日常生活での出来事や趣味のことなど気儘に書いております。
鉄道と食べ物ネタの多いサイトですが、時間つぶしにでもご覧ください。


なお、当ブログ内の画像ならびに文章の他サイトへの引用はお断り致します。

2017/4/9

トカラ富士へ-エピローグ-  旅行記

山歩きの疲れもあって、夕食後は早くに就寝。
何故か午前3時前に目が覚めた。後で知ったが、地震があったようです。
再び寝て、起きたのは5時
クリックすると元のサイズで表示します
折角なので、天然掛け流しの朝風呂へ。

さっぱりしてから、朝ご飯とします。
クリックすると元のサイズで表示します

朝ご飯を食べていると、放送で切符販売の案内が。
ザックを宿に預け、出張所へ船の切符を買いに出掛けます。

乗船名簿に名前を記入し、職員さんに「昨日、御岳に登りました。最高の展望でしたよ。」と言うと、
職員さんは「実は御岳への登山は制限しているんです。今は工事が一段落してて、危険はないんですが。」と。
確かに舗装路は何カ所か土石流や土砂崩れを仮復旧したところがあったな。
更に職員さん、「次の工事は4ー5月に予定しているので、そのときは登れません。」と。
いやぁ、運が良かった。って、事前に登れるかは村役場に確認したのですが。

島の真ん中は台地状になっていて、牧場や資料館があるので、行ってみることに。
当然、歩きです。

クリックすると元のサイズで表示します
台地は放牧地になっています。

トカラ馬の牧場に着いたので、柵に近づいてカメラを構えると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
みんな寄ってきました。小柄なので恐怖感はあまりないですが、蹴られたらタダじゃ済まないかも。

牧場の向かいには資料館が。
クリックすると元のサイズで表示します
”開館”の札が出ていましたが、灯りはついておらず無人。
しばらく待っていたら、管理人さんが軽トラで来て入館できました。

この資料館、吐噶喇列島全体の資料が揃っています。
自然や歴史、暮らしの資料は揃っていますが、産業については殆どなし。
硫黄採掘の状況って、どんなだったのか気になりました。
応対してくれた管理人さんによると、かつての中之島にはもっと沢山の人が住んでいたそう。
縄文時代の土器も出土しているので、この島では細く長く、人の営みが続いているのです。

帰りのフェリーの運航状況は放送で伝えられます。予定通りなら諏訪之瀬島を出てるはずですが・・・
放送を聞きそびれたか?と港へ急ぎます。乗り遅れたら、つぎは3日後。

海側への坂を下っていると、放送が。「平島を出ました。」と。
なんと1時間以上遅れていたのでした。

再び坂を登る気にもなれず、港でノンビリ過ごします。
潮が引いた港内を見てみれば・・・
クリックすると元のサイズで表示します
正真正銘の天然温泉。

お昼前、港に島の方々が集まってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
突如、マーケットが出現。農産品や手芸品を買うことができます。

ただ、よく見るとサツマイモなんかも売っていて、これは島内限定流通品ですね。
晩に鹿児島で学生時分にお世話になった方と夕食をご一緒することにしているので、お土産にタンカンと島らっきょうを買いました。

汽笛が聞こえて・・・
クリックすると元のサイズで表示します
フェリーが入ってきました。

島の男性陣が荷役作業を行うなか、岸壁では物々交換が。1m超の鰆が軽トラに載せられていきました。
やがて出港。岸壁に集まった皆が手を振ります。
クリックすると元のサイズで表示します
子供達は岸壁の端っこまできて、手を振ってくれました。
たった一泊だったけど、なんかジーンとしてしまいます。

次の口之島を出港して、吐噶喇列島にお別れ。
クリックすると元のサイズで表示します

トカラ富士がだんだんと小さくなっていきました。
1

2017/4/2

トカラ富士へ-ゆったり島時間-  旅行記

最高の温泉に浸かり、「お気持ち」を入れようとしたら、脇にこんな写真が。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年の台風でしょうか、温泉の建屋が完全に倒壊しています。
恐るべき自然の力。

温泉の整備が更に進むよう、「お気持ち」は500円にしました。

クリックすると元のサイズで表示します
温泉と御岳。防波堤に囲まれているのに、暴風で倒壊するってどういうこと?

