ソウルへ夜這いに  

いよいよ明日からゴールデン・ウィーク
5月1日と2日を休めば9連休も可能
しかし事務局長には重い「宿題」がのしかかっています。
組合の50周年記念誌の編集
外注すれば楽なのに、
「遅い」、「思ったとおりにならない」
というイラツキが予想されるために自分でやり始めました。
昨年は夏休みに一挙に、と思っていたのができず、
後はこのゴールデン・ウィークにやるしかありません。
夏休みまで引き延ばしたくありませんし。
そういえば、昔、
全国食肉公正取引協議会の調査報告書一冊まるごとを
ゴールデン・ウィークに集中してやったのが何年も続きましたし、
牧師の追悼記念誌200ページを
ワープロ打ちまで一人で全部こなしたこともありました。
あの頃に比べて体力が落ちたのか、気力が落ちたのか

そういいながらも実はこの期間に
娘とソウルに行く計画を立てていたのですが、
希望していた便が取れず、本日、断念。

ところで、
ソウルに「1泊4日」という、ものすごいツァーがあるのを御存知か。
日本航空のチャーター便を使って、

1日目、夜中の0時少し前に羽田を出発。
2日目、2時半頃ソウルに着いてすぐホテルに。自由行動。
3日目、自由行動の後、夜9時〜10時にホテルを出発し、
4日目、夜中の3時半頃ソウルを出発。羽田に早朝5時半頃帰着。

つまり、金曜の夜、職場から羽田に行き、
月曜の朝、羽田に戻って職場に出るという
休みが取れない人向けのツァー。
そうまでしてソウルに行きたい理由は何なのか。
安いからなのか。
たとえば、5月11・18・25日の出発日だと、
1人29,800円。

そういえば、グァム便でもこういうのがあり、
「夜這い便」と呼ばれていました。
夜這い、なんて死語なので、意味を知りたい方は ↓ をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E9%80%99%E3%81%84

というわけで、
この9日間をどう使おうかと悩んでおります。
最終日の6日には
欧州視察団の見送りで成田まで行かなければなりません。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2018/2/11  0:48

 

黒猫スミスさんの『叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて』は、叔母さんに夜這いして何度も膣内射精を繰り広げます! 




AutoPage最新お知らせ