映画『夜明けの祈り』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

1945年12月のポーランド
終戦後の赤十字の医療活動に従事していた
フランス人女性医師マチルドは、
一人のシスターに救いを求められ、
見捨てておけず、修道院に向かう。
そこで目にしたのは、
第2次世界大戦の末期、
進攻して来たソ連兵によって暴行され、
その後、妊娠していることが分かった7人のシスターだった。
中には臨月の者もいて、
劣悪な環境の中、帝王切開をする。
しかし、このことが露見すると、
修道院が閉鎖されるので、
ひた隠しにしなければならない。
その間にもお腹の子どもは成長して、
次々と出産の時が迫り・・・

クリックすると元のサイズで表示します

戦争の傷痕を、別な角度から切り取る異色作だ。
実話に基づく話だという。
もちろん、ポーランド人の民衆の中には、
ソ連兵からの凌辱を受け、
望まれない子どもをみごもった女性は沢山いたに違いない。
だが、この映画が描くのは、
修道院という聖域で起こった出来事で、
信仰と密接な関係を持っているところが異なる。

クリックすると元のサイズで表示します
                   
なぜ、神はこのような悪事を見過ごしたのか?
生まれて来る何の罪もない子どもをどうしたらいいのか?
修道女たちは、
信仰と現実の間で板挟みになって苦しむ。
本来なら、祈りの生活だけをしていればいい修道女たちに、
子どもという現実が突きつけられる。
しかも、打ち消したい記憶の産物で、
赤子を見るたびに、凌辱の瞬間を思い出させられる。
しかし、赤子の現実は、乳を与えなければならないし、
子どもは成長する。

クリックすると元のサイズで表示します

親戚を頼って引き取ってもらえるよう話をつけても、
発覚を恐れる修道院長は、
預けるふりをして、野原に放置する。
その修道院長も、ソ連変兵の蛮行によって性病をうつされている。

マチルド自身も兵隊に犯されそうになる経験もする。
過酷な経験をしても人道を貫くマチルドを
ルー・ドゥ・ラージュが、毅然として演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

男性医との恋愛は余計な描写だ。

もっとも、キリスト教における神の沈黙は、
旧約聖書の詩篇に山ほど歌われた
本質的問題で、
シスターの一人は、
「信仰とは、24時間の疑問と、
1分の希望です」
と言う。
すごい言葉だ。

クリックすると元のサイズで表示します

何も修道院の中に留まらず、
母として生きる道もあるのではないか、
だって、修道院の中だけに神はいるのではないのだから、
とも思うが、
尼僧になる決意をした彼女たちの気持ちは分からない。
終盤、母として生きる決意をするシスターも出て来て、
ほっとさせられ、
また、マチルドが提案したことで、
現実的解決は与えられるが、
それで修道女たちは救われたのだろうか?
終始、喉元にナイフを突きつけられるような物語だった。

クリックすると元のサイズで表示します

映画を観て、苦しい経験をしたくない人は、
観なくていいです。

監督は女流監督アンヌ・フォンテーヌ

クリックすると元のサイズで表示します

撮影は、1996年にアルジェリアの修道院を舞台に
現実と信仰の狭間で葛藤する修道士たちを描いた傑作
「神々と男たち」カロリーヌ・シャンプティエ
フランスのアカデミー賞に当たるセザール賞で、
作品賞、監督賞などにノミネートされた。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/QSc3bOcVb0s?t=4

↓はフランス版ポスター。

クリックすると元のサイズで表示します

「神々と男たち」の感想ブログは、↓をクリック。

神々と男たち

タグ: 映画



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2018/5/2  15:26

 

SS-BRAINの『JKヒロインの末路』は、巨乳女子高生が性奴隷にされるエロ漫画。夢の中に閉じ込められて、敵キャラに全身をねっとりと凌辱されていく巨乳女子高生。巨乳オッパイも桃尻も犯されて、性奴隷になっていく様子にムラムラさせられます 




AutoPage最新お知らせ