映画『泣き虫しょったんの奇跡』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

脱サラ棋士・瀬川晶司

クリックすると元のサイズで表示します

の自伝的小説↓を映画化。

クリックすると元のサイズで表示します

センスの無い題名だが、
これは原作本の題名そのまま。
コミックも出ているし、
変えようがなかったのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

「しょったん」こと瀬川晶司は、隣に住む
同級生の鈴木悠野と将棋を指す毎日だった。

クリックすると元のサイズで表示します

父親の薦めで町の将棋クラブに行き、
めきめき腕を上げる。
しかし、中学生名人戦で優勝できなかった鈴木は受験勉強に専心、
瀬川だけは日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である
新進棋士奨励会に入会し、プロ棋士を目指す。
しかし、奨励会は26歳の誕生日までに
四段にならないと退会しなければならない鉄の掟があり、
瀬川は三段までは順調に勝ち進んだが
三段リーグで足踏みをし、
持ち前の優しさから何度も勝利を逃し、
ついに26歳を迎え奨励会を退会する。

会社勤めの傍ら将棋を指していた瀬川は、
アマチュアの名人になり、
35歳の時、再びプロに挑戦しようとするが、
そこには奨励会出身者に限るという、
連盟の鉄の規則が立ちはだかっていた・・・

という話(実話)を、
かつて奨励会に在籍していたという豊田俊晃監督が
実に丁寧に描いてみせる。

前半は、瀬川が、次々に脱落していく奨励会の仲間たちを横目で見つつ、
自分も落ちこぼれていく過程、

クリックすると元のサイズで表示します

後半は、再び将棋の喜びに目覚めた瀬川が
再度挑戦に立ち上がる姿。

クリックすると元のサイズで表示します

基本は、一度挫折した人生の再生だが、
プロの世界の厳しさをしっかりと描いているから、
説得力がある。

そして、根本に「好きなことをしていけたら人生は幸福」という
テーマが存在し、
夢に邁進し、実現する素晴らしさが
観る人に抵抗なく受け入れられる。

将棋一筋に打ち込み、
26歳の壁を越えられずに去って行った沢山の人たちの
苦衷を思うと、胸が痛む。
一体どうやって、その後の人生を送ったのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

子供の求めるものを前向きに捉えてくれる女性教師(松たか子)、
息子の人生を「やりたいことをやればいい」と肯定的に認めてくれる父親(國村隼)、
二人の少年の才能を応援する将棋クラブの席主(イッセー尾形)、
挫折後の瀬川の将棋の価値を認め、
プロ認定に力を注いでくれるアマ強豪(小林薫)、

クリックすると元のサイズで表示します

そして終生のライバル、隣家の鈴木(野田洋次郎)と
瀬川を演ずる松田龍平らが
素晴らしい演技で物語を支える。

クリックすると元のサイズで表示します

その他、奨励会の仲間たちゆきずりの応援者など、
沢山の人が瀬川の人生を応援してくれる。
だから、最後のプロ編入試験の対局で
瀬川の脳裏をよぎる、様々な言葉に胸がつまる。

クリックすると元のサイズで表示します

脚本・演出が見事で、テンポもリズムもよい。
物語に大きな起伏がないのは、
実話の素材そのものを大切にし、 
敵役の設定等の定番を監督が避けたためと思われる。
淡々としているが、
物語の根本を流れる物語性が、最も強いドラマを形作っている。

ただ、登場人物が多いわりには説明がないので、
この人、誰?と思いつつ物語が進むのがもどかしい。
思い切ってその部分は字幕で説明するのも案の一つだと思うが。

クリックすると元のサイズで表示します

なお、私は将棋は駒の動かし方程度、
囲碁に至ってはルールさえ知らない。
その立場でも面白く観れた。
対局の最後に、一方が「負けました」と認め、
一方が「ありがとうございました」と返す、
その潔い姿が心地よい。
それにしても、正座
あぐらをかいてはいけないのだろうか。

5段階評価の「4.5」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/P1kIrq1yMEo


なお、奨励会退会後、アマチュアからプロ編入試験を経て
プロになった棋士が主人公のミステリーに
柚月裕子の「盤上の向日葵」がある。
その紹介ブログは、↓をクリック。

小説「盤上の向日葵」



映画『判決、ふたつの希望』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

珍しいレバノンの映画

レバノンは、ここ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

西に地中海、南はイスラエルと接し、
その他はシリアに囲まれている。
面積1万400平方キロ、
人口426万人の小さな国。
国民の約40%がキリスト教徒で、
約55%がイスラム教の信者。

