映画『女は二度決断する』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツのハンブルクで、
カティヤは夫ヌーリと息子ロッコの3人で幸福な暮らしをしていた。
ある日、ヌーリの事務所の前で爆弾が爆発し、
夫と息子が犠牲になる。
人種差別主義者のドイツ人による
在住外国人(移民)を狙ったテロだった。

クリックすると元のサイズで表示します

容疑者は逮捕され裁判が始まるが、
裁判は思った通りには進展しない。
裁判の結果を受け、カティヤはある決断をするが・・・

愛する夫と息子を失った絶望から自殺しようとしたカティヤが
犯人逮捕の知らせを受け、裁判で闘おう
と決意するのが、第1の「決断」
裁判の結果を受け、犯人男女の居場所をつきとめたカティヤが
ある方法で報復しようと決めるのが、第2の「決断」

ネオナチの連続テロ事件がモデルになっているが、
これは、ドイツ警察の戦後最大の失態と言われている。
初動捜査の誤りから、10年以上も逮捕が遅れ、
その間、犯人は犯行を繰り返した。

それを反映したのか、本篇での裁判も
犯人側弁護士の手練手管に翻弄される。

クリックすると元のサイズで表示します

夫ヌーリが麻薬売買の前科があることや
事件後、カティヤが気持ちを落ち着かせるために
人から分けてもらった麻薬が自宅で発見されたことで、
カティヤの目撃証言の信憑性が疑われる。
これはカティヤ側の弁護士の作戦ミスだ。
加えて、犯人のガレージにあった証拠物件も
他人が侵入できる余地があることや、
同じ人種差別者の仲間によるアリバイの捏造など不利な証言もある。
それにしても、これだけ物的証拠、状況証拠がある中で、
あの判決とは・・・。

映画を支えるのは、
カティヤを演ずるダイアン・クルーガーの迫真の演技。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ファティ・アキン監督による
カティヤの精神状態の濃密な描写だ。

ファティ・アキン監督は、
36歳にして世界三大映画祭全てで賞を獲得した実績の持ち主。
2004年、「愛より強く」で、
第54回ベルリン国際映画祭金熊賞やヨーロッパ映画賞作品賞を受賞。
2007年、「そして、私たちは愛に帰る」で、
第60回カンヌ国際映画祭で脚本賞と観客賞を受賞。
2009年、「ソウル・キッチン」で、
第66ヴェネツィア国際映画祭で審査員特別賞を受賞。

ダイアンは既に国際スターだが、
初めて母国語であるドイツ語で演じ、
本作の演技で第70回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞
この役には美人過ぎないか、というのは余計なお世話か。

ゴールデングローブ賞では、
並みいるライバルたちを退けて外国語映画賞を受賞。
(なぜかアカデミー賞の外国語映画賞ではノミネートさえされなかった。)

クリックすると元のサイズで表示します

本作は、法と正義、遺族の感情という重大な問題を突きつける。
法治国家の中にいる以上、
裁判の結果には従うべきか、
それとも制度が機能しない以上、
カティヤの「決断」を支持するか、
議論があるところだが、
私は支持する
国が正義を発揮できないなら、
原初の掟に戻るしかない。
まして、卑劣きわまる犯人たちなのだ。
しかも、カティヤは自分の命を賭して実行したのだ。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/t_9rvz7IvZ4

ヒューマントラストシネマ有楽町他で上映中。


タグ: 映画

朝鮮半島の夢想と植木まつり  わが町・浦安

昨日、南北首脳会談と米朝首脳会談について書いたが、
トランプは自信満々で、
「いい方向に進んでいる」
と述べている。
事前協議は進んでいるはずなので、
もしかして、金正恩は、
核放棄を認めているのだろうか。

そう考えるとある夢想が首をもたげる。

金正恩は、核放棄をするのではないか。
核施設を爆破し、
ミサイル施設を破壊してみせて、
アメリカの要求する
「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」
をなし遂げてみせるのではないか。

