アトピー性皮膚炎の治療法  アトピー性皮膚炎
今現在解明されていない部分の多い疾患の一つとしてアトピー性皮膚炎があります。

食生活、生活環境、遺伝や人間関係、精神的なストレスなど様々な要因はあげられますが、どれとは特定できず、それらが複雑に重なって発症していると考えられています。


>> アトピー性皮膚炎で人気の治療薬ならコチラ <<


アトピー性皮膚炎の症状としては、強い痒みがあげられます。本人しかわからない痒みは、客観的にとらえることができない分かりづらい病気でしょう。

治療法としては、ステロイドを使います。ステロイドの軟膏で炎症をおさえ痒みをとめます。また、免疫を制御する作用があります。

その他、肌が乾燥してカサカサになりひどい痒みがでますが、それについては皮脂の分泌が低下しているのが原因で、かきむしって湿疹や傷ができると炎症が悪化してかえって悪くなってしまいます。

乾燥肌の保湿がたいせつで皮膚を清潔に保ち、水分や油分を十分に補給してあげる事が必要です。体を良く洗い、以前に使ったステロイドの成分を十分に落としてあげることも大切です。しかし、洗いすぎは良くないようです。

また、ステロイドばかり使っていても良くありません。ステロイドに依存しないことで、自然治癒力を高めていくことも必要のようです。

2

 

アトピー性皮膚炎の症状  アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は今現在も、解明されていない部分が多くあるアレルギー性の病気です。アトピーとは、ギリシャ語のATOPOSから由来しており、不思議な部分の多い病気という意味のようです。

食生活の変化、住居環境の変化(ハウスダストの増加)、大気汚染、インターネット、パソコン社会からくるストレス、など様々な要因が複雑にからみあい、発症していくようです。


>> アトピー性皮膚炎の症状を緩和するならココ <<


気管支喘息やじんましんといったアレルギーの一種であることは分かっていても、直接の原因がつかめにくい所から、アトピー性皮膚炎と名づけられたようです。

アトピー性皮膚炎の症状は、とにかく痒いことです。ものすごく痒いのに本人しかわからないそのつらさ、他の人が客観的に評価する事は難しいのです。

また、原因のひとつに遺伝や体質なども深くかかわっているようです。とにかく痒いという他には、しっしんや丘しんがでる、口角炎、耳切れなどの症状があります。

治療法には、ステロイドという薬が効果的です。炎症をおさえて痒みを止め、免疫を制御してくれます。しかし、ステロイドばかりにたよるのはあまり良くないとされています。

1

 

アトピー性皮膚炎の原因  アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は最近では年々増加する傾向にあります。幼児・子供から成人まではばひろく、多くの方々が苦しまれています。

しかし、決して治らない事はありません。症状的には、ひどい痒みがあげられます。かきむしって、傷をつくりさらに悪化する悪循環を起こしやすいのも特徴です。


>> アトピー性皮膚炎の原因詳細はコチラ <<


アトピー性皮膚炎の原因としては様々の要因が考えられています。
食生活の変化(穀物、魚類中心から欧米食中心に、また添加物使用が増えた)、住環境の大きな変化(住宅の気密性向上で空気流通が減ったが、ダニ、カビなどのハウスダストの増殖)などがあげられます。

また、大気の汚染、仕事環境の変化(ネット、パソコン導入によるストレスの増加)などが考えられており、特定はできないものの、これらが複雑にからみあって発症を増やしている原因と考えられています。

治療対策としては、肌の乾燥を防ぎ、体を清潔に洗い、ステロイド軟こうを使用する。それによって、炎症をふせぎ痒みをとめる。などがあげられますが、ステロイドのみに依存せず、正しい食生活や体を安静に保ち、自然治癒を後押しする事が大切と考えられます。

前向きに、必ず良くなると言う意思を持ち、医師の下で正しく対処していきましょう。

4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