クリックすると元のサイズで表示します

レバノンの国旗のデザインに用いられているレバノン杉は、
この国の象徴とも言える存在で、
旧約聖書にもその名が出て来る。

レバノンの首都ベイルートが舞台。
貧民窟の改装にやって来た
パレスチナ難民のヤーセル・サラーメは、
ベランダからの水漏れを巡って、
キリスト教徒のレバノン人トニー・ハンナと口論し、
「クズ野郎」とののしってしまう。
謝罪を求められて、一旦はトニーの自動車修理工場を訪れたが、
トニーがパレスチナ難民排斥の演説を
テレビで垂れ流しているのを見て躊躇してしまう。
そして、トニーが
「シャロンに抹殺されていれば」と罵倒したために、
トニーを殴り倒してしまう。

パレスチナ難民・・・
今のイスラエルがある土地は、
ペリシテ人の土地で、
パレスチナという言葉はペリシテという言葉がなまったもの。
第2次世界大戦後、
帰還運動でユダヤ人が入植して来、
やがてイスラエルを建国し、
大量虐殺も起こったことから、
そこに住んでいた人々は周辺国に脱出せざるをえなくなった。
これがパレスチナ難民で、
受けれた国々では、土地や雇用を奪われ、
経済的バランスが崩れた。
しかし、国際世論はパレスチナ難民の味方であったので、
先住市民は割り切れない思いを持っていた。
トニーは、難民排斥を主張するレバノン軍団の党員であり、
ヤーセルに対する異常な敵愾心には、その背景がある。
なお、ヤーセルの暴力の原因となった
「シャロンに抹殺されていればな」
のシャロンとは、
イスラエルの国防相(後に首相)のアリエル・シャロンのことで、
パレスチナ難民キャンプで大虐殺をしたことで知られる。
つまり、この発言は、
日本人に対して
「日本人なんて、みんな原爆で死んだらよかった」
と言うのと同じで、
ヤーセルはこの発言を法廷で口にするのもはばかわれたのである。

ヤーセルは逮捕され、裁判になるが、
無罪になり、トニーは控訴。
ここから弁護士が絡んで法廷戦術となり、
ヤーセルやトニーの過去が暴かれたりする。
レバノンの歴史上の汚点である内戦にまで話が言及する。

レバノン内戦・・・
PLO(パレスチナ解放機構)の流入によって
微妙な宗教宗派間のバランスが崩れ、
1975〜76年にかけて内戦が発生、
足かけ17年に及んだ。
隣国シリアの軍が平和維持軍として進駐したが、
後にイスラエル軍が侵攻して混乱に拍車をかけ、
各宗教宗派の武装勢力が群雄割拠する乱世となり、
国土は荒廃した。

クリックすると元のサイズで表示します

いずれにせよ、
個人の口喧嘩が
マスコミの注目を浴び、
大きな政治問題に発展し、
国中を揺るがす騒動となり、
ついには大統領が仲介役に登場したりするのは、
このようなレバノンの歴史的問題が大きく絡んでいるからだ。

映画はその過程をじっくりと両者の側から描いていく。
結論を急がず、見事な人間ドラマとして見せる。
緊迫感がずっと続き、素晴らしい脚本と演出、
それに役者の演技で惹きつけられる。
特に控訴審になってから、
弁護士の法廷戦術で、
当事者の二人が取り残されていく過程が
政治や裁判の現実離れを描写して秀逸。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は判決をもって終るが、
それ以前に二人の間では心の交流が始まっており、
どんな国家的問題も
法律や政治ではなく、
結局は個人レベルの和解でしか解決しようがないことを知らされる。
判決の後の二人の表情がそれを物語っている。

あるささいな争いごとを契機に、
国家的問題、歴史的問題にまで拡大して、
その解決方法を示唆する、
なかなかの手練の技である。

監督・脚本はジアド・ドゥエイリ

クリックすると元のサイズで表示します

自身が配管工の男性と口論になった実際の体験に着想を得たという。
共同脚本はジョエル・トゥーマ。
音楽(エリック・ヌヴー)もなかなかいい。
レバノン史上初めてアカデミー賞外国語映画賞にノミネート
第74回ベネチア国際映画祭で、
ヤーセルを演じたカメル・エル=バシャ最優秀男優賞を受賞。
トニーを演ずるアデル・カラムも好演。

原題は「侮辱」。

5段階評価の「5」

アカデミー賞外国語映画候補に外れなし。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/saWlWVp_1vI

TOHOシネマズ日比谷シャンテで上映中。

タグ: 映画

映画『マガディーラ 勇者転生』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「バーフバリ」(2015,2017)の
S・S・ラージャマウリ監督2009年の作品。
「バーフバリ」のヒットで、
発掘されたと思われる。