拉致問題に対しても再調査をし(もしくはしたふりをして)
その結果判明した拉致被害者を日本に帰すのではないか。

南北統一についても、
南の主張を受け入れての統一を果たそうとしているのではないか。

その見返りに、
金正恩はアメリカと韓国、そして日本に
莫大な経済援助を引き出させ、
その金で北朝鮮という国の再建を果たそうとしているのではないか。

その大前提には、
金正恩という人物が、
実はごく聡明な男で、
金日成、金正日の二代から引き継いだ核戦略を
ぎりぎりのところまで築き上げ、
戦争の恐怖に世界を震撼させてから、
一挙に平和路線に転換してみて英雄になるという
高度な計画だったのではないか。

そうやって世界を振り回して、
最終的に平和に着地して、
ノーベル平和賞でも目論んでいるのではないか。
なにしろ、南北会談の実質的失敗にかかわらず、
それを実現しただけで、
金大中はノーベル平和賞を受賞したのだから。

そうなれば、金正恩の国際的評価はあがり、
韓国内での人気も高まり、
南北統一の暁には、
首班指名さえ獲得するかもしれない。

もしそうだとすれば、
この男は稀に見る戦略家として、
歴史に名をとどめることになる。

と良い方向で希望的観測をしながら、
一方で、事実がそれを否定する。
彼が政権を掌握してからの6年余での、
国民生活を犠牲にしてのミサイル三昧、
特に、実の兄を毒殺したこと、
そして張成沢の虐殺。
自分の後ろ楯だった叔父を数百発の機銃掃射で殺害し、
遺体は金正恩の「地球上から痕跡をなくせ」という指示で
火炎放射器で焼かれたという。
その他、粛清された者の中には、
金正恩が「髪の毛1本も残すな」と指示した結果、
公開処刑の手段として、迫撃砲が用いられた事例もあったという。

こういう事実を見れば、
ノーベル委員会も平和賞の授与をためらうだろう。

などと書いていたら、
ウィルスが邪魔をしてきた。
「Windowsをセキュリティシステムが破損しています」
という表示が出て、
コンピーターをログオフするまでは消えない。

おかげで書き直すはめになったが、
「こんなアホなことを書くんじゃない」
とコンピューターが反発しているのだろうか。

まあ、朝鮮半島を巡る
見果てぬ夢として、笑って下さい。


さて、
今日は昼前、カミさんと一緒に自転車でここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりは、海抜10pですと。

クリックすると元のサイズで表示します

目的は、このイベント。

クリックすると元のサイズで表示します

浦安はイベントが多い町で、
この「浦安春まつり」は、
「カフェテラス in 境川」と
「植木まつり in 東小学校」で構成。

クリックすると元のサイズで表示します

「カフェテラス in 境川」の方は、
昨年ブログ↓で紹介したので、

カフェテラスin境川

今年は「植木まつり in 東小学校」に。

実は、お目当ては、これ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

無料(タダ)の威力はすさまじく、
この列がじきに埋まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

配付場所は、はるかかなた。

クリックすると元のサイズで表示します

確認のすべがないので、ただのプレッシャーのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ近づいてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと袋もくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

40分ほど並ばされて、ようやく到着。

クリックすると元のサイズで表示します

6種類の中から一つ選んで、もらえます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

会場全景。

クリックすると元のサイズで表示します

ステージも用意されており、

クリックすると元のサイズで表示します

オークションも行われるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは記念撮影スペース。

クリックすると元のサイズで表示します

ブースには、

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろな市内団体が出店。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、このイベント、
主催は浦安市で、
商工会議所や緑化事業協同組合などが協力。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは苗木の直売スペース。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

木工スペースもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

のこぎり体験。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

行列に並んでうんざりしていたカミさんも、
ここでは息を吹き返します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

採算度外視なのか、大変安い。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰りに、ここにも寄りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

行ってみると、

クリックすると元のサイズで表示します

うわ。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな風に配るとは。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

