮社の舞殿と拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

7.今宮社の拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

9.内陣にある朱雀石をを除いて三神石
クリックすると元のサイズで表示します

10.同上
クリックすると元のサイズで表示します

11.同上
クリックすると元のサイズで表示します

12.吉田神社本宮への登り参道
クリックすると元のサイズで表示します

13.途中の杉の巨木
クリックすると元のサイズで表示します

14.吉田神社境内図
クリックすると元のサイズで表示します

15.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

16.若宮社拝殿(吉田神社本宮は次回掲載します。)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/8

京都を見る!1.平成29年2月9つの建物が国の重要文化財に指定された百万遍・知恩寺!  文化財研修記

京都市左京区田中門前町には浄土宗知恩院、清浄華院、金戒光明寺と並ぶ京都の浄土宗四箇本山の一つ知恩寺(ちおんじ)がある。百万遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)と称され、単に百万遍とも通称する。「百万遍」は付近の交差点名及び通称地名にもなっている。山号は長徳山。院号は功徳院。本尊は阿弥陀如来。法然上人二十五霊跡第22番札所でもある。御詠歌「われはただ仏にいつか葵草 心のつまに掛けぬ日ぞなき」又、平成29年2月23日には知恩寺9棟、御影堂(附:厨子)、釈迦堂(附:棟札3枚)、阿弥陀堂(附:棟札1枚)、御廟(附:廟門(石造)、十一重塔(石造)、十三重塔(石造)、石橋、無縫塔2基(石造))、勢至堂(附:厨子、棟札2枚)、鎮守堂、鐘楼(附:棟札2枚)、総門、西門(附:手水所)が国の重要文化財に指定された。もとは皇円阿闍梨の住房比叡山功徳院の里坊で、平安時代前期に円仁が創建したものと伝えられる。賀茂社との関わりが深く、神宮寺として、御所の北、今出川(京都市上京区、現在の相国寺付近)にあった。その所在地から、賀茂の河原屋といった。円仁作とされる釈迦如来像を安置したことから今出川釈迦堂、などとも称された。法然は度々この地を訪れていた。法然が賀茂の河原屋に一時住んだのは、賀茂の神職から招かれたといわれる。法然入滅後、弟子の勢観房源智は賀茂の河原屋をついで、功徳院神宮堂とし、法然の御影を安置して、法然を開山第一世とした。念仏の道場とし、伽藍を整備し、如空のとき功徳院知恩寺と称した。元弘元年(1331)第8世善阿空円のとき、京都に疫病が蔓延し、後醍醐天皇の勅により七日念仏百万遍を行い疫病を治めたことから「百万遍」の号が下賜された。弘和2年:永徳2年(1382)相国寺が建立される際に一条小川に移された(京都市上京区油小路通一条上るに元百万遍町の町名が残る)。文禄元年(1592)には豊臣秀吉の寺地替えにより土御門(寺町通り荒神口上る)に移された。江戸時代に入り、寛文2年(1662)現在地に移転した。境内や本堂・庫裡はしばしばフリーマーケットの会場として貸し出されており、特に京都古書研究会主催で開かれる「秋の古本まつり」(会期は概ね10月末から11月初めまで)の会場となっていることで知られている。

1.国重文の知恩寺の総門
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.総門から境内を見る!
クリックすると元のサイズで表示します

4.国重文の鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な国重文の本堂(御影堂)
クリックすると元のサイズで表示します

6.本堂内の見事な須弥壇
クリックすると元のサイズで表示します

7.国重文の勢至堂
クリックすると元のサイズで表示します

8.国重文の御廟
クリックすると元のサイズで表示します

9.国重文の石橋、石造り十一重の塔、唐門
クリックすると元のサイズで表示します

10.国重文の鎮守堂
クリックすると元のサイズで表示します

11.釈迦堂
クリックすると元のサイズで表示します

12.釈迦堂内に祀られている見事な釈迦坐像
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 

2017/3/6

徳島・讃岐を見る!(最終回)39.88ヶ所霊場第84番霊場で国重文の本堂を持つ屋島寺2−2!   文化財研修記

高松市屋島東町1808の屋島山頂には88ヶ所霊場の第84番札所で真言宗御室派の古刹で、国の重文の本堂を持つ屋島寺(やしまじ)がある。律宗の開祖である鑑真が天平勝宝6年(754)朝廷に招かれ奈良に向かう途中、当地を訪れて開創し、その後、弟子の恵雲が堂宇を建立したという。その後、古代山城の屋嶋城が閉鎖されたため、その跡地に寺院を創設したものである。なお、ここから1kmほど北の北嶺山上には屋島寺の前身とされる千間堂の遺跡がある。 また、弘仁6年(815)嵯峨天皇の勅願を受けた空海は、北嶺から南嶺に移し千手観音像を安置し霊場に定めたとも云われている。明徳2年(1391)の西大寺末寺帳に屋島寺と屋島普賢寺の名があり、当時は奈良・西大寺(真言律宗)の末寺であったことがわかる。高松藩主生駒一正は慶長6年(1601)に屋島寺の寺領25石を安堵。近世を通じ、当寺は高松藩の保護下にあった。現在も国有林部分を除いて、屋島山上の敷地のほとんどは屋島寺の所有である。

1.正面参道の山門(四天門、本物は宝物館に安置されています。)
クリックすると元のサイズで表示します

2.山門をアップで見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

3.広目天像
クリックすると元のサイズで表示します

4.増長天像
クリックすると元のサイズで表示します

5.山門から本堂方面を見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

6.山門を内側から見ます!
クリックすると元のサイズで表示します

7.国重文の5間5面の和様造りで県内でも数少ない鎌倉時代の遺構です!
クリックすると元のサイズで表示します

8.本堂の見事な彫刻です!
クリックすると元のサイズで表示します

9.同上
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