冒頭、古代インドでの二人の男女の死が描かれる。
その死に方や壮絶。
こんな死に方があるのか。

と、舞台は一転、400年後現代インド
青年ハルシャは、町で出会った女性の手に触れた瞬間に、
前世の記憶があふれ出してしまう。
ハルシャは、1609年ウダイガル王国の
近衛軍戦士の生まれ変わりだったのだ。
ハルシャは、見失ってしまった女性を捜すが・・・

と、いろいろあって、記憶が回復して、舞台は古代インドに。
バイラヴァは、国王の娘ミトラ姫と愛しあうが、
王国を奪おうとする軍司令官のラナデーヴのたくらみによって
窮地におちいってしまう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、冒頭の男女の死への経緯が語られ、
そして、再び舞台は現代インドに。
それぞれの生まれ変わりの人々が集合して、
400年前の因縁が解かれる・・・

と、まあ、インド映画!という展開。
インド映画だから、当然ミュージカル・シーンがある。
不思議な不思議な振り付けを目が楽しむ。
(Tシャツのすそを持って踊る、なんて誰が考えるか)

クリックすると元のサイズで表示します

壮大なストーリー、華麗な装置(CGだが)、
善悪入り乱れる戦闘場面、
と「バーフバリ」を彷彿させるシーンが続出する。
特にバイラヴァの獅子奮迅の戦いに、
将軍が感動した時は、
こちらも感動した。
それ以外にも、バイラヴァのトルネード、
因縁の場所の造形、
ヘリコプターを粉砕するシーンは「おーっ」と声を挙げてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

映画が娯楽、であることを改めて認識させてくれる楽しさ。
これよりスケールはずっと小さいが、
昔(1950年代)の東映時代劇にはこういうものが沢山ありましたぞ。
突然始まるミュージカル・シーンもあった。
そのDNAを無関係に受け継いで、
今も生きているインド映画。

こういう試行錯誤を経て、
あの「バーフバリ」につながる、
と旧作発掘に感謝。

クリックすると元のサイズで表示します

エンドクレジットの映像が楽しい。

「マガディーラ」とは、「勇者」とか「偉大なる戦士」の意。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/TgPGrHaNPvs

ミュージカル・シーンを観たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/oMwyxM9MZ50

新宿ピカデリー他で上映中。

タグ: 映画

映画『検察側の罪人』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                                  
東京地方検察庁を舞台に、
人望の厚い先輩検事と
彼に心酔する新米検事の
ある殺人事件を巡る
葛藤を描く。

題名の持つ味
(アガサ・クリスティの「検察側の証人」のもじり)
に惹かれて、鑑賞。

観終えた後、
こういう、検察官がとんでもないことをする話、
どこかで読んだことがあるなあ、
と思って、本ブログを調べてみたら、
4年前に雫井脩介の原作本を読んでいたのだった。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、原作との相違を述べます。
原作は原作、映画は映画、
という主張があることは確かですが、
映画を観た後、
「原作ではこうだった」
「原作とは、こう違う」
などと話すのは、
映画の楽しみ方の一つだと思うからです。

ただ、ネタバレを含みますので、
観る予定の人は、観てから読んで下さい。

ストーリーを含めた原作についてのブログは、↓をクリック。

原作本

基本的にストーリーは、原作を踏襲
ただ、原作に付け加えた部分が問題。

まず、事務官の橘沙穂が、
記事にするために検察庁に潜入
というのは、原作にはない。
そもそもこんな現実的に無理な設定は、全く不要

最上の学生時代の親友で国会議員の丹野の
国が戦前に向かっているという思想
及び最上の祖父のインパール作戦における
書物における反戦の訴え、
というのも原作にはなく、
これは監督の好みを反映させたものと思うが、
全くの空振り

容疑者弓岡を巡るヤクザがからむ部分も原作にはないが、
これは弓岡を最上が誘い出す理由としては成立しているかもしれない。

23年前の事件を追う水野という記者が原作には出て来るが、
それはカット

協力者として、
白川という老練な弁護士が原作に登場するが、
その活躍の場面はなく、
お祝いのパーティーで挨拶するのみ。
映画の観客は、山崎努が演ずるこの人物が誰なのか、
最後まで分からないだろう。

葬式の奇妙な舞踏は、意味不明。
川の向こう岸の舞踏も同様。

ラストは原作を大幅に改変。
原作では最上は逮捕されるが、
映画では放置。
この終わり方で納得できる人はいるだろうか。

特にインパール作戦を通じての反戦の部分は、
最上の夢に出て来るくらいだから、
重要なつもりだろうが、
なぜこんなことをするのだろうか。
映画に監督の思想を上乗せするのは、やめてもらいたい。