土に20%ほど混ぜるのが正しい使い方。

クリックすると元のサイズで表示します

堆肥のみに植えると、
堆肥焼けを起こし、
枯れることもあるそうです。

家に帰ってから、
腐葉土を買いに走らされ、
古いプランターの泥を捨てる作業をさせられました。

我が家のベランダの家庭菜園。
新しい苗木に、
カミさんはご満悦でした。


朝鮮半島の平和?  政治関係

昨日、韓国の文在寅大統領と
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が
板門店で首脳会談し、
朝鮮半島に突如として平和の風が吹き始めている。

共同宣言の骨子は、

@完全な非核化を意思確認
A年内に朝鮮戦争の終戦宣言をし、
 平和協定に転換するべく推進
B文在寅大統領が秋に訪朝

等で、
半島の戦争状態を終結させ、
非核化が実現し、
半島に平和が訪れるなら、
これほどいいことはない。

しかし、今まで何度も北にはだまされてきた過去があるだけに、
今回も看板通りに受け取るわけにはいかない、
という国際世論もある。
過去の2度の首脳会談の結果が
ことごとく裏切られており、
その間に北朝鮮の核とミサイルの装備が進んで
アメリカまで届く弾道ミサイルが完成に至ってしまった
苦い経験から、懐疑的な見方も多い。

しかし、
今回の南北首脳会談は、
実は序幕で、
本当のドラマは、
6月にも行われる米朝首脳会談なのだ。

アメリカは、「非核化」については、
歌い文句ではなく、
「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」
を求めている。

完全とは、核施設の完全破壊
検証可能とは、査察団の受け入れ
その結果、元の核保有には戻れない形を求めている。

この原則を妥協したら、
北はいくらでもごまかして核を事実上保有することができるのだ。

しかし、北が核を放棄することは大変困難だ。
今の状態、つまり、
アメリカも中国も韓国も日本も
北朝鮮を腫れ物を扱うようにしているのは、
北が核を保有しているからだ。

東アジアの小国、アジアの最貧国、
しかも民衆の自由を束縛し、
恐怖政治で統治する独裁者の国を
アメリカのような大国が
まるで対等であるかのように接するのは、
核を保有し、ミサイルを準備し、
最終戦争をしかける能力を持っている、
という一点だけなのだ。

だから、北が核を放棄することは、最後まであり得ない

非核化のロードマップも違っており、
北は米朝首脳会談で、

@経済制裁の解除
A国交正常化
B在韓米軍の撤退

を約束させ、
それがなされれば、「体制維持」が出来るとみなし、
その後で核の放棄を検討する、という方針。

それに対してアメリカの方針は、
上記@ABの大前提として、
核放棄をさせる
ことなのだ。

これでは、何度会談しても合意には至らない

しかも、その間、アメリカは軍事行動を取れない。
へたをすれば、
「アメリカのかたくなな態度が、
せっかくの平和ムードに水を差している」
と非難されかねない。

だから、今回の米朝首脳会議は、
金正恩の思惑に乗ってしまったことになるのだ。

アメリカが恐れるのは、
米朝首脳会談が1回で終わらず、継続して、
非核化が先送りになると、
北の核保有国が定着してしまうことだ。
だから、まず最初に
非核化を求めているわけである。

そうしている間に、
韓国が北に対する経済援助を始め、
北の生命線である中国も禁輸を徐々に解除したら、
せっかくの北への「圧力」が瓦解するかもしれない。

国際社会の「圧力」が徐々に北の体制に影響を与え、
特に昨年来中国が制裁に同調したことで、
北が大変困っているというのは事実だ。
年初から突然北が平和路線に転換したのは
そのためだというのが合理的だ。

だから、ここは、その「圧力」を
「非核化」の実現まで継続しなければならないのだが、
北は韓国をはじめとして、その分断を狙って来るだろう。

前のめりの韓国文政権によって
北への支援が行われる可能性があるが、
米朝首脳会談が継続している間は、
アメリカも動けない。
その間に、北は更なる戦争準備を進められる。

