『ウエスト・サイド物語 シネマティック・フルオーケストラ・コンサート』  ミュージカル関係

今日は午後から娘と一緒に銀座に出て、
皮製品の店での買い物に付き合い、

クリックすると元のサイズで表示します

東京ミッドタウン日比谷を訪れ、

クリックすると元のサイズで表示します

いつも行く中華料理屋で腹こしらえをした後、

クリックすると元のサイズで表示します

ここ、国際フォーラムへ。

クリックすると元のサイズで表示します

ホールAで、

クリックすると元のサイズで表示します

↓のコンサートに参加しました。

クリックすると元のサイズで表示します

これです。

クリックすると元のサイズで表示します

バーンスタイン生誕100周年を記念した、
「ウエスト・サイド物語」のフルオーケストラ付きの上映会
こういう生演奏付き上映イベントはどんどん増えていますが、
「ウエスト・サイド物語」ときては、
行かざるをえません。

1957年、ブロードウェイでの初演以来、
世界中で上演され続けている、
ミュージカルの金字塔です。

1961年映画化され、

クリックすると元のサイズで表示します

アカデミー賞を10部門で受賞した名作中の名作。
たびたびリバイバルされ、
その都度、観るはめに。

「午前十時の映画祭」の特別試写会で観た時のことは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20100131/archive

「午前十時の映画祭」で観た時のことは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110812/archive

今回の上映は、オーケストラ付き。
新しい音響技術により、
歌、台詞、効果音をトラックに残しながら、
オーケストラの演奏部分のみを機械に認識させ、分離。
これにより、映画の音源である歌に合わせて
オーケストラが生演奏を行うことが可能になったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ことはそう簡単ではありません。
楽譜がないのです。
映画製作時の演奏で使われた
オリジナルの編曲資料は全てなくなってしまっており、
14か月に及ぶ調査の結果、
アメリカ中の図書館のアーカイブや個人のコレクションの中に
宝物ともいうべき資料を数多く発見。
また、映画版の編曲を担当したシド・ラミン、
指揮者・音楽監督のジョニー・グリーン、
監督のロバート・ワイズ、
プロデューサーのウォルター・ミリッシュの個人所蔵アーカイブからも
数々の資料が発見され、
映画版の全スコアを完成させるのに必要な
素材を揃えることができたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

本公演の生演奏用にオーケストレーションを復元・再構築したのは、
バーンスタイン事務所のシニア・ミュージック・エディターである
ガース・エドウィン・サンダーランド
スコアの再構築を仕上げた後は、
新たに完成した譜面と
サウンドトラックアルバムとの照合作業が必要で、
映画版の音源には映像編集者の手で
数々のカットや微調整が加えられており、
こうしたディティールをも譜面に反映する必要があったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最後に残された作業は、
映画とシンクロして生演奏する際に
指揮者が必要とする情報を、正確にスコアに落とし込むこと。

それには幾つかのシステムを用いることになり、
まず、指揮者とミュージシャンがヘッドホンを通じて、
劇中のそれぞれのキーポイントで
映画のテンポを示すきっかけ音を聞き取れるように設定し、
指揮者用のビデオモニター画面上で、
曲の導入部や終わり、テンポの上げ下げ、
きっかけ音が入るタイミングなどを知らせる
カラーバーを表示したりしました。

これらすべての結晶として出来上がったのが、
このコンサートなのです。

2011年6月にハリウッドボウルにて初演され、

クリックすると元のサイズで表示します

今回はバーンスタイン生誕100周年を記念してのコンサート。
指揮は、バーンスタインの最後の愛弟子、佐渡裕で、
恩師バーンスタインに捧ぐ、
佐渡裕の「ウエスト・サイド物語」でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