23年前の時効になった事件
犯人が逃げおおせたのに対し、
最上が何でそんなに強烈に犯人を許せず、
冤罪をでっちあげてまで犯人を死刑にしたい、
そのためには自分が殺人を犯しても是とする、
というほど強烈な過去へのこだわりは、
ついに納得させることは出来なかった。
これは原作共通の弱点だが、
新米検事たちの教官として、
正義と法を説く最上のキャラクターとは整合しない。
映画化に際して、この弱点を補うものがあるかと思ったが、
その工夫はなかった。

全体にセリフが聞き取りにくく、
分かりづらい展開。
収穫は、
諏訪部を演じた松重豊
松倉を演じた酒向芳
卓抜な演技だろうか。

私は、日本の監督は小説を読みこなす力がない、
その結果、原作をいじっては失敗するという持論の持ち主だが、
今度もその持論を裏付けられる結果となった。

5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/fG4_Yq0ee_I

TOHOシネマズ他で上映中。

タグ: 映画

映画『チャーチル ノルマンディーの決断』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
               
先のアカデミー賞で主演男優賞、メイクアップ賞を受賞した
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」
と同時期に製作された作品。
ただし、本作「チャーチル」の方が5カ月ほど公開は早かった。

第2次世界大戦時の英国の首相ウィンストン・チャーチル
ナチス・ドイツとの戦いを描く点で同じだが、
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」が
1940年のダンケルク救出作戦を描いたのに対して、
「チャーチル ノルマンディーの決断」の方は、
その4年後のノルマンディー上陸作戦を描いている。
また、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」の
主演男優が特殊メイクでチャーチルに似せたのに対して、
「チャーチル ノルマンディーの決断」では、ブライアン・コックス
地のままの顔で演じている。

連合国の作戦で第2次大戦の局面を変えた
1944年6月のノルマンディー上陸作戦。
しかし、チャーチルはノルマンディー上陸作戦には、
終始一貫して反対の立場を取った、
と本作では伝える。
というのは、
チャーチルは第1次世界大戦の時、
オスマン帝国軍との戦いにおいて、
トルコのダーダネス海峡のガリポリ半島上陸作戦
立案者として失敗した経験があり、
約50万もの若者を無駄死にさせてしまった
後悔の念に捕らわれていたからだ。
ノルマンディー上陸作戦が実行されれば、
また多くの若者の命が奪われる、と。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は、ノルマンディー上陸作戦の4日前から
96時間の経過を描く。
チャーチルは国王ジョージ6世臨席の
アイゼンハワー連合国軍最高司令官将軍との会見で
反対意見を述べる。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、作戦は決定済みで、
会議にチャーチルはオブザーバーとしてしか出席を許されていない。
チャーチルは何とか作戦の阻止を目指して、
様々な工作をするが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ウィンストン・チャーチルの生涯における
「最も精神的に不安定な瞬間」4日間の
人間チャーチルの苦悩の姿が見もの。
天候の不順を期待し、
他の作戦を画策し、
最後には神にさえ祈る。
ベッドにひざまづいて「神よ」
と祈り始めて自己嫌悪に捕らわれる。

クリックすると元のサイズで表示します

タイピストに当たって
人間としての小ささを妻クレメンティーンに非難され、
最後には平手打ちさえ見舞われる。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、作戦が始まると、
腑抜けのようになってベッドに転がる。
その姿を英国の舞台俳優として名高い
ブライアン・コックスが人間味たっぷりに演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

4年前、国民を鼓舞した時の姿に比べ、
チャーチルは老いたとしか思えない。
まるで指導者としての適性を失ったように思える。
「チャーチルはノルマンディー上陸作戦を止めようとしていた」
というのが、
歴史的に事実かどうかは分からないが、
一つのドラマとして興味津々の内容だ。

その間に妻クレメンティーンとの確執、
国王ジョージ6世との交流もたっぷり描かれる。
特に国王との対話は胸を打たれる。
国王を演ずるジェームズ・ピュアフォイは、
奥深い人間像を表出する。
クレメンティーンを演ずるミランダ・リチャードソンも見事な演技。

クリックすると元のサイズで表示します

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」同様、
タイプを打つ秘書が重要な役割を果たす。
秘書を演ずるのは、エラ・パーネル
アイゼンハワーを演ずるのは、ジョン・スラッテリー

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれが苦悩を抱えながらチャーチルに対する姿に、
まるで演劇を観ているような興奮を与えてくれる。
含蓄のあるセリフが奔流し、
胸に留まる。

監督はジョナサン・テプリツキー
脚本はアレックス・フォン・チュンゼルマン

1944年6月6日午前6時、
チャーチルの国民を勇気づける演説が始まり、
ノルマンディー上陸作戦は成功し、
2カ月半後、パリは解放された。
結果として、チャーチルは間違っていたことになり、
何も「決断」はしていないが、
歴史の奔流の中、
一国の指導者が
過去のトラウマと闘う姿を見せて、興味深い。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/Jphowa1iFU0

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