ノンビリと島の道を歩いて宿に戻れば、
クリックすると元のサイズで表示します
餌を貰っているニャンコがお昼寝。

近づいても、起きません。
クリックすると元のサイズで表示します
島ならではのゆったりとした時間が流れます。

やがて陽が傾いてきました。
宿の裏の坂道を上がって日没を待ちます。
クリックすると元のサイズで表示します
この季節はまだ虫がおらず、快適に過ごせます。

一風呂浴びた島の中学生に挨拶すると、
「今日は雲が出てるから、いい夕焼けですね。」と。
そう、最高の夕焼けが見られそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
水平線に陽が沈みます。明日もいい天気になりそう。

陽が暮れたら晩ご飯。
クリックすると元のサイズで表示します
登頂成功の祝杯として、芋焼酎のお湯割りを1杯ほど。
宿のご主人は船で出ていたようで、「お昼に山頂に居たね。」って。

明日の鹿児島行きの船はお昼前。
時間があるので、もう少し島を巡ることにします。
1

2017/3/29

トカラ富士へ-山と海と温泉と-  旅行記

丁度お昼。担ぎ上げた食材でお昼とします。
クリックすると元のサイズで表示します
絶景を見ながらの山ご飯は最高です!

食事を終えて、大海原を見ながらゆったり。
クリックすると元のサイズで表示します
至福の時間を過ごします。
ツバメが一羽、颯爽と舞いました。

日暮れまで居たい気分ですが、夕ご飯に間に合わないので下山開始。
クリックすると元のサイズで表示します
曲がりくねった道の先に水平線。

スムースに下って、出張所に到着
クリックすると元のサイズで表示します
航路開設の記念碑。村のライフラインです。

宿に戻ってザックを置いて・・・
火山島ならではのお楽しみ、温泉へ。
クリックすると元のサイズで表示します
源泉掛け流しの絶品のお湯で汗を流しました。
1

2017/3/27

トカラ富士へ-ようやく頂へ-  旅行記

お鉢巡りの最底部から、左に噴気をみながら登ります。
クリックすると元のサイズで表示します
石積みは硫黄の採取場、戦前まで採取が行われていたとか。

火口には泥が溜まっています。
クリックすると元のサイズで表示します
浸かったら泥湯でしょうか?

反対側を見れば・・・
クリックすると元のサイズで表示します
大海原! 口之島と遙か彼方に屋久島が見えました。

途中、足場の悪いところでルート選びにちょっと苦労しましたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
鞍部で石文字?を見つけたり、

クリックすると元のサイズで表示します
礫の急斜面を登ったりして・・・

ようやく火口縁の西側へ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
お昼近くになって、強風が収まってきました。
北へ向かう舟影が見えました。琉球海運のRORO船のようです。
あとで調べてみたら、どうやら「しゅれい」らしい。

クリックすると元のサイズで表示します
火口全景を見渡します。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂への稜線を歩いて・・・

クリックすると元のサイズで表示します
山頂に到着!
手作り感満載の山頂標や展望案内板は、台風でボロボロでした。
中之島小中学校の児童・生徒さんが書いたのかな?
「がんばった。ほら、ついた」と。

ちょうどお昼。絶景を眺めてのお昼ご飯とします。 
1

2017/3/26

トカラ富士へ-山頂に向けて-  旅行記

小休止のあと、いざ登山道へ。
クリックすると元のサイズで表示します
道の両側には琉球竹が茂り、ドコへ進むのか・・・

所々、道のど真ん中に琉球竹が生えている箇所もあり、切り倒しながら登っていきます。
竹藪から抜けたら・・・
クリックすると元のサイズで表示します
こんどは草っぱら。足元に注意しながら歩を進めます。
振り返れば・・・
クリックすると元のサイズで表示します
絶景が広がります。島影は諏訪之瀬島

両側の草の背が低くなってくれば、山頂は間近です。
ここで案内標が。
クリックすると元のサイズで表示します
逆光で見えづらいですが、「火口まで170m」
なぜ「山頂」じゃないんでしょうか。

遮るものが無くなってくると、風が強くなってきました。
日差しは春ですが、海からの風は冷たいです。
不思議な気持ちになりながら、稜線まで登りきると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
御岳の火口の縁に着きました。こりゃ絶景!

クリックすると元のサイズで表示します
こわごわ見下ろせば、棚田状の石積みが見えました。

この御岳、地図を見れば火口の縁を廻ることができそうです。運良く、縁の一番低いところが風上になるので、火山ガスに巻かれることもなく行けると判断し、山頂を踏むのを後にして反時計回りのお鉢巡りに出発!
クリックすると元のサイズで表示します
火口縁を越えた噴気が襲ってきます。硫化水素臭が強いので、縁から離れてやり過ごします。

クリックすると元のサイズで表示します
風上に来てしまえば楽勝! 躓かないように慎重に下って・・・

クリックすると元のサイズで表示します
お鉢で一番低いところに到着。日本らしからぬ風景ですな。
ここから山頂に向けて再度の登りになります・・・
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