演奏プログラムは次のとおり。

1 部

1. OVERTURE 序曲
2. PROLOGUE プロローグ
3. JETS SONG ジェット・ソング
4. SOMETHING'S COMING 何かが起こりそう
5. DANCE AT THE GYM 体育館でのダンスパーティー
 5A. BLUES ブルース
 5B. PROMENADE  プロムナード
 5C. MAMBO マンボ
 5D.CHA-CHAチャチャ
 5E. MEETING SCENE 出会いのシーン
 5F. JAMP ジャンプ
6. MARIAマリア
7. AMERICAアメリカ
8. BALCONY SCENEバルコニーシーン
9. GEE, OFFICER KRUPKEクラプキ巡査への悪口
10. COAT OVER SHOULDERジャケットを肩に掛けるトニー

休憩 20 分

2 部

11. I FEEL PRETTY アイ・フィール・プリティ
12. ONE HAND, ONE HEART ワンハンド・ワンハート
13. TONIGHT トゥナイト
14. THE RUMBLE決闘
15. ROOFTOP ルーフトップ
16. HE KILLED YOUR BROTHER彼が兄さんを殺した
17. KILLER, KILLER人殺し!
18. SOMEWHERE サムホエア
19. A-RAB SHADOWS ママ
20. COOLクール
21. THANKS, DADDY-O ありがとう、兄貴
22. A BOY LIKE THAT AND I HAVE LOVE あんな男に〜私は愛している
23. TAUNTING SCENEあざけりの場面
24. FINALEフィナーレ
25. END TITLE エンド・タイトル

舞台の休憩は「決闘」の後に入りますが、
このコンサートは独自の休憩。
第1部と第2部の切れ目は、
一日目と二日目の切れ目
そう、この映画は2日間の出来事なのです。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の席は↓。

クリックすると元のサイズで表示します

アップ。

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりは、M席といい、
前方すぎて、スクリーンの下部が一部見えない席。
通常のS席より500円安い。
S席は良い席は全く残っていなかったので、
この席を選定。
オーケストラの音がよく聴こえるだろうと期待しました。

会場に入って、席に行ってびっくり。
オーケストラボックスに舞台を設定したことで、
最前列になっていたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

見え方は、↓。

クリックすると元のサイズで表示します

指揮者の姿が常に画面にかぶります。

1階の一番後から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

遠いですね。

音響調整台から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

この位置が一番音響的にすぐれた席になります。

開演時間約10分前に佐渡裕のオープニングトークがあり、
小学校5年生の時に初めて小遣いで買ったレコードが
バーンスタインの「マーラー交響曲第1番」だったといいます。
もうその時に師弟関係は出来ていたんですね。

100名のフルオーケストラ付きの上映が始まると、
泣きそうになりました。

最前列なので、
スピーカーを通さない、
生のオーケストラの演奏が耳に届きます。

舞台の一番前に置かれた↓のスピーカーは、セリフや歌を
前の方の列の観客に伝えるためのもの。

クリックすると元のサイズで表示します

ある程度から後の観客は、
左右の大きなスピーカーからの演奏音と歌声で聴くことになります。

つまり、私たちの席は、
本当の生演奏が聴ける、最高の席

しかし,観ていて、
これは大変なことだと分かりました。
演奏に歌を合わせるのではなく、
歌に演奏を合わせるのです。
1音遅れても、早くても、台無しになります。

指揮者の譜面台の向こうにあるディスプレイには、
白だの緑だの赤だのバーが左から右に移動しています。
どうやら、最初の白いバーで準備をし、
緑のバーが一番右端に来た時が
タクトを振り下ろす時のようです。

トークで佐渡さんが
「テレビゲームのようなことをする」
と言っていましたが、
まさに音ゲー(音楽ゲーム)。
佐渡さんは、
「バーンスタイン先生なら、引き受けないでしょう」
とも。

演奏が終了した後、
佐渡さんは涙ぐんでいました。
師匠の最高傑作の指揮をすることが出来て、
感無量だったのでしょう。

映画の方は、
今観ても、音楽と振り付けは斬新
古びていません。
特に振り付けは、
これ以上のものがまだ現れていないのでしょう。

私が初めて観たのは、
1962年春
中学2年生の時。
夢中になりました。

それから56年たって、
生演奏のオーケストラ付きで観られるとは。
なんという幸福。
娘と共に至福の夜を過ごしました。

公式予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/xXqxVDnRJkk

ニューヨークの2009年再演を観た時のことは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20090913/archive