つまり、以前の繰り返しである。

なぜ今になって友好ムードを作るのか。
一つは経済制裁の圧力が有効であったこと、
もう一つは金正恩の戦略

昨年まで、過去に例のないほどのミサイルの発射、核実験を繰り返、
世界中が困り果て、
戦争が起こるかもしれない、
という恐怖に怯えている時を狙って、
平和路線に転換して世界のムードを
平和ムードを作り上げた。

そして、時の大統領が、
親北派の文在寅大統領であったことも
この路線を作る好機だった。

こうして南北首脳会談で平和ムードを作り、
次に米朝首脳会談でアメリカを取り込む。
この間、アメリカは軍事行動を取れないから、
次の核戦略(アメリカを攻撃するミサイルの整備)を進められる。

しかし、その間、北も行動を取れない。
業を煮やして、核実験やミサイル発射実験も出来ない。
もう、そんなことをしたら、
アメリカは今度こそ
軍事行動を取るだろう。

アメリカの軍事行動を一番恐れているのは、
実は金正恩その人である。
戦争になれば、確実に負けるし、
のみならず、北全土を焦土にしてしまう。
体制維持どころの騒ぎではない。

せいぜい出来るのは、
韓国や日本に対するミサイルの発射くらいだ。
それを恐れて韓国は戦争回避に回るだろう。

私は橋本徹元大阪府知事は、
日本には珍しい戦略的思考の出来る政治家と評価していたが、
最近の北を巡る発言にはがっかりした。
彼はこう言う、
「日本の政治家が日本が攻撃を受ける覚悟ができないのなら、
北を核保有国として認めるしかない」
これが政治的現実、というのだろうが、
しかし、それより大きな問題がある。
北の核保有を認めることでの
世界の正義はどうなる、ということだ。
核を保有し、ミサイルを整備するという、
行為にひれ伏すことになる。
その方が長期的に見て害毒が大きい。
子供たちにどう説明したらいいのだ。

それは、ナチスの台頭に対して、
戦争をしたくないために
チェコ侵攻を許したイギリスのチェンバレンの融和政策そのものだ。
それに対して、チャーチルは、
仮に英国本土が攻められたとしても、
ヒトラーの思うようにさせない、
と毅然として戦ったのだ。

そのことについては、↓の映画紹介を参照。

映画『ウィンストン・チャーチル』

先日、中国観光客が事故で負傷して、
金正恩がお見舞いしたことで、
安藤優子キャスターが、
「この人も血の通った人であることが分かりますね。
好感さえ感じます」
と番組の中で発言したことで、
ごうごうたる非難が起こった。
「自分の兄を毒殺したり、
叔父を銃殺したりする人が血の通った人だって?」
「拉致家族が聞いたらどう思うか」
「不良がちょっと親切したら、
コイツって良い奴かもしれない、と言うのと同じレベル」
「こんな人がニュースキャスターをしているとは」

しかし、このやりとりには、
重大な問題を含んでいる。

金正恩とは、どんな人物か。
人民を抑圧し、ミサイルに金をつぎ込んで、
国民を飢えさせ、
恐怖政治をしき、
兄を毒殺し、叔父を虐殺した
独裁者なのだ。

そのことを忘れて、
彼の微笑にまどわされてはならない。

今回の南北首脳会談での金正恩の振る舞いはなかなか見事だった。
軍事境界線を文大統領に越えさせた時の言葉、
最初の挨拶で
「軍事境界線を越えるまで10年かかったが、
境界線は高くはなかった」
とか、なかなかの役者だ。
堂々として、就任後数年で
北朝鮮を自分の統治にしただけの能力はあるようだ。
やはり金日成、金正日の血筋だろうか。

しかし、その本質は、
凶悪な独裁者なのだ。
そもそも、朝鮮半島をこんな状態にしたのは、
北が核とミサイル路線に走ったからだということを
忘れてはならない。

その本質に目をつぶって、
満面の笑みを浮かべた文大統領は、
本当に愚かだと思う。

「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」
という大前提をくずして、
安易な妥協など、
今回の米朝首脳会談ではしてほしくない。
事前協議でそれがクリアできなければ、
会談は流してしまった方がいいだろう。