トニー賞授賞式  ミュージカル関係

今日は、朝9時から
第72回トニー賞授賞式
アカデミー賞授賞式のある2月から
トニー賞授賞式のある6月までが
WOWOWの契約期間となります。

いつに変わらぬ素晴らしいパフォーマンスの数々を観ながら、
どの部分をブログで紹介しようか、
と考えていて、
はっと思い当たりました。

デジカメを修理に出してしまった!

先週火曜日、有楽町に出た時、
ビックカメラに修理を依頼して預けてしまったのです。
ちょっと先が読めなかった。

従って、
今日は放送関係なしのレポートになります。


トニー賞の対象作品は、
ニューヨーク・ブロードウェイの劇場で、
昨年5月から今年4月までの間に初演を迎えた作品。

特に、膨大な資金が必要なミュージカルは
新作が少なく、
今年はわずか7作品。
(前年は12作品)
その中でも優秀な作品は限られますので、
少数の作品に候補が集中してしまいます。

今年の新作ミュージカル作品賞候補は、
次の4作品。

アナと雪の女王
ミーン・ガールズ
スポンジボブ
迷子の警察音楽隊

うち、「アナと雪の女王」は3部門
「ミーン・ガールズ」「スポンジボブ」は各12部門
「迷子の警察音楽隊」は11部門にノミネート。
いかに寡占状態かが分かるでしょう。

「アナと雪の女王」は、
大ヒットディズニーアニメ映画のミュージカル化。
「リメンバー・ミー」でアカデミー歌曲賞を獲得した
ロペス夫妻の作曲です。

クリックすると元のサイズで表示します

「ミーン・ガールズ」も、
2004年公開の映画のミュージカル化。

クリックすると元のサイズで表示します

「スポンジ・ボブ」は人気アニメのミュージカル化。

クリックすると元のサイズで表示します

「迷子の警察音楽隊」は、
2007年公開のイスラエル映画のミュージカル化。
オフ・ブロードウェイでの評価が高く、
ブロードウェイに進出した作品。

クリックすると元のサイズで表示します

つまり、4作品全てが映像から舞台へという経過をたどったもの。
この傾向はますます広がりそうです。

それぞれの作品の動画は、↓をクリック。

アナと雪の女王

ミーン・ガールズ

スポンジボブ

迷子の警察音楽隊


一方、リバイバル・ミュージカル作品賞の候補は、

マイ・フェア・レディ
回転木馬
アイランド

の3作品。

「マイ・フェア・レディ」は、
アラン・J・ラーナーとフレデリック・ロウのコンビの作品で、
1956年の初演以来、
4度目のリバイバル。
視点が今の「Me Too」運動を反映してか、
自立性の高いイライザとなっているそうです。

「回転木馬」は、
リチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタインU世のミュージカル。
1945年の初演以来、
今回が3度目のリバイバル。
ダンス重視の演出がされ、
回転木馬はダンサーのダンスで表現されています。

「アイランド」は、
「アナスタシア」のソングライターコンビである
リン・アーヘンスとステファン・フラハティの手がけたミュージカル。
1990年の初演以来、初のリバイバル。

それぞれの動画は、↓をクリック。

マイ・フェア・レディ

回転木馬

アイランド


演劇(ストレートプレイ)の作品賞候補は、

チルドレン
ファリネッリ・アンド・ザ・キング
ハリー・ポッターと呪いの子
ジャンク
ラテン・ヒストリー・フォー・モロンズ

演劇リバイバル作品賞候補は、次の5作品。

エンジェルス・イン・アメリカ
幸せの背くらべ
氷人来たる
ロビー・ヒーロー
トラヴェスティーズ



授賞結果は、

ミュージカル部門では、
「迷子の警察音楽隊(The Band’s Visit)」が、
次の10部門で受賞。

作品賞
主演男優賞(トニー・シャルーブ)
主演女優賞(カトリーナ・レンク)
助演男優賞(アリエル・スタッチェル)
演出賞(デヴィッド・クローマー)
脚本賞
照明デザイン賞
音響デザイン賞
オリジナル楽曲賞
(デヴィッド・ヤズベック)
編曲賞

「回転木馬」が次の2部門で受賞。

助演女優賞(リンジー・メンデス)
振付賞

次の作品が各1部門で受賞。

「アイランド」:リバイバル作品賞
「スポンジボブ」:装置デザイン賞
「マイ・フェア・レディ」:衣装デザイン賞

演劇部門では、

「ハリー・ポッターと呪いの子」が次の6部門で受賞。

作品賞
演出賞(ジョン・ティファニー)
装置デザイン賞
衣装デザイン賞
照明デザイン賞
音響デザイン賞

「エンジェルス・イン・アメリカ」が次の3部門で受賞。

リバイバル作品賞
主演男優賞(アンドリュー・ガーフィールド)
助演男優賞(ネイサン・レイン)

「幸せの背くらべ」が次の2部門で受賞。

主演女優賞(グレンダ・ジャクソン)
助演女優賞(ローリー・メトカーフ)


ところで、
「エンジェルス・イン・アメリカ」は2部構成で、
1部、2部共に4時間を越す大作。
「ハリー・ポッターと呪いの子」も2部構成で、
1部2時間40分、2部2時間35分と、
5時間を越える大作。
実は、物語が2部を観て初めて判然とすることがあり、
そこで、第1部を観た観客に対して出口で
「秘密を守ります」という缶バッヂを配り、
第2部を観た時も同様の缶バッヂをいただく。
ただし、第1部の缶バッヂを持参した人にしか、
第2部の缶バッヂは配らないということになっているそうです。
どんな話なんでしょうね。

しかし、トニー賞授賞式が終わると、
何だか空気が抜けたみたいになってしまいます。



4Stars 2017  ミュージカル関係

今日は昼過ぎから
国際フォーラムへ。

クリックすると元のサイズで表示します

通路にあったツリー。

クリックすると元のサイズで表示します

下では、即売会が行われています。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の目的地は、ここ、

クリックすると元のサイズで表示します

ホールCです。

クリックすると元のサイズで表示します

ホールAの5012席ほどバカでかくはないですが、

クリックすると元のサイズで表示します

座席数1502席の大劇場。
音響設備が評判です。

クリックすると元のサイズで表示します

行事は、これ。

クリックすると元のサイズで表示します

「4Stars 2017」
世界のミュージカルの4大スターを集めてのコンサート。
4人は誰かというと、
↓の4人。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、ラミン・カリムルー

クリックすると元のサイズで表示します

イラン生まれのカナダ人。39歳。
「レ・ミゼラブル」ではマリウス、アンジョルラス、ジャン・バルジャンを、
「オペラ座の怪人」ではラウル、ファントム役を演じています。
2012年の「オペラ座の怪人25周年記念公演」でも
ファントム役を演じているから、実力は確か。

次は、シエラ・ボーゲス  Sierra Boggess

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカ生まれ。35歳。
ディズニーの「リトル・マーメイド」のオリジナルのアリエル、
「スクール・オブ・ロック」のロザリー、
「ラブ・ネヴァー・ダイズ」のクリスチーヌを経て、
「オペラ座の怪人25周年記念公演」でクリスチーヌを演じました。
演出家のハロルド・プリンスが、
「世界最高のクリスチーヌ」と絶賛。
確かに、今までで観たどのクリスチーヌよりも
容姿、歌唱が適役でした。
「オペラ座の怪人25周年記念公演」での
ファントムとクリスチーヌが揃うとは、すごいことです。