そのうち、北が我慢できなくなって、
水爆実験やミサイル発射をしたら、
アメリカの軍事行動も正当化される。

アメリカの軍事行動の準備の最中に、
国が亡びることを恐れた民衆(あるいは側近)の手によって
現体制が転覆される、
というストーリーが最善ではないか。
戦争という極限の「圧力」。
この国との交渉は、最後はその手しかないのかもしれない。
拉致問題も、その方法でしか解決できないのではないか。

戦争の悲惨さを思うと、
戦争はない方がいいが、
戦争でしか解決しないこともある
特に、このような邪悪な国家に対しては。

これまで、この国によって
どれほど世界の平和が脅かされてきたか。
そう思うと、
やはりこの国を生き延びさせてはならないと思う。



『せつない動物図鑑』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

地球には生き物があふれている。
その生態も様々。
中には、人間と引き比べて、
ちょっと不思議で、
ちょっと悲しい現実が見られる。
その内容を「せつない」と表現して、
イラストでまとめたのが本書。

著者は、オランダのイラストレーター兼コピーライターで、
ウェブサイトで連載していたものをまとめた。
昨年に米国で出版され、
すでにフランス、ドイツ、韓国や中国など、
世界各地で翻訳されている。

各ページは、↓のように、

クリックすると元のサイズで表示します

イラストと共に表題が出され、
それに対する解説で成り立っている。

主な表題を紹介すると、

○ワニの脳はオレオより軽い
○カンガルーはけんかに負けるとせきをする
○カラスは嫌いな人間の顔を忘れない
○サイは悲しそうに鳴く
○ネズミにはほかのネズミの悲しみがうつる

○モルモットは目を開けて寝る
○ゴリラはうそをつく
○シマウマはひとりで寝られない
○エミューはうしろ向きに歩けない
○イルカは脳の半分ずつしか眠れない

○キリンが眠れるのは1日に3時間だけ
○メンフクロウの夫婦の離婚率は25%
○コボウシインコは好きなメスの口にゲロを流しこむ
○ナマケモノのトイレは週1回だけ
○ビーバーはつねに何かをかじっていないと死んでしまう

○アメリカグマは冬眠しすぎて時差ボケになる
○アリが寝るのは1日に16分間だけ
○ツチミミズには心臓が5つある
○タランチェラは2年間なにも食べなくても死なない
○コイは200年間生きられる

○キーウィはいやな思い出を5年間忘れない
○キツネは一生朝から晩までずーっとひとりぼっちで過ごす
○コアラは一日に15分間しかまともに動かない
○ウミガメは母親の顔を知らない
○タコには友だちがいない

○タツノオトシゴは動物界で唯一オスが妊娠する
○クモの母親は子どもに自分を食べさせる

まあ、動物にしてみれば、
「勝手だろ。ほっといてくれ」
ということだろう。

全112項目
興味を惹かれた方は、本書をどうぞ。

私は電車の中の中吊りを見て、
興味を惹かれて、読みました。


映画『レディ・プレイヤー1』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

スティーヴン・スピルバーグ監督が
アーネスト・クラインの小説を映画化した、
仮想ネットワークシステムの謎を巡るSFアドベンチャー。

時は2045年。
環境汚染や気候変動、政治の機能不全により、
世界は荒廃していた。
その現実から逃れるために、
人々はゴーグルを着け、特殊なスーツを身にまとい、
オアシスと呼ばれる仮想ワールドの世界に入り浸っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

創始者である亡きジェームズ・ハリデーの遺言により、
オアシスの中に隠された「宝の卵」を発見した者には、
オアシスの所有権と5000億ドル(56兆円)相当の
ハリデーの遺産が授与されるというゲームが開催されており、
エッグ・ハンター、通称ガンターが
3つの鍵を獲得して卵を手に入れるためのゲームに挑んでいた。

スラム住人の若者ウェイド・ワッツは
ゲームに参加し、奮闘していたが、
オアシスの権利を欲する世界2位の大企業IOI社社長、
ソレントが多数のガンターを送り込んで妨害していた。