日本から 城田優 Yu Shirota。32歳。

クリックすると元のサイズで表示します

「エリザベート」のトート、
「ロミオとジュリエット」のロミオ役を演じています。
前回の2013年版の時は、
「この世界的な3人に混じって、大丈夫か」
と心配しましたが、
さしたる見劣りもせず、
堂々と渡り合っていたのに感心しました。
その実績で、今回も起用されました。

以上の3人は2013年版と同じメンバーで、
そして、4人目。
前回はレア・サロンガ
「ミス・サイゴン」の初代キムでしたが、
今回は不参加。
代わりにパティーナ・ミラーという方が参加するはずでしたが、
都合によりキャンセルし、
急遽、シンシア・エリヴォの出演が決定。

クリックすると元のサイズで表示します

初期発券のチケットには、
パティーナの名前が載っており、
その後のチケットではシンシアの名前が掲載されています。

クリックすると元のサイズで表示します

このシンシアという方がすごい方で、
「カラーパープル」でトニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞。
ブロードウェイデビューでの快挙です。
特に、「I'm Here」を歌った時には、
客席が全員スタンディングオベーションをして、
舞台の進行がストップしたという伝説があります。
その生歌が今回のコンサートでは聞くことが出来ます。

舞台は、左右の階段に囲まれてオーケストラが陣取り、
階段の先の横の空間がほどこされた立体感覚。
そのあちこちから登場する歌手たちが、
次の41曲を歌います。

第1幕

01.Corner of the Sky(ピピン)全員
02.パート・オブ・ユア・ワールド(リトルマーメイド)シエラ
03.ネバーランド(ファインディング・ネバーランド)ラミン
04.マリア(ウエスト・サイド・ストーリー)優[スペイン語]
05.カラー・パープル(カラー・パープル)全員

06.Muddy Water(ビッグ・リバー)ラミン、優
07.Another Day of Sun(ラ・ラ・ランド)シエラ、優
08.Where You Are(蜘蛛女のキス)シンシア
09.ロクサーヌのタンゴ(ムーラン・ルージュ)優
10.ククルクク・パロマ(トーク・トゥ・ハー)ラミン

11.アルゼンチンよ泣かないで(エビータ)シンシア
12.闇が広がる(エリザベート)ラミン、優[日本語]
13.Something There(美女と野獣)シエラ、優
14.私のお気に入り(サウンド・オブ・ミュージック)シエラ、優
15.Worlds Apart(ビッグ・リバー)ラミン

16.カフェ・ソング(レ・ミゼラブル)ラミン
17.私だけに(エリザベート)シエラ[日本語]
18.僕こそ音楽(モーツァルト!)優[日本語]
19.Hello Young Lovers/We Kissed in a Shadow(王様と私)シエラ、ラミン
20.僕は怖い(ロミオ&ジュリエット)優[日本語]

21.Aimer(ロミオ&ジュリエット)シエラ、ラミン
22.君住む街で(マイ・フェア・レデイ)ラミン
23.踊り明かそう(マイ・フェア・レデイ)全員

第2幕

24.Everyday Princess(The Princess and the Frog)シンシア
25.カラー・オブ・ザ・ウィンド(ポカホンタス)シエラ

26.美女と野獣(美女と野獣)シンシア、優
27.輝く未来(塔の上のラプンツェル)シエラ、カリム、優
28.Only with You(Nine)カリム
29.Unusual Way(Nine)カリム
30.人生の苦しみ(アイーダ)シンシア

31.蜘蛛女のキス(蜘蛛女のキス)優
32.墓場にて(オペラ座の怪人)シエラ
33.ミュージック・オブ・ザ・ナイト(オペラ座の怪人)ラミン
34.Losing My Mind/Not A Day Goes By(ソンドハイム・オン・ソンドハイム)シンシア、シエラ
35.The Journey Home(ボンベイ・ドリーム)ラミン

36.Home(ファントム)シエラ
37.彼を帰して(レ・ミゼラブル)ラミン
38.I’m Here(カラー・パープル)シンシア
39.Anthem(チェス)全員