ウェイドは女性戦闘士をはじめとするオンライン仲間たちとともに
IOIに立ち向かっていくが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

という、私などの年代には、やや実感的に難しいシチュエーション。
オアシスの世界でアバター(分身となるキャラクター)同士が
戦闘したり、協力しあったりするのは、
実際はどうなのか、と???ばかり。
しかし、これを作ったのが、
同じ年代のスピルバーグだというのだから、
負けてはいられない。

VR(バーチャルリアリティ)ゲームのゴーグルは、
随分前に着けたことがあり、
その精密さと仕組みに驚愕した記憶がある。

で、映画はそのVR世界をCGを使って見せてくれる。
理論的には、やや釈然としないものがあるが、
ここは、スピルバーグの策略に乗った方が得、
と沸き起こる疑問を封印して鑑賞。
そしたら、次々と展開する
今まで見たことのない映像による
物語の奔流に身を包まれて、
楽しい時間を過ごすことが出来た。

とにかく全編CGを使った映像で、
驚愕の視覚世界が展開する。
どんな絵コンテを作り、
どんな指示を与え、
どんな技術を使って
これらの映像を具現化したのか、
スピルバーグの頭脳に屈伏した思い。
それほど素晴らしいビジュアルだ。

クリックすると元のサイズで表示します

映画の中には、様々な映画のキャラクターが続々登場する。
「ああ、あれはあの作品」と発見する楽しさ。
スタンリー・キューブリックのある映画など、
重要な謎として登場する。

また、スピルバーグの日本愛を半端ではなく、
日本人キャラクターの名前など、
スピルバーグの尊敬を感じさせる。
映画の中には、日本語のセリフが2度出て来て、
1度目は「ありがとう」。
そして、2度目のセリフはファンなら感涙する内容だ。
(映画館から出る時、若い観客が、このセリフを話題にしていた)
このセリフ、脚本で英語だったものが
撮影時にスピルバーグの指示で
日本語に変更されたのだという。

ある日本映画の超有名キャラクターが登場するシーンでは、
ちゃんとその映画のテーマが流れ、
エンドクレジットでもその旨表記されている。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は見たことのない映像を見せるという
見せ物的要素があるが、
この映画は、その映画ファンの願望を
あますところなく満たしてくれる、CG作品の傑作

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/lT1OMfdz_5Q

なお、主人公のキャラクターのパーシヴァルとは、
ワグナーの最後の作品の
中世スペインを舞台とする
聖杯伝説をめぐる物語「パルジファル」の主人公の名前。

また、「ばらのつぼみ」とは、
オーソン・ウェルズ主演の「市民ケーン」の中に出て来る言葉。
大富豪ケーンが死の間際に「ばらのつぼみ」とつぶやいたことから、
ニュース映画の製作者がその言葉の意味を探って関係者に当たっていく。
結局、「ばらのつぼみ」の謎は解けず、
製作者は「たった一言で人の人生は表せない」
「『バラのつぼみ』は、ジグソーパズルの一片にし過ぎない」
と結論づけるが、
その直後、映画の観客だけが、
「バラのつぼみ」とは、
ケーンの子ども時代に遊んだ雪そりに書かれた文字であることを知る。
そのことが判明した直後、
そりは、ガラクタとして焼却炉に投げ入れられ、
「ばらのつぼみ」という文字は燃え尽きてしまう。

その場面を見たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/fr93wwtiKQM?t=90


なお、日本人役ダイトーを演ずる森崎ウィンは、
ミャンマー生まれ、日本育ちのミャンマー人
今は日本国籍を取得しているから、日本人。
ダンス&ボールユニット、PrizmaX所属の27歳。
オーディションでスピルバーグの眼鏡にかなって、抜擢
既に多数の映画に出演しており、
近く主演作「クジラの島の忘れもの」が公開される。

クリックすると元のサイズで表示します

PrizmaXで歌う姿を見たい方は、↓をクリック。

https://youtu.be/yQOfYUjqlmI



タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