アンコール

40.Where Did the Rock Go(スクール・オブ・ロック)シエラ
41.Take Me to Heaven(シスター・アクト)シンシア

冒頭で城田優の簡単なコメントと歌手の紹介があった以外、
トークは全くなし
41曲が途絶えることなく続きます。
それがブロードウェイあり、ウエストエンドあり、
ウィーンあり、フランスあり、インドあり、
そしてディズニーありと、
素晴らしい選曲

歌が四人揃って、うまいこと,うまいこと
会場がビリビリ震えるほど、声量がある。
歌で人を感動させるとは、
こういうことかと、思わされます。

そして、四人がみんな違う声質なのに、
調和が保たれています。
演出はサラナ・ラパイン
センスがいい。
オーケストラも極上の出来。
指揮者がピアノもシンセサイザーも弾きながら指揮するという多彩ぶり。
ダンサーも要所要所で登場。

ブロードウェイでもウエストエンドでも観られない
この顔合わせの
素晴らしいコンサート。
どの曲も素晴らしく輝く、
こんなことは奇跡でしょう。

休憩を含めて2時間半。
年末に極上の時間をすごさせていただきました。

実は、このコンサート、
2013年は観たし、
今回はレア・サロンガが出ないし、
でスルーするつもりでしたが、
娘が先週の土曜日、観に行って、
「素晴らしいから、行くべき」
とメールが入り、
急遽リピーター割引のチケットを
会場で取ってもらったのです。
いい娘を持ったものです。

つくづく感じるのは、
音楽に対する感性を親から与えてもらった幸運。
親に感謝してもし尽くすことはありません。

このコンサートは、明日(28日)まで。
2時の回は若干残っているかも。

公式動画は↓をクリック。

https://youtu.be/cFB1IAM2V4E

「カラーパープル」の動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/HbL73Nml7LU

前回2013年版を観ての感想ブログは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20130620/archive



ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』  ミュージカル関係

昨日のこと。
昼前に渋谷に出て、
前から気になっていた、この店↓で、

クリックすると元のサイズで表示します

お昼を。

クリックすると元のサイズで表示します

トンテキ定食。

クリックすると元のサイズで表示します

200グラム以上あると思われる豚肉のステーキ。

クリックすると元のサイズで表示します

これで1050円は安い。
お店は大繁盛。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、すぐ近くのヒカリエへ。

クリックすると元のサイズで表示します

シアター・オーブ

クリックすると元のサイズで表示します

この作品↓を鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

ジョニー・デップ主演の「ネバーランド」(2004)
と同じ題材。

クリックすると元のサイズで表示します

19世紀後半のイギリス。
新作の上演がうまくいかず
落ち込んでいた劇作家バリは、
ケンジントン公園で
未亡人シルヴィアと4人の子ども達と出逢う。
父親を亡くした三男ピーターは
悲しみを乗り越えるため、
自らの純粋な心を閉ざし、
大人になろうとしていた。
しかし劇作家バリと交流を深めていくうちに、
「物語(小説)」という「想像」が生み出す
輝かしい世界に希望を見いだし始め、
同時に、自分の夢や希望を捨てることが
大人になることではないと悟る。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな風に成長するピーターや、兄弟たちの無邪気さをみて、
バリも劇作家としての自分の原点を思い出す。
「劇(play)とは遊び(play)だ、
自分の純粋な気持ちに正直になっていいんだ」と。
そして自分が空想した世界を基に「ピーターパン」の物語を作る。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、舞台は初日を迎えるが、
それは、別な悲しみの始まりだった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

イギリス・スコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリー
「ピーター・パンあるいは大人になりたがらない少年」
が初演されたのは、1904年。
高尚な芝居が求められた当時のロンドンで
ファンタジーは無謀ともいえるチャレンジだった。
その作品が出来るに当たって、
実際に、作者バリーと未亡人一家との間に交流があり、
その交わりの一つ一つが、劇の要素を作っていく。
バリは一家との交流を通じて、
「ネバーランド」を「発見」したのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

「ピーター・パン」といえば、
空想力、想像力によって作られた、
それまで誰も観たことのない世界を現出してみせた。
その背後にあった
作者と少年一家の交わりが胸を打つ。

クリックすると元のサイズで表示します

特に後半、
バリーの想像力が結実して現実の舞台と化し、
「劇(play)と遊び(play)は同じ」
の歌をはじめ、
瀕死のシルヴィアの前での上演、と連なる展開に
感動の風船が次々とはじけて、
涙がこぼれた。
人間というものが想像力を持っていることへの讃歌だと言える。

クリックすると元のサイズで表示します

現実と想像が混同する仕掛けがうまく機能し、
歌とダンスがほどよくブレンドする。
そして、歌が感情を盛り上げる。
この感動はミュージカルを観る喜びというものだ。

作曲は、イギリスの人気ポップ・グループ「テイク・ザット」の
ゲイリー・バーロウ
美しい、佳曲が続く。
演出は、ダイアン・パウルス(「ピピン」、「ヘア」)。

歌手たちの素晴らしい歌唱力。
まさに来日公演の良さが出た、
高い質の舞台が展開する。

クリックすると元のサイズで表示します

ハイライト・シーンは↓をクリック。

https://youtu.be/L1dC-w-rciw

ビリー・タイの歌を聴きたい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/vcWw1NgivLs

紹介ビデオは、↓をクリック。

https://youtu.be/_TiXjEKTVxw

「Neverland」を聴きたい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/NuRU8EbPi3w

「Believe」を聴きたい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/sv8fCTYQebQ

「All That Matters」を聴きたい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/unCxcMIpodg

「When your feet don’t touch the ground」を聴きたい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/HPAZ5sVnsnk

カーテンコールになったら、
周囲の観客がカメラを出して、
堂々と撮りだしたので、
どうしたのかと思ったら、
字幕スクリーンに
「只今から撮影可能です」
の文字が。

そこで、カメラでパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

常日頃、「カーテンコール」は撮影してもいいのではないか、
と思っていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

これは、嬉しいサービス。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

幕の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

↓はプログラム

クリックすると元のサイズで表示します

買うための列に並んでいると、
隣に「特典引換所」というのがあり、
チケットを手にした人がプログラムをもらっている。
ふとチケットを見ると、
「公演プログラム1冊付き」
と書いてあるではないか。↓

クリックすると元のサイズで表示します

私の席は、S席の良い席が残っていなかったので、
中央の2000円高いプレミアム席。
プログラム付きとは知らなかった。
これで差額分は回収。
プログラムを買った後に気付かなくてよかった。

当日配付されていたチラシの中から気になる公演を。

来年7月の「エビータ」来日公演。

クリックすると元のサイズで表示します

「メリー・ポピンズ」は日本人キャスト版。
ロンドンとニューヨークで観たが、
あまり感心しなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

大竹しのぶのブランチか。どんなだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

あの原作をどうな風に舞台化するのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

9月30日までとなっていますが、
12月10日までやっています。
娘は既に観ました。

クリックすると元のサイズで表示します


トニー賞授賞式  ミュージカル関係

今日は、トニー賞の授賞式
(ニューヨーク時間は6月11日)

WOWOWの生放送で拝見しました。

クリックすると元のサイズで表示します

会場は、いつものラジオ・シティ・ミュージックホール

クリックすると元のサイズで表示します

今年の司会はケヴィン・スペイシーです。

クリックすると元のサイズで表示します

オープニングは候補作を上手に織りこんだパフォーマンス。

クリックすると元のサイズで表示します

トニー賞授賞式のお楽しみは、
ミュージカル作品賞候補のパフォーマンス
一つのパフォーマンスに費用が1千万円かかるそうですが、
宣伝費と考えれば安いもの。
なにしろワンステージの入場料でペイしてしまいますから。

まず、「カム・フロム・アウェイ」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

9・11の際、
カナダの田舎町に着陸した飛行機の
乗客と地元民との交流を描く作品で、
12人の役者が100人にも及ぶ人物を演じ分けます。
制作費の関係で、
雇える役者の数が足りず、苦肉の策が、
逆に功を奏したようです。

ディア・エヴァン・ハンセン」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

高校生が主人公となり
SNS依存など現代の問題を描く物語です。

映画をミュージカル化した「恋はデジャ・ブ」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

主人公は、タイムスリップの狭間に迷い込み、
同じ日を何度も何度も繰り返すはめに。
そのうち予測して対応するようになり・・・

ウォー・ペイント」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

化粧品ブランドを立ち上げた
実在の二人の人物の葛藤を描きます。
ダブル主演のクリスティン・エバーソール
パティ・ルポン
どちらもトニー賞2度受賞のベテラン。
そして、二人ともミュージカル主演女優賞にノミネート。
結果は二人とも受賞を逃して、めでたしめでたし。

ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

トルストイの「戦争と平和」を元に、
資産家の伯爵と社交界の美女との複雑な関係の物語。
劇場を改造し、客席と舞台が渾然一体となったユニークな作品。

次の3作品はミュージカル・リバイバル作品賞候補。

ミス・サイゴン」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

エヴァ・ノブルザダ
ロンドン公演に引き続き
主役のキムを演じて、
ミュージカル主演女優賞にノミネートされましたが、
惜しくも受賞を逃しました。

ファルセットズ」↓。

クリックすると元のサイズで表示します

1970年代のアメリカを舞台に
同性愛や離婚など
様々な愛のかたちを描く作品。

もう一つのミュージカル・リバイバル作品賞候補の
ハロー・ドリー!」は、
挿入歌を一人が幕前で歌うという質素さ。

クリックすると元のサイズで表示します

ベット・ミドラーのバフォーマンスを期待した人には肩すかし。

なにしろ、この作品、
公開されているのは、
↓の写真1枚。

クリックすると元のサイズで表示します

あとは劇場で観てね、という徹底ぶりです。

作品賞候補ではないものの、
振り付け賞受賞の「バンドスタンド」↓のパフォーマンス。

クリックすると元のサイズで表示します

第二次世界大戦から帰還した元米兵たちがバンドを結成する話。
役者が楽器を演奏するのがミソ。

ラジオ・シティ・ミュージックホールの
ロケットガールのダンス↓も素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

プレゼンターには、
スカーレット・ヨハンソン、ウーピー・ゴールドバーグ、
アナ・ケンドリック、ユマ・サーマン、
グレン・クローズ、オーランド・ブルーム、
ジョン・レジェンド、マーク・ハミル
などの
豪華メンバーが登場。

楽曲賞は、「ラ・ラ・ランド」を手がけた
ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール
「ディア・エヴァン・ハンセン」で受賞。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカル主演男優賞を
「ディア・エヴァン・ハンセン」のベン・プラット

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカル主演女優賞を
「ハロー・ドーリー!」のベット・ミドラーが獲得。

クリックすると元のサイズで表示します

演劇作品賞を「オスロ」、
演劇リバイバル作品賞を「ジトニー」が、
演劇主演男優賞に「プレゼント・ラフター」のケヴィン・クライン
演劇主演女優賞には「人形の家 パート2」のローリー・メトカーフ
それぞれ受賞。
初ノミネートのケイト・ブランシェットは受賞を逃しました。
欠席してましたけどね。

ミュージカル・リバイバル作品賞は
ハロー・ドーリー!」が

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージカル作品賞は「ディア・エヴァン・ハンセン」が受賞。

クリックすると元のサイズで表示します

「ディア・エヴァン・ハンセン」は6部門の最多受賞でした。

トニー賞も71回。

クリックすると元のサイズで表示します

一度観てみたいと思いますが、
タキシード着用が義務付けられています。





AutoPage最新お知らせ